はじめに・ご挨拶

皆さん、こんにちは。演劇/微熱少年という演劇ユニットを主宰する加藤真史と申します。このプロジェクトに興味を持ってご覧いただいたことを感謝申し上げます。

私たちは群馬県を拠点に活動する演劇ユニットで、私が自身の戯曲を演出するコンセプトで立ち上げました。

私は90年代に東京の小劇場演劇シーンで音楽音響家として活動を開始し、当時はまだ珍しかったサウンドスケープデザインを基にしたサウンドインスタレーション的な手法を用いて東京タンバリンなどの作品で、テーマ曲の作曲・演奏や積極的なサウンドスケープデザインから、小声のつぶやきをお客さんに聞かせるために小さな劇場のステージ上にバウンダリーマイクを仕込んだりと、劇場に在る「音」をすべてコンダクトするというコンセプトで活動していました。必要に迫られて数作の作・演出もしたのですが、結局そのあと演劇からは離れてしまいました。20年ほどのブランクを挟んで、2018年から縁あって本格的に演劇活動を再開し、平田オリザさんの私塾である無隣館演出部に4期生として参加させていただくなど、劇作と演出を学びながら、現在は主に群馬県で活動しています。

加藤真史 略歴

劇作家・演出家・音響音楽家。ユニット「演劇/微熱少年」主宰。江原河畔劇場芸術学校「無隣館」4期演出部修了。日本劇作家協会会員。

1970年、群馬県沼田市生まれ。

1993年に劇団無人劇場『詩人とアクセル』(作・演出:大窪一顕)で音楽音響を担当し演劇活動開始。1995年、無人劇場を改組し劇団咲街結成に参加。音楽音響の他、数作で作・演出も担当する。

一時演劇から離れるが、2017年、平田オリザ氏のまちづくり講演会およびワークショップに参加した有志による邑楽(おうら)町民劇団結成に参加。中学生から60代まで幅広い年代の参加する同劇団で企画・制作・作・演出・音楽音響を担当。群馬県邑楽町と平田オリザ氏の「劇場のあるまちづくり」関連企画として、平田氏と孫大輔氏の対談をコーディネート・進行。

2018年に「『小医癒病』中医癒人大医癒世」が第24回日本劇作家協会新人戯曲賞一次通過。

2019年8月、自作を上演するソロユニット「演劇/微熱少年」の活動を開始。

日本劇作家協会【戯曲デジタルアーカイブ】に戯曲作品収蔵。おもな著作に『加藤真史戯曲集2018-2020』(デザインエッグ社刊)


このプロジェクトで実現したいこと

8月14・15日に上演する私たちの作品『縁側アロハ』をより多くの方に届けられるようDVD化をしたい。あわよくば、これを原作として映画化もしたい。

今どき、DVD?配信とかでいいんじゃないか?と、そうお思いになられる方もおられるかと思います。確かにその方がお手軽でもあります。

ですが、演劇は舞台の広さと会場の空間を使っての表現になりますから、その雰囲気を少しでも再現するために大きな画面で見ていただける工夫が必要となります。もちろん、スマホやタブレットの画面でもお楽しみいただけるのですが、そうしたこだわりとを「モノ」としてパッケージ化してお楽しみいただきたい。そう考えました。

また、コロナ禍で「観に行きたいけれどもコロナが心配で」という方に届けるフォーマットとしてDVDはより多くの方にお届け可能なフォーマットでもあると判断しました。

動画の撮影・編集は、伊参スタジオ映画祭実行委員会委員長も務める映像作家の岡安賢一さんが担当します。

岡安賢一氏

加藤の演劇作品では前橋文学館「萩原葉子生誕100年記念展」『わたしはまだ踊らない』『紙風船』(作・岸田國士)、『まだその名を知らぬ冠を手に入れた』(演出・荒井正人)で作品意図を見事に映像に収めてくれました。

そしてもう一つ、矛盾するようですが、本作は細部にこだわり精緻に構築した演劇作品であると自負しておりまして、それならば、これを原作として映画やドラマなど映像化出来たらとも思いました。そして、それは映像作品の専門家の手に委ねたいと考え、映画化の原作使用権を買っていただきたいと思っています。

どうか皆様のお力をお貸しください。


プロジェクトをやろうと思った理由

『縁側アロハ』は2020年6月に上演予定でした。

しかし、稽古を始める直前の4月7日に最初の緊急事態宣言が発令され、顔あわせも出来ないまま上演中止を余儀なくされました。

出演者は落語界の大御所、落語立川流の重鎮・立川談四楼師匠をはじめ、青年団の大竹直、群馬県文化審議委員などを務めた中村ひろみ、桐生市文化功労者表彰の栗原一美、元お笑い芸人「山マウンテン」の新井聖二、ラジオパーソナリティの小川裕子ら。群馬県に所縁深いオールスターキャストが集まり、群馬県を舞台にして世界に発信することを目標にした作品を群馬県で制作する取り組みでした。

たくさんの方に応援していただき、またご期待もいただいたのですが、抗うことのできないパンデミックの前に無念でした。

ハーブ・オオタ・ジュニア氏と加藤立川談四楼師・三遊亭好楽師とキワヤ商会岡本良二氏・原京子氏と三ツ葉楽器大澤茂氏

もう、このメンバーを再び集めることは出来ないだろうなぁ、と作品そのものを封印することも考えたのですが、そのキャストやスタッフを含むたくさんの方から上演するなら必ず参加したいとの言葉をいただき、その声に背中を押され、上演スキームを再構築するに至りました。


公演詳細 https://peatix.com/group/10593771


しかし、我が国におけるコロナ感染症は収まるどころか、今や過去最高の感染者数に迫る勢いです。

まさか、そんなタイミングでの上演になってしまい、ご来場の足も遠のきがちになってしまっています。

「観たかったのだけど」の声を頂戴するたびに、その期待にも応えなくてはという想いは強くなり、本来舞台は劇場で体験していただくものという頑なな考えを捨てることにしました。

今は、この作品をたくさんの方に届けたい。そんな思いでいます。

物語は、お盆の季節の「実家」が舞台。父親の三回忌を前に、母親と次女との二人暮らしの家に長女一家が帰省。そこに連絡が途絶えていた弟とその婚約者が突如加わり、さらには叔父がふらりと現れる。父の遺した一本の古いウクレレから家族の歴史が紐解かれ、ありふれた家族の会話の中から一人一人の人生ドラマが垣間見え、バブル崩壊や東日本大震災などの平成史も透けて見える。そんな作品です。


これまでの活動

ステージナタリーでご紹介いただきました。

https://natalie.mu/stage/news/431752

毎日新聞の取材も受け、しっかりした記事にまとめていただきました。

https://mainichi.jp/articles/20210719/k00/00m/040/031000c

日々の活動やキャストのインタビューは劇団公式SNSでご覧いただけます。

Facebook  https://www.facebook.com/engekibinetsushounen

Twitter   https://twitter.com/engekibinetsu

YouTube    https://www.youtube.com/channel/UCRHa5lROIYOAoRomyHYVn0Q

公演詳細

https://peatix.com/group/10593771


資金の使い道

・演劇/微熱少年『縁側アロハ』DVD制作費用

DVD作成費用:撮影の人件費、撮影費、編集費、パッケージ撮影費、デザイン費、舞台制作費などなど、、
※完成DVDは業者によるトールケース、OPP封入、盤面レーベルプリントDVD-R、DVD-Video形式となります。

・CAMPFIREクラウドファンディング手数料


リターンについて

・シンプル応援プラン お礼のメール 1,000円

・上演台本プラン   キャスト全員のサイン入り上演台本+お礼のメール(限定50口) 5,000円 上演台本にサイン中の大竹直と成澤陽子

・完成DVDプラン  『縁側アロハ』DVD+お礼のメール 5,000円

・上演台本・完成DVDプラン キャスト全員のサイン入り上演台本+『縁側アロハ』DVD+お礼のメール(限定30口) 10,000円

・映画化原作使用料(限定1口) 2,000,000円

 ※映画監督・映像作家・映画プロデューサー・制作会社などの方向けプランとなります。

実施スケジュール

①シンプル応援プランの方は9月初旬にお送りします。

②上演台本プランの方は9月初旬の発送となります。

③DVDを含むプランの方は10月中旬のお届け予定となります。


最後に

私たちは今、上演に向けて稽古を重ねながら、名作になり得る作品を創っているという手応えを日々感じています。

新型コロナウイルスによるパンデミックは舞台芸術を直撃し、多くの表現者たちが行き場を失っています。しかし、そんな中でも活路を見出そうと様々な取り組みがなされています。舞台芸術に限らず、多くの皆さんがその取り組みをしている時代、私たちの作品がなんらかの希望や愉しみを皆さんにお届け出来ると嬉しいです。

そして、それがより多くの皆さんに届くよう、どうぞご支援をお願いいたします。


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:DVD記録方式NTSC
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/08/29 16:28

    【大切なお知らせ】演劇/微熱少年『縁側アロハ 』千穐楽から14日となりました。現在までにお客様・キャスト・スタッフからコロナ感染・濃厚接触者は確認されませんでした。皆様の献身的なご協力により、これで本当に無事公演を終えることが出来ました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。...

  • 2021/08/23 15:44

    いつも応援ありがとうございます。『縁側アロハ』DVD化プロジェクトの告知動画を公開しました。https://youtu.be/swEQM_E1RSw上演のイメージをスライドショー形式でまとめています。DVDの予告編としてもお楽しみいただけるかと思います。是非、SNS等での情報の拡散やお知り合い...

  • 2021/08/16 14:42

    演劇/微熱少年『縁側アロハ』無事全日程終了しました。コロナ感染爆発という状況下、ご来場頂いた皆様に深く感謝いたします。また応援してくださいました皆様、様々な事情で来場を断念せざるを得なかった方々、エールを送ってくださった貴方、本当にありがとうございます。撮影:岡安賢一主催者である私たちが言うべ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください