人口500人以下⁉️
ふるさとの廃校に、子供達の声を取り戻したい!
「IWAMI ARTS PROJECT 実行委員会」

島根県石見地域出身の舞台俳優「竹内大樹(たけうち だいき)」を発起人とし、島根県民と東京を中心に活躍する芸術家が集まって立ち上げた、「芸術による石見地域のまちづくり計画」です。  竹内大樹「石見(いわみ)」とは島根県西部のことを指し、この実行委員会では石見地域を芸術によって活性化させる事を目標とし、幅広いジャンルの芸術作品を創作、上演、展示するだけでなく、それらの「芸術を通して」自らの住む地域、日本や世界を構築する社会や経済について考える「シンポジウム」を開催するなど、様々な観点から石見地域の発展に繋げたいと考えています。

今回の取り組みは、まだまだ小さな企画ではありますが、プロジェクトの回数を重ねることで徐々に進化し、石見を中心とした【大きな総合芸術祭を開催すること】を目指しています。


島根県西部・石見地域にある温泉津町は「石見銀山遺跡とその文化的景観」として、世界遺産にも登録されている港町です。
温泉津(ゆのつ)は大量の銀を世界に向けて積み出すだけではなく、北前船の寄港地や銀山で働く人々に物資を供給するための役割も果たし、最盛期には30軒もの廻船問屋が軒を連ねて、大いに賑わいをみせました。そのため古くからの商家、旅籠といった建物があちこちに残っており、温泉地としては初めて国の重要伝統的建築物群に指定されました。

薬師湯温泉津温泉街

温泉津温泉(ゆのつおんせん)には1300年の歴史があり、旅の僧が湯に浸かって傷を治している狸を見つけたとか、縁結びの神様「大国主命」が病気のウサギをお湯に入れて救ったことから始まった、ともいわれています。共同浴場は「元湯泉薬湯」と「薬師湯」の2箇所あり、「薬師湯」は「日本温泉協会」の天然温泉の審査で最高評価の「オール5」を受けました。
両方とも源泉に一切手を加えない、生の温泉が浴槽に入っており、現在もその薬効の高さから入浴者のたえることがありません。

また、伝統芸能「石見神楽」(八調子)が盛んな地域でもあり、各地の神社で行われる奉納神楽のほか、毎年夏には砂浜に特設ステージを建て、海に沈んでいく夕日を背景に神楽を舞う「海神楽」や、毎週土曜日の夜には温泉街の龍御前神社にて夜神楽公演が行われています。

金糸、銀糸の豪華絢爛な衣装と、石見人の気性そのままに、大太鼓、小太鼓、手囃子、笛を用いて、速いテンポの囃子の中、舞手が舞うのが特徴です。

石見神楽社中【温泉津舞子連中】撮影:竹内大樹

 

そんな温泉津町も、平成 23 年 4 月に小学校4校が統合、中学校1校も平成 26 年 4 月に隣接する旧仁摩町内の中学校と統合、町内には小学校が 1 校のみ残っていますが、いずれはその小学校も廃校となる危機に直面しています。
私を含め、すでに多くの町の人が、自らの学び舎である保育園、小学校、中学校を失っており、故郷が消えていく虚しさを実感しています。

なぜこのような事が起こるのかと突き詰めれば、現代社会の資本主義そのもの「効率至上主義」により、人口が都市などに集中し、温泉津町だけでなく石見地域全体が過疎高齢化したことが一因にあります。若者の流出に伴う少子化の進行とともに高齢者のみの世帯も増加し、集落活動の維持が困難な状況も出てきています。

このまま行けばさらに人離れも加速し、人が消え荒れ果てた農村や集落も増えることでしょう。なにか大きな変革がない限り、それは近い未来に必ずやってきます。

(旧湯里小学校)

この問題は石見地域に限らず、

日本各地の市町村で起こっています。

石見地域のような過疎地域の面積は

実に日本国土の57%に及びます。

つまり

石見の問題を解決することは、

日本の過疎地域の課題を

解決する事にも繋がります。

石切り場の視察の様子
アートの役割は
【人の認識を揺さぶる】こと。

 

アートについて面白いところは、人間に驚いているということです。
こういう人にもこういう秘密があり、こういう感受性がある、この人にはこんなふうに狂わせるような思いがあるんだ、と言う驚きの発見方法と、一般的な考え方、常識からはこう見えるかもしれないが、違う角度から見るとこう見える、人間はこういう風に理解するんだなということを、アートは教えてくれます。

たとえば100人の中に、一人の変わった人が居たとします。
その人はマニュアルに従えば、平均値から外れた落第者です。
アーティストの使命とは、その落第者と「勘違いされている」一人の人間にも価値がありますよ、ということを勇気をもって言うことです。

その人には違う見方をすれば、とてつもない可能性を秘めているかもしれないし、素晴らしい創造性で新しい物を生み出すかもしれない。それを他者が発見してあげることで、誰にも負けない能力を開花させるかもしれない。 

これは過疎地についても言えることで、私の生まれ故郷である石見地域も、ほとんどの町が過疎地と呼ばれていますが、歴史的にも芸術的にもたいへん素晴らしいところ、面白いところがたくさんある。
だから、経済的に発展している都市などからみると、過疎地域だと一括りにされている場所にこそ、たくさんの文化的な可能性があるということを、このプロジェクトを繰り返し開催することによって地域内外へ私達アーティストが発信し、それによって、観客の人々が新たな角度から地域の魅力を発見する手助けになることを願っています。


歴史ある世界遺産の街で総合芸術祭を開催する。
様々な芸術家を連れてきて、地域の特性を生かした形で芸術作品を創る。
面白そうだけど、とても難しい企画です。

そもそも、島根県は映画館ですら日本で一番少ない県であり、石見地方では温泉津町が含まれる大田市、隣の江津市、その隣の浜田市にも映画館は一つもありません。
さらに、美術館や劇場も全国的に少ない地域であり、それによって、ある場所に足を運んで芸術作品を観ると言う文化が、石見神楽以外は無くなっていると言っても過言ではありません。

そういった中で、このプロジェクトがどこまで、この町の人に対して関わっていけるのか、普段、芸術にあまり親しみのない人たちに、このプロジェクトで出会うためにはどんな作戦が必要か、そもそもなぜ直に芸術作品を見せる必要があるのか。

廃校で行う体験型アート展、石見の町を題材にした映画製作と上演、里山や空き家の中に製作した作品を展示する現代美術展、福光石切場での音楽ライブなど、様々な案が出ました。
また、その状況のなかで、総合芸術祭をどの程度の規模で開催するのが現実的なのか。

島根への視察や会議に会議を重ね、様々な問題を地元協力者の方々と悩み、思案を重ねました。その結果!!

これはもう、兎に角、一度やってみるしかない!

と言う結論に至り、2020 年1月、イワミアーツプロジェクト『プレビュー公演』として、
【演劇ワークショップ】と【演劇公演】を行いました。

明治時代に建てられた古民家ゲストハウスにご協力いただき、劇団晴天「共演者」昼夜公演を行い、述べ105名の方にご覧頂きました!

昼夜共に公演の会場は大満員。

真冬にも関わらず、お客様の熱気に会場が包まれておりました。
感想は下記のサイトをご覧ください。

【夜公演の感想まとめ】
【昼公演の感想まとめ】

熱気溢れる会場の様子/2020.01.26

劇団晴天【共演者】温泉津公演の舞台写真

そして来たる2021年、イワミアーツプロジェクトとして、体験型アート展と演劇公演を行う第一回芸術祭を行う予定でしたが・・・。
新型ウイルスの台頭、感染対策を鑑み、体験型アート展と演劇ワークショップという形に変更し、開催することにいたしました。



新型コロナウィルス感染拡大は、ライブエンターテイメントを中心に、多くの文化芸術活動に影響を与えました。それに伴い、子供たちの鑑賞・体験の機会も多く失われました。皆様に措かれましても我慢の多い期間が続いていることと存じます。

しかし、こんな時代だからこそ、「大人と子供たちが一緒になって、芸術を体験できる場を提供したい」という思いを、イワミアーツプロジェクト実行委員会一同は強く持っています。

もともと営利を目的とした活動ではないため活動資金も乏しく、さらに今回はコロナウィルス感染防止処置として、入場制限も行います。そのため、入場料金だけではすべての経費を補填することができません。
そして、この試みは決して一過性のものではなく、支援くださった方々と思いを共有し、今後に繋げていくプロジェクトです。

イワミアーツプロジェクトの活動理念にご共感頂けましたら、ぜひご支援をお願いいたします。

昨年のワークショップの様子温泉津町湯里でのワークショップの様子

昨年公演を行ってくれた「劇団晴天」の劇団員による【演劇が生活につながるワークショップ】
昨年1月、温泉津温泉街にて『共演者』公演を行った「劇団晴天」のメンバーが、どんな方でも参加できる演劇ワークショップを開催します。昨年度は公演とともに、主宰であり脚本家・演出家の大石晟雄による演技ワークショップも行い、活気ある時間を過ごすことができました。

演劇ワークショップと聴き慣れない響きかもしれませんが、劇団晴天の演劇は、芸術的な側面よりももっと日常に寄与した、人々の小さな、けれど切実な悩みや思いを描いており、20代が中心に作った演劇でありながら、老若男女みなさんに楽しんでいただくことができました。

そんな彼らの今回のワークショップは、より演劇と関わりやすく、「学ぶ」のでなく演劇で「遊ぶ!」日々の生活と演劇をつなげる楽しい時間をつくります。

◆ ワークショップ予定◆ 

会期:2021/11/12(金)〜11/14(日)3日間

料金:1講座500円

会場:湯里まちづくりセンター(旧湯里小学校)各所
  (感染対策が取れるスペース)

※現在、東京や全国の感染状況の悪化を鑑み、オンラインを含めたワークショップ内容の変更を検討しております。ワークショップ内容、体験型アートの展示内容が変更になった場合も、ご返金のご対応はできません。来年度以降の運営費に補填させていただきます。ご了承くださいませ。

◆ 講師紹介◆

大石晟雄(脚本家・演出家)
脚本ワークショップ
「セリフを書いてみよう、書いたものを読まれてみよう」

鈴木彩乃(俳優・ダンサー)
ストレッチWS
「『簡単なストレッチ』や『簡単なダンス』ってなんぞや?」

近藤陽子(俳優)
発声ワークショップ
「ストレス発散 発声練習」

角田悠(俳優・演劇プロデューサー)
殺陣ワークショップ
「誰でもできる!強くなった気になる殺陣」

白石花子(俳優)
演技ワークショップ
「台本を読む!」



子供たちが絵画を鑑賞しているのを見ていると、しばしば、目の前の作品が自分の世界になっていることがあります。例えば、作品と同じポーズをする。バランスや構成を自分の身体を通じて理解し、作品と“一体化”することによって、目だけでなく身体全体で鑑賞していたりします。

しかし、大人になってしまうと、子供のように感覚で判断することが難しくなって、どう感じたかを知らず知らずのうちに、考えてしまっているような気がします。きっと、経験とか知識とか、そういうものと作品を結びつける癖がついてしまっているのかもしれません。そして、作品が表現しているものが自分の経験や知識の中にあるかどうかで、受け入れることができるのか否かを決めてしまいます。

「体験型アート」は、鑑賞者が介入することにより、その世界観や驚きに感覚的に触れることのできる形式の作品です。その仕組みは、PCによるプログラミングやプロジェクターによる映像、センサー機材などのデジタル技術によって構成され、展示空間内を広く活用した形で展開されています。

この感覚的に物事を捉えることが、そこに住む子供達や大人達の感性を刺激し、今まで目に付かなかった地域の魅力に気づけたり、今までにない新しい発想を生み出すなど、過疎地域の活性化にも繋がると考えます。
さらに、地域の財産である旧小学校の校舎を、体験型アートの舞台にすることで有効活用し、地域住民にも馴染みやすく、アートが身近で心温まるものになるよう企画しました。

今回は、体験型展示アーティストの「Ponboks(ポンボックス)」による作品展を、イワミアーツプロジェクトとコラボレーションする形で開催致します!

会期:2021/11/11(木)〜11/14(日)4日間

入場料:500円(高校生以下無料の予定)

会場:湯里まちづくりセンター(旧湯里小学校)各所

Ponboks 体験型アート展

◆ 展示予定の作品

来場者に参加して楽しんでいただける体験型インスタレーション作品を4つ展示する予定です(※展示内容は変更の可能性があります)


展示作品① 描いて咲く花畑
体験者の描いた花で、壁面に花畑ができていく体験型インスタレーション。壁面に手をかざして動かすと、万華鏡のような仕組みで一度に複数の花びら描かれ、どのように描いても花が咲きます(動画をみる

Ponboks 描いて咲く花畑Ponboks 描いて咲く花畑


展示作品② 言葉が歩きだす
穴にむかって言葉をふきこむと、声から形になった言葉に足が生えてひとりでに歩きはじめます。言葉によって色が変化したり、頭に花が咲いたり、翼が生えて羽ばたいたりするなど、言葉に纏わる様々な演出を楽しめます(動画をみる

Ponboks 言葉が歩きだすPonboks 言葉が歩きだす



Ponboks 言葉が歩きだすPonboks 言葉が歩きだす


展示作品③ こっちを見てくる黒猫たち
人を見つけると、その人の顔をずっと見てくる黒猫ライトたち。体を動かしたりしゃがんだりジャンプしたりしても顔を追い続けます。観賞者と黒猫たちの「興味」が交差する体験型インスタレーション(動画をみる

Ponboks こっちを見てくる黒猫たちPonboks こっちを見てくる黒猫たち


展示作品④ 石見神楽面×光の絵付け
石見を代表する伝統芸能である「石見神楽」とデジタル技術を融合して生み出す新作の体験型展示。プロジェクションマッピングで面への絵付けを楽しめるなど、伝統的な石見神楽面を光で演出します。

Ponboks  石見神楽面×光の絵付けPonboks  石見神楽面×光の絵付け


◆ 作者プロフィール

Ponboks ポンボックス

空間で楽しむ体験型展示やアニメーション、立体表現などの分野で活動するクリエイター。「発想体験」をキーワードに、創作のきっかけやユニークな発見が生まれるような体験制作を心がけ、展覧会での展示やSNSへの投稿など、様々な形で作品発表を行っている(WEBサイト



◆ 資金の使い道・実施スケジュール

CAMPFIRE手数料(決済手数料含む)6万円
リターン品代、約14万円を差し引いた
40万円】を、以下の内訳で使用させて頂きます。

演劇ワークショップ講師、体験型アート作家の10泊分の宿泊費
東京からの演劇ワークショップ講師、体験型アート講師の往復交通費
会場設営費
PCR検査代金
コロナ対策費(アルコールスプレー、手指消毒液、デジタル体温計等)
他、消耗品の経費に充てさせていただきます。

※現在、東京や全国の感染状況の悪化を鑑み、オンラインを含めたワークショップ内容の変更を検討しております。

ワークショップ内容、体験型アートの展示内容が変更になった場合も、ご返金のご対応はできません。来年度以降の運営費に補填させていただきます。ご了承くださいませ。


◆ 開催スケジュール

演劇ワークショップ:2021/11/12(金)〜11/14(日)3日間
体験型アート展:2021/11/11(木)〜11/14(日)4日間


◆ 感染症予防対策への取り組み

・参加アーティストには、参加日までにワクチン接種2回を済ませ(国からのワクチン提供が遅れるなど、やむ負えない事情は除く)、移動前日にはPCR検査を実施いたします。

・参加アーティストには、移動日の7日前から本番終了まで体温、体調チェック表に記入を義務づけ、異変があれば参加を中止し致します。

・感染症拡大予防のため、入場者にはマスク着用、入場時に検温(37.5度以上の方の入場を禁止します。)・手指消毒・連絡先確認を実施します。 

・玄関口、展示室前に消毒液を設置し、感染および拡散防止に努めます。

・階段、展示室、廊下、人の手が触れる場所は定期的に消毒を実施します。

・ワークショップは屋外、または、なるべく広い部屋で換気や手指消毒を十分に行い、マスクを着用して実施させていただきます。   

・各種展示、ワークショップは、人数を制限して実施します。 


◆ リターンのご紹介

・500円     【リターン不要支援】コース。
・1500円 【DM郵送】コース
・2500円 【オリジナル動画】コース
・3500円 【オリジナル缶バッチ】コース
・5000円 【パンフレット芳名記載】コース
・7000円 【オリジナルポストカード】コース
・10000円 【オリジナルトートバッグ】コース
・15000円 【共演者】DVDコース
・30000円 【名入り提灯】コース
・50000円 【全部入り(DVD、提灯を除く)】コース

こちらにはリターン一覧のみ表示します。詳細はリターン欄をご確認ください。


◆ おわりに

イワミアーツプロジェクトは【石見地域を中心とした大きな総合芸術祭を開催すること】を目標に、一歩一歩、歩み続けます。

皆様の暖かいご支援ご協力のほど、よろしくお願い致します!

<プロジェクトについて>
このプロジェクトは県外在住のアーティストと地元住民とで編成される実行委員会(IWAMI ARTS PROJECT実行委員会)で運営を行います。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロジェクトページの中で使用している画像、動画は全て作者、撮影者の許可を得て掲示しております。本プロジェクトページ内の写真、動画、文の許可の無い転載は、ご遠慮ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名、代表者指名、事業者の所在地、事業者の電話番号は、請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/09/22 22:43

    クラウドファンディングも終了まで残り7日となりました!あと59%で達成です!皆様、最後まで応援よろしくお願い致します‼イワミアーツプロジェクト2021後援【大田市】【大田市教育委員会】【公益財団法人 大田市体育・公園・文化事業団】(順不同)上記の市、団体様から後援承諾を頂きました。まことにあり...

  • 2021/09/06 13:58

    2021年9月4日、5日、体験型展示アーティストの「Ponboks(ポンボックス)」さんが、石見地域を視察され、旧湯里小学校をはじめ、福光石採石場や、温泉津温泉街、体験型アートに使用する石見神楽面を小林工房さんにてご覧頂きました。また、視察の様子は島根の新聞社2社に取材して頂き、トップニュース...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください