コロナ禍でStopした海外への発信を再び!

ラストスパートリターンとして追加させていただきます!

羅希阿丸さんが表紙の英語版忍者Photo book「Story of A Ninja in JAPAN」

10月18日に今回の目標金額である500,000円を達成させていただきました。
ご支援くださっている皆さま、本当にありがとうございます!こんなにも多くの方に応援していただけていること、プロジェクトメンバー一同感謝の気持ちでいっぱいです。

今回のチャレンジも残すところ1週間を切りました。

生前葬をやろう!と決めた日から、自分のこれまでの人生を振り返り、コロナ禍で彷徨った気持ちを整理し、みなさまへの感謝の気持ちをお伝えすると同時に「最期まで自分らしく生きるには、やはり再び世界を目指したい!」と目標を掲げた羅希阿丸さん。

新型コロナの感染拡大前には海外向けの出版物の表紙となったり、漫画のモデルとなったり海外に発信していた羅希阿丸さんはじめ忍者の皆さんですが、長引くコロナ禍で海外発信の道も閉ざされていました。

今回のチャレンジを最後まで走り切り、12月18日のド派手に生前葬!を皆さんのご支援のもと成功させたのちには、これまで以上に海外に向けての発信を積極的に行いますので、ラストスパートリターンへのご協力を、改めてお願いいたします。


はじめに・ご挨拶

初めまして。ド派手に生前葬!プロジェクトのチャレンジページにお越しくださいましてありがとうございます。広島弁deたちまち終活のあかさん こと エンディングノートナビゲーター®️、終活講師、NPO法人エンディングノート普及協会理事長の赤川 直美と申します。よろしくお願いいたします。

これまで「エンディングノートの作成を通して、誰もが最期まで自分らしく生きるための"エンディングノート"を普及する」をモットーに、全国でエンディングノートや終活をお伝えして参りました。

しかし新型コロナの感染拡大により県をまたぐ移動はできなくなり、講演活動はなくなりました。長びく自粛生活で会いたい人に会えない、伝えたい人たちに伝えることができない、そんな不安な日々を変えてくれたのは、音声配信アプリ stand.fm(通称:スタエフ) でした。

毎朝配信されるお経配信で出会い、終活講師の配信を通して繋がったスタエフ仲間。活動の場を失ったスタエフ仲間の現代忍者 羅希阿丸(ラキアマル)さんも、年間150回以上出演していたステージは全てキャンセル。2年前に急病で立つことができなかった世界最大規模のJAPAN EXPOを再度目指すも、新型コロナの感染拡大により海外渡航ができなくなり、現代忍者として活動していく気力も、夢を追いかける気持ちも「あきらめた方が楽だ」という気持ちに変わっていました。

海外遠征・スイス

ド派手に生前葬!ワシやってみようかな〜?

ステージでの演舞が無くなった羅希阿丸さんは2020年の3月に、講演活動のなくなったあかさんは2020年の11月に音声配信アプリ stand.fm に登録、配信を開始しました。

そのstand.fmで、毎朝5時から配信される広島県の浄土真宗本願寺派、重光正向寺さんのお経配信、毎朝5:50からのNPO法人エンディングノート普及協会 理事長 赤川直美の番組『広島弁 de たちまち終活』に日々集う仲間達と、配信を通して絆を深めてきました。

stand.fm内の羅希阿丸さんは、明るくてとてもひょうきん。ライブ配信で出会った初対面の人には「即フォロー」と積極的に関わっていきます。「羅希阿丸さんっておもろいけど忍者なの?」という感じで、これまでのstand.fmでは忍者を熱く伝えるイメージはありませんでした。

しかし、2年前に小腸穿孔により救急搬送され緊急手術。生死を彷徨う経験をして以来「後悔のないように今を生きなくては」と思っていたそうです。と同時に「こんな時代に何を目標にすれば良いのか?」と、多くの人がコロナ禍で感じている不安、焦燥感を羅希阿丸さんも持っていたようです。

そんな羅希阿丸さんが私の朝活終活ライブに参加してくださるようになり、2021年6月の朝ライブで「生前葬? 面白そう! ワシやってみようかな?」と軽い気持ちだったとは思うのですが、羅希阿丸さんの口からその言葉が出ました。

それを聞き逃さなかった私は「羅希阿丸さん! 生前葬やりましょう!」と半ば強引に決めたのでした。

羅希阿丸さん死ぬの?病気なの?ワシ死ぬ?いや死なない!でも・・・

初めは羅希阿丸さんのノリで「ワシ生前葬やってみようかな〜」の一言から始まりましたが、日程を決め、生前葬とは?を調べるうちに羅希阿丸さんの心境にはかなりの変化がありました。また自身の配信の中で「ワシド派手に生前葬やることになりました」と伝えると、リスナーさんからは「病気ですか?」「死ぬのですか?」など、想像以上にネガティブな反応が返ってきました。

ぼんやりと「いつか終わりがくる」と頭で理解はしていても、生前葬という形になることで「何かあったの?」「死んじゃうの?」「病気なの?」と周りからも思った以上の反応があり、羅希阿丸さん自身も考え込んでしまう時期もありました。

突きつけられた終わりの時

ド派手に生前葬!の計画を進める中で、あかさんは地元の柩屋(ひつぎや)さんとコンタクトを取ります。実は世界からも注目される柩屋さんが同じ町内にあるのですが、そこで柩を作っておられるものづくりの精神に感銘を受けたあかさんは「羅希阿丸さんのオリジナル柩を作ったら喜ぶかも!」と考えました。

しかし結果は・・・

羅希阿丸さんは自分の柩ができるかもと聞いたことで「本当に最期の時が見える感じがした」と、想像以上に重く受け止めたのでした。それでも「最期は絶対にあるのだから、やりたいことをやって生きよう!後悔のない生き方をしよう!」と決意を新たにド派手に生前葬!に向き合うことを決めてくれました。

感謝を伝えるだけで本当に良いの?

毎週金曜日には、stand.fmで「公開コラボライブ会議」と称して羅希阿丸さんとあかさんがド派手に生前葬!の進捗状況などをお伝えしています。6月11日に第1回目をスタートし、さまざまなことを考え話し合ってきましたが、その中で「本当に感謝を伝えるだけで良いのかな?」という疑問が湧いてきました。

羅希阿丸さんの活動をよく知る実行委員会メンバーからも「羅希阿丸さんは、ライブの中でフランスに行けなかったこと何度も話してるよ? 本当はもう一度世界を目指したいんじゃないの?」という声があがりました。

私が聞く羅希阿丸さんの今後については、地元に帰って趣味を極めたいとか、集う場所を作りたいとか、忍者活動とはかけ離れた内容でした。ですから、もう忍者はいいのかな? と思っていたのです。

羅希阿丸さんは現代忍者として仲間達と「世界を目指す!」ということでお稽古を続け、2018年にはスイス遠征へ、そして2019年フランスで開催される世界最大規模のJAPAN EXPOの舞台に立つチャンスを手に入れたのでした。

スイス遠征では夢を叶えてド派手に演舞!

さぁ! 次はフランス! と思っていた矢先に、小腸穿孔により救急搬送され緊急手術。2週間後に予定していたフランスで行われる世界最大規模のJAPAN EXPOと出演を断念。仲間と誓った大舞台での演舞の夢は叶いませんでした。

仲間から送られてくる写真に「ワシもここに立つはずだったのに」と無念さを押し殺しながら仲間の成功を喜んでいました。

その後も再度世界を目指す!を目標に活動を再開するもコロナ禍でステージは全てキャンセル。自粛生活が長引くにつれ、世界を目指す気持ちはあきらめへと変わっていたのです。

音声配信で繋がった新たな仲間と新たな挑戦へ!

共に稽古した仲間たちの大舞台での演舞の動画を観つつもどこかに無念な想いがありました。それでもコロナ禍で始めたstand.fmでは、新しい仲間との出会いがあり、日々発信、交流を続ける中でコロナ禍ではあってもそれなりに楽しい毎日を過ごしていました。

しかし、ド派手に生前葬!を進めていく中で「本当にこのまま感謝の気持ちを伝えたら、後悔が残らないのか? 今のままで死ぬ瞬間に「後悔のない人生だった」と言えるのか? でも、もう一度世界を目指すなんて怖い。行けるかどうかもわからないし、自分だけではなく仲間の士気も高めなくてはならない。仲間達もこのコロナ禍でそれぞれに生きていくのに必死なのに、再び夢を追いかけることはできるのか?

様々な葛藤が羅希阿丸さんの中で渦巻いていましたが、ド派手に生前葬!プロジェクトの仲間たちが背中を押してくれました。

「私たちも羅希阿丸さんにもう一度世界を目指してほしい!」

その声を受け、不安を断ち切って前に進むことを決断し、再び世界を目指したい!と羅希阿丸さんからプロジェクトメンバーに正式に伝えられました。

今回のプロジェクトでは、現代忍者 羅希阿丸の「今」を知っていただくとともに、「気持ちは ”今” 伝えることが大切」ということ「チャレンジを諦めない」という気持ち。今回は『現代忍者×生前葬』という新たな試みを通して、stand.fm仲間と共に作り上げていきたいと思います。

現代忍者羅希阿丸とは?


職 業:現代忍者(世を忍ぶ仮の職業:都内大手企業に勤務)


現代忍者羅希阿丸さんの詳細については、こちらをご覧ください。

https://endingnote.or.jp/dohade

ド派手に生前葬プロジェクト

現代忍者 羅希何丸の生前葬を実施するためのプロジェクトチームが2021年6月に始動!

音声配信アプリstand.fm利用者を中心に現代忍者 羅希何丸の生前葬に関心を持ったメンバーたちがLINEアプリのオープンチャットと、stand.fmのLIVE中継機能を利用しながら勉強会を重ねています。


プロジェクトメンバー:29名、内、実行委員会メンバー:12名(2021年9月26日現在)
音声配信アプリのLIVE機能を通した勉強会の回数:15回(2021年9月26日現在)

このプロジェクトで実現したいことは3つ!

①現代忍者 羅希阿丸の生前葬をプロジェクトメンバーでド派手に演出、全世界に映像と音声メディアで配信し、世界中に現代忍者の挑戦を伝えます!

これまでの既成概念にとらわれることのない自由な発想と、これまでの葬送の歴史や弔いについて学ぶ機会を持ちながら『ド派手な生前葬』を実施します。
現代忍者 羅希阿丸から忍者を世界に広めたい、そしてコロナ禍が落ち着いたら再び世界の舞台に立つ!という目標に向かって挑戦する気持ちを、演舞を通じて全世界に伝えます。

②コロナ禍の新しいコミュニティのチャレンジを通して世界の人たちにエールを贈ります!

今回のチャレンジを通して、長引く自粛生活、不安の絶えないコロナ禍にあっても、音声配信やSNSを通して繋がり、夢が実現できること、みんな一人じゃないことをインターネットを経由して全世界に伝え、エールを贈ります。

③大切な人に感謝の気持ちを伝えるための『生前葬』をニューノーマルに!

健康で元気な状態で臨むこととなった『生前葬』プロジェクトではありますが、主役である羅希阿丸氏の『葬』、『死』を意識せざるを得なくなった心の移ろいから、本人のみならず、プロジェクトメンバーも学ぶところが多くありました。

生前葬を考えること。

そこでは、自分のこれまでの人生を振り返り、これまで関わっていただいた多くの人たちに感謝を伝える気持ちになれること、そして自分らしく、悔いなく生きるために、”いつまでもチャレンジする気持ち” が生まれてくることを伝えたいと思います。

そして生前葬を、現代忍者のことを、日本はもちろん、世界中にも伝えたい!


これまでの活動

2021年6月6日にド派手に生前葬!やります!をスタエフリスナーさんに宣言しました。

https://stand.fm/episodes/60bc5f95ad06483cea07b523

2021年6月11日より毎週金曜日21時〜ド派手に生前葬!公開コラボ会議(ライブ配信)

・初ゲストをお迎えした第10回

https://stand.fm/episodes/611face4f4ef5e0007209b4d

・最新会議はこちら

https://stand.fm/episodes/613b56a34a8aba00068fd069

2021年8月8日「生前葬は最高のマインドフルネス!」

オンラインパネルディスカッション


返礼品のご紹介


● 現代忍者羅希阿丸がstand.fm配信「ラキチャンネル」内で、お名前を呼んで全力でお礼《500円》
● かえるさん作成のオリジナル水引イヤリング(or ピアス)、ストラップ  《1,000円》
● かえるさん作成のオリジナルつまみ細工イヤリング or ピアス《1,000円》
● クラファン専用の羅希阿丸オリジナルラベルコーヒー(各100g)いずれか1つ 《3,000円》
● stand.fm配信者(羅希阿丸他、生前葬メンバー有志)による指名朗読15分以内 《3,000円》
● stand.fm配信者(羅希阿丸他、生前葬メンバー有志)によるオンライン相談 30分 《5,000円》
● オリジナルブレンド 羅希阿丸コーヒー(100g)×3種類詰め合わせ 《8,000円》
● 羅希阿丸セレクト忍者グッズ、手裏剣、小物セット(ブロマイド付き)《10,000円 》
● あなたの夢・やりたいことを全力応援!(エンディングノートナビゲーター®︎・夢実現応援団 あかさん担当) 60分 《10,000円 》
● 羅希阿丸と一緒に都内レストランでゴハンを食べて、散歩もする権利 120分 《20,000円 》
● あかさんと重光正向寺さんでリアル朝のお経一番ヤリ争奪戦(1泊2日お寺体験付き)の権利《20,000円 》
● 侍BAR岡ちゃん飲み放題チケット付き羅希阿丸と飲む権利 120分 《30,000円》
● 専門家と書くエンディングノート*超スパルタ!書き上げるための180分 《30,000円》
● 羅希阿丸さんの夢をとにかく応援したい!《50,000円》
● 現代忍者 羅希阿丸 & 侍 岡武蔵のオリジナル動画作成権(データお渡し)+オリジナル羅希阿丸ラベル日本酒1本。《100,000円》


ご支援頂いた資金の使い道

このプロジェクトは、期間内に目標金額を達成した場合に支援金を受けとることができる”All-or-Nothing 方式”にチャレンジいたします!

ド派手に生前葬!プロジェクトは0からのスタートです。全てが新しい試み、全てがチャレンジ。その一つ一つを大切に、まさしく「悔いなく生きる」を応援してくださる皆様と一緒に作り上げていきたいと考えております。

この度皆様からのご支援をいただき目標を達成すること。その一つ一つがプロジェクトの活動であり、12月18日にはその集大成として、インターネットを通して日本国内はもとより、海外からも応援してくださる皆様に現代忍者羅希阿丸から、そしてプロジェクトの仲間たちから、感謝の気持ちを伝えます。

ご支援いただきます支援金は、当日までの準備、忍者たちの交通費、オリジナル珈琲の開発費、インターネット配信にかかる設備や通信費などに活用させていただきます。

応援のほど、よろしくお願い申し上げます。


最後に


ド派手に生前葬!プロジェクト
特設サイトはこちら

↓↓↓

https://endingnote.or.jp/dohade


■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:特定非営利活動法人エンディングノート普及協会
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:赤川 直美
 ●事業者の住所/所在地:〒 729-3104 広島県福山市新市町宮内77
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致します。必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島・海外への発送等の場合は別途料金を頂戴する場合がございます。ご相談ください)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはなく支援がキャンセルされ返金されます。

  • 2021/10/31 08:03

    目標額の121% でチャレンジを終了させていただきました!おはようございます。多くの方にご支援、ご協力していただいた初挑戦のクラウドファンディングは、昨夜無事に終了させていただきました。目標121%達成&100人の方からご支援いただき、プロジェクトメンバー一同感謝でいっぱいです。ありがとうござ...

  • 2021/10/20 12:00

    目標を達成いたしました!ありがとうございます!この度のクラウドファンディングでは、実行委員会メンバーの予想をも上回る勢いでご支援を賜り感謝の気持ちでいっぱいです。9月28日にスタートしましたが、多くの方にご支援をいただきまして10月18日現在、73名の方から504,500円のご支援をいただき、...

  • 2021/10/08 17:46

    クラファンも早いものでスタートして2週間となりました!そろそろ折り返し地点。引き続き一人でも多くの方に活動を知っていただくようにお声掛けさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。※音声サンプルは下部にございますリターン「あなただけに声を届けたい!」こちらのリターンは、音声配信仲間が集...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください