まいど!NPO法人Reジョブ大阪です。私たちは、高次脳機能障害や失語症など、病気や怪我で人生の途中、突然障害を負った人たち、しかもそれを脳に負ったために「パッと見、普通」に見える人たち、しかも損傷部位が脳であるがゆえに、思いが伝わりにくくなったり、誤解されるような行動をとってしまったりと言った人たち、そういう人たちの支援をしています。

人によって障害の程度や症状は様々ですが、全員に言えるのはとにかく「困っている」ということ。足の不自由な方の車椅子に相当するもの、風邪をひいたときの風邪薬に該当するものが、まだありません。当事者やその家族が、障害を負ったその日から行き当たりばったり、手探りで見つけた貴重な情報を皆で共有してきました。またリハビリを受けながら、工夫して仕事を探した情報を分け合ってきました。支援する私たちも、こうすれば良いという支援方法や特効薬もない中、手探り状態。本当に困っているんです。

でも、困ってばかりもいられません。生きていかねばなりませんから。NPO法人Reジョブ大阪は、毎年秋に、そんな当事者や家族さんたちと一緒に文化祭を開いてきました。まずはこの障害を「知ってもらう」こと。そしてその方法は、できることなら大阪らしく楽しい方がいい!

写真……NPOを設立するきっかけとなった『知っといてぇや これが高次脳機能障害者やで』出版記念パーティ



第1回 まるっと文化祭 2019年10月14日

この年はまだコロナのコの字も聞かない時代。大阪府立中央図書館と隣のライティホールを借りて、本物っぽい文化祭(笑)を開催。ホールでは高次脳機能障害のある方と素晴らしい仲間たちのライブ。会議室では当事者セミナーや、リハ職のケアコーナーなど。運営は大変でしたが、皆が心を一つにして開催することができました。



第1回詳細はこちらのレポートをご覧ください。


第2回 まるっと文化祭 2020年10月25日

急に拡大した新型コロナウィルスの感染防止の為、オンラインイベントに変更。もともとオンラインに強かったリジョブ、セーフって感じでした。なるべく文化祭の雰囲気を残しつつ、動画を編集。全国で255名の方にご視聴いただきました。



第2回詳細はこちらのレポートをご覧ください。


そして今年が3回目です。今年も新型コロナウィルス感染防止の為、オンラインイベントです。でも、オンラインならもっともっと大勢の人に見てもらっても良いはず!しかし宣伝不足なのでしょう。なかなかこの文化祭のことが広まりません。

そこで!今年は、広告費にお金をかけようということになりました。総会でも言われたんです。まず初期段階は広告費をさけと! んが、お金がありません。そこで、クラウドファンディングをしよう!という経緯なのです。広告費といっても、やはり当事者の登壇者や参加者が自らこの文化祭の広報をし、謝礼が払えたら一石二鳥。私たちはそのように考えました。

日本中、災害だらけです。新型コロナウィルスの感染拡大もそうですが、地震や台風も多発。天中殺のような時代です。そんな中で一番困るのは、最も弱い人たち。お年寄りや子ども、そして障害のある人たちです。避難所での生活は障害のある人たちにとっては耐え難いものであることも多いです。加えて、脳損傷者の場合は、自分が何に困っているのかを言葉で表現できなかったり、一見普通に見えるために適切な配慮を受けられなかったりします。

そこで、今年のテーマは「ぼくらの困りごとと工夫」とし、防災、復職、再発予防など、脳損傷者に限ったことではないテーマとしました。これ、お年寄りにも、子どもにも、なんなら一般家庭にとっても価値ある工夫なのです。ぜひぜひ、多くの人に見てもらいたいのです。

詳しくは日々の「活動報告」でレポートしていきますが、まずは現段階で決まっているプログラムを紹介します。

チラシで~す


■テーマ「ぼくらの困りごとと工夫」
■日時:2021年9月26日(日)13時~15時30分(予定)
■会場:オンライン(YouTube配信)
■参加費:無料
■内容
NPO法人Reジョブ大阪の「まるっと文化祭」は、当事者が主役の文化祭。今年で3年目となります。当事者、家族さん、医療職、支援職、一般の人が入り混じり、文化祭を運営します。新型コロナウィルス感染防止のため、今年もオンラインにて開催。YouTubeで配信するのでweb環境があればどなたでも閲覧できます。リアルタイムでコメントもOK!

◆プログラム

第1部 当事者の立場から「ぼくらの困りごとと工夫」 40分(予定)

(1)作業療法士 金原衣理子 × 当事者 山中千尋
片麻痺があっても日常生活は送れる。片手でも料理ができ、趣味を楽しめる。何事にも挑戦して欲しい。決してひとりじゃないという事を伝えたいです。

(2)当事者 坂大樹
リハビリにとりくむ日々をYouTubeチャンネル『世界はサカサマ!』で公開しています。片麻痺での食事や、皿洗いの方法などをお伝えしたいです。

(3)当事者 立花勇二
高次脳機能障害12年。色々なことを経験しました。同じ障害をもつ人に参考になればと思っています。当日は、就労について語ります。

(4)当事者 岡﨑憲司
高次脳機能障害がありますが、YouTube『風神雷神』で、この障害のことを世の中に広めていきたいと頑張っています。

(5)当事者 幸地清
脳梗塞になって丸10年経ちました。八尾の「ほっとケーキの会」で活動しています。当日は会の活動について話します。

(6)当事者 宮原秀彦 × 防災士 口ノ町一男
防災士の口ノ町さんと当事者である宮原さんの対談。今回は防災福祉のことを話します。特に避難計画について、一緒に考えてみませんか。

(7)当事者 早野満紀子
動脈瘤の手術のあと後遺症が残りました。この障害について知ってもらうため、活動しています。当日は就活のむつかしさについて話します。

(8)脳ケアゼミ
障害のある方を支援する方向けの会員制サロン。医療・介護保険サービスが削減されるなか、生活の中で「自分で行うリハビリ」をめざして活動しています。


第2部 講演:障害者と防災 60分  「困りごとと解決ヒント」

(1)管理栄養士 濱田真里先生 20分

◆講演内容
災害時の困りごとの1つ、「食」の問題。いつもの台所にある「あの」食材で出来る対応策などをご紹介します。
◆プロフィール
城西大学大学院 薬学研究科卒、管理栄養士

(2)看護師:片山将宏先生 20分

◆講演内容
脳卒中患者さんの再発予防に向けた生活マネジメントについて
◆プロフィール
滋賀県立大学卒、慢性疾患看護専門看護師。滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  講師。

(3)愛知学院大学心身科学部 健康科学科 教授 辰巳寛先生 20分

◆講演内容
失語症の方向け、メロディック・イントネーション・セラピー(MIT)について
◆プロフィール
名古屋市立大学 医学研究科 生体情報・機能制御医学 博士課程修了、愛知学院大学心身科学部 健康科学科 教授、日本MIT協会発起人。

 

第3部 基調講演:大場龍男氏「復職、就職における困りごとと支援」について

◆プロフィール
川崎市北部・中部リハビリテーションセンター、就労支援アドバイザー
NPO法人翔和学園ワークセンター顧問
1979年京都大学経済学部卒業、横浜市総合リハビリテーションセンターを経て現職
2017年『高次脳機能障害のある人への復職・就職ガイドブック』共著、中央法規出版

まずは、多くの人に知ってもらおう!ということで、クラウドファンディングでは、広告宣伝費を集めたいです。しかも、そのこと自体が障害のある人たちにとって、メリットとなるような!

◆登壇者や参加者がSNSを使い、この文化祭のことを広めます。その活動に対して、謝礼を支払いたいと思います。

◆文化祭のチラシを作るのですが、その送付作業を就労継続支援B型施設に依頼します。

この障害者に参加してもらうという考え方は、NPO法人Reジョブ大阪が始まって以来ずっと持っているものです。思えば、一番初めのクラウドファンディングでも、完成した本の発送を作業所に依頼しました。

就労支援B型施設って何? そんなお話もこのクラウドファンディングの期間中していきます。皆さんが知らなかった福祉の世界、いつお世話になるか分からない福祉の世界のことを、丁寧に伝えていきます!


就労継続支援B型施設 ユメグミホームページはこちら


■日程
8月24日(火)クラウドファンディング開始
9月12日(日)クラウドファンディング終了(約3週間)
9月13日~リターン発送・文化祭宣伝期間
9月26日 まるっと文化祭当日!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


NPO法人Reジョブ大阪は、ある当事者の方の手記を本にしたいという願いからスタートしたNPO法人です。言語聴覚士の西村紀子が、本腰を入れて支援活動、就労活動をしていこうとし、賛同した友人が理事や正会員になり、立ち上げたNPOです。理事が勉強好きなこともあり、アカデミックなイベントが多いNPO、その中でも、この秋の「まるっと文化祭」、春の「失語症の日」の実行委員をメインに、毎週のFacebook配信やメルマガなどの空中戦の他、西村の運営する、自分でリハビリをというコンセプトの「脳ケアゼミ」またリジョブがメンバーである「脳コワさんアカデミー」など、似ている名前が多くてすみません!ですが、この界隈ではめずらしくとにかく目まぐるしくオンラインで活動している、NPOです。

詳細はこちらのホームページをご覧ください。

毎週金曜日に届くメルマガも充実!無料です。今すぐ登録を!


明日は我が身と言われる障害。この障害について理解を深める20日間にしましょう!


■特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名:NPO法人Reジョブ大阪
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:松嶋有香
 ●事業者の住所/所在地:〒534-0001大阪市都島区毛馬町2-7-8
 ●事業者の電話番号:Tel: 050-3550-0221
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/09/11 10:50

    まいど!NPO法人Reジョブ大阪です!皆さん、温かい支援をありがとうございます!今、NPO法人Reジョブ大阪では、就労移行支援B型事業所「ユメグミ」さんと一緒に、本番の動画編集真っ最中!今日は、プログラム順にちらっと、第一部の動画の様子をちょとだけお見せしますね。以上が第一部のチラ見せ画像でし...

  • 2021/09/07 15:55

    まいど!NPO法人Reジョブ大阪です!あと20日ほどで、まるっと文化祭当日を迎えます。今日は、当日も登壇してお話をしてくださいます、立花さんを紹介します。立花さんは、2009年に脳出血を起こし、後遺症として高次脳機能障害が残りました。当時の就労支援システム全体にまだ「高次脳機能障害」という障害...

  • 2021/09/06 09:30

    まいど!NPO法人Reジョブ大阪です。たくさんの支援ありがとうございます。本日、リターンを4種追加しました。その中に「ハンカチバッグ」があります。「スヌードスタイ」と同じfromaoooさんのものです。昨年度の「まるっと文化祭」にも出演していただいた内田さんに、ブランドにかける思いなどを伺いま...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください