【CAMPFIRE限定! しぼりたて生原酒 2021年12月蔵出し 本数限定500本!】


私達のページをご覧いただきありがとうございます。

この度の日本酒プロジェクトは、新潟県燕市を食を通じて盛り上げる団体「TSUBAME×ACTIONS」(ツバメクロスアクションズ)が企画し、日本酒を通じて地域を盛り上げる為の活動です。

新潟県燕市を少しでも感じていただき、我々の活動にご支援いただけたら幸いです。


※プロジェクトオーナーからのメッセージをご覧ください。


過去を紐解けば、水害で苦しむ多くの農民のために、領主が金属加工を広めたとされています。

農業と工業が共存する「ものづくりの町」を縁の下で支え続けてくれた飲食店さんが今、存続の危機にあります。

長引くコロナウイルスの影響で1/10はすでに廃業しており、今後もまだまだ油断できない状態は続いていきます。

配達に店舗に伺う度、店主の切ない顔を見ていると居たたまれなくなります。

経営者は孤独だと思います。

気持ちが折れてしまったところで、すべてが終わります。

だからこそ、まわりの人間が少しでも応援すること、言葉で、形にしていくことが大切だと考えています。



2022年、大河津分水路100周年に向け、町全体が賑わうようなものを造ろうと前々から計画をしていたものを、さらに進化させ「地元飲食店の一助」となるようなものへと変え、売り上げの一部を飲食店のためにと考えています!


納品業者(農家、酒屋、調理器具メーカー)が一丸となって、この苦境を乗り越えていけたらと切に願います。


今回は、市内500店舗ある中で、希望する店舗さんの、のぼりやポスターなどの支援をするための資金をお願いしようと思います。

そこで、特別なお酒をご用意しました! 






・最後の酒蔵がなくなって数十年。燕市らしいレギュラーの日本酒を作りたい!

・コロナで苦労している近所の飲食店の一助になりたい!

・燕市特産物もとまちきゅうりに合う日本酒を作りたい!

・大河津分水路100周年を祝うお酒を造りたい!

・農商工が一連托生で、1つのものを作りたい!

・とにもかくにも、燕市の日本酒をつくりたい!



農商工が連携し、今回のプロジェクトを進めていき、これを機会に燕市らしい酒造りを展開していこうと考えています。


↑↑↑
地元企業様にも応援頂いてます!



高畑株式会社(タカバタケCHAYA) 店長 高畑篤志
1887年「おきみ茶屋」として創業し、現在5代目。娘婿として入社し、10年。
オリジナルの日本酒を初めて手掛けます。


一笑百姓ひうら農場 代表 樋浦幸彦
鎌倉時代(約800年前)からこの地で百姓を生業とし、現在、27代目。お米と胡瓜の農家。
農業歴21年の農家が初の酒米造りに挑戦。


Bake A.  佐藤文
焼き菓子を得意とするパティシエ。 大の日本酒好き。味見と監修・日本酒を使ったお菓子担当。


日本酒ライター 泉田茜
日本酒が好き過ぎて、日本中を駆け回るライター。 味見と監修担当。


弥彦酒造株式会社 杜氏 大井源一郎
1838年創業の嘉永元年に初代が独自の酒造法「泉流醸造法」を確立。越後一宮に仕える御神酒蔵


老舗料亭 明治屋 代表 大橋和明 (日本酒に合う加工品を提供)


株式会社新越ワークス スリースノー事業部 営業課長 山後隼人 (酒器の提供)



大河津分水路は、江戸時代の1842年(天保13年)から調査に入り、1870年から工事開始。 

1896年(明治29年)7月22日、西蒲原郡横田村(現燕市横田)地内に於いて「横田切れ」と呼ばれる信濃川の破堤による空前の大水害が発生。

※「横田切れ」43,600棟が浸水。
(内、家屋流出は、25,000棟)


信濃川の流量を減らし、氾濫や堤防決壊を防ぐために、江戸時代から計画があった、1909年(明治42年)に本格的な工事が再開、1922年(大正11年)に通水、1931年(昭和6年)に稼働を開始。

約100年をかけて作った手掘りの河は、採掘した土砂は2,880万立方メートル、工事に携わった人はのべ1,000万人にも及んだそうです。 2022年、通水100周年を迎える分水路。 

造るに要した100年。通水して100年。 これからの100年を私達は考えていきます。

※大河津分水路 洗堰・可動堰


新潟、越後平野。

新しい潟と書くように、湿田が多く、河川が3年に1度、氾濫する地域だったと聞き及びます。

産業の主体が農業だった時代が長く(百姓の語源は、数多くいる人の意味もある)、水害と共に歩んできたこの地域に、革新を起こしたものが、「金属加工と、大河津分水路」。

江戸時代、この地域の米の収穫量は県内でも悪く、苦しむ農家のため領主が進めた和釘などの鉄加工業。 農業の傍らそういったものを生産することで生計を立ててきた歴史があり、敷地に工場を持つ農家も見受けられます。

※現在の燕市

そんな「米がとれない土地」を一気に前進させたのが、大河津分水路。 

水害から命を守り、良質田へと変えたこの大工事。

水稲と言われるように、水の中でも生きることができる稲だが、本来の姿は水辺植物であり、土を乾かすことで作業性も含め、良品質、多収穫に大きな効果があります。

この2つの事業が、今でも私達の生活に与えている影響は大きい。



※大河津分水路 洗堰


現在、酒米をつくる農家は数軒おり、燕市にも何点か日本酒はあります。

しかし、地元住人が常に飲んでいるものはなく、なにより非常に高額のものが多いのが現状です。

燕市5500ha農地があり、ほぼすべてが田んぼとして栽培されていますが、酒蔵がないこと、栽培が難しいことなど、酒米を育てる農家は1300軒中、2~3軒!

これだけの稲作地帯にも関わらず、日本酒文化が衰退していることは確かです。






「ハレの日(おめでたい日)も、 ケの日(日常の普通の日)も、 ケカレの日(元気が枯れた日)も、もの作りの町で働く皆さんに、ハレバレと楽しんでもらえるよう造った燕の純米酒です!」

※方言である「晴れとけや!」「はれとけいや!」などの晴れて欲しい!という意味と、どんな日も晴れやかな気持ちでいて欲しい!と願いを込めました。



1944年、新200号と菊水を交配し「交系290号」と名付けられた、新潟県でうまれた酒米「五百万石」を燕市と弥彦村を隔てる「西川」の傍で育てています。

「甘くも、辛くもなく調度良い加減」で、「燗でも冷でも常温でも飲めるもの」で、「ご家庭や飲食店で気軽に飲める<レギュラー酒>を目指したいと考えており、価格、味などすべてこれに順じたものにしたいと考えております。 


※地元異業種での会議風景。毎回、遅くまで話し合いは続きます。


味の選定には、2人の専門家に相談し、参考にした日本酒は、菅名岳「九」と「鶴の友」(新潟県を代表する銘柄)を参考にし、弥彦酒造の技術と、柔らかい天然水で仕上げていくこととなっています!


「若い人達にも日本酒の良さや、愉しみ方」を動画やオリジナルカクテルの開発などで共有しながら、コロナウィルスも終息し、各種イベントも盛況に終え、2021年末には今回のお酒と共に、大いに2022年の新年と100周年を迎えたい!

そんな希望に思えるようなプロジェクトでありたいと思っております。


※地元企業様との会議後の風景
また、気兼ねなく宴会ができる日を願っております。


今回は少しでも安く作るために、酒米も少し安く納品し、弥彦酒造さんも、純米酒の価格で、純米吟醸酒として醸造してくださるそうです。

卸し免許がないため、酒蔵から市内すべての酒屋、飲食店へ卸していただきますが、手数料なしでどんどん飲んで頂けるよう、進めていきます!




眼下に日本海と新潟平野を一望する越後の名峰、弥彦山。

その麓、越後一宮彌彦神社など、まさに自然と神の恩恵を授かった山麓「泉」の地に弥彦酒造はございます。


天保九年(1838年)創業。

嘉永元年に初代が独自の酒造法「泉流醸造法」を確立。

「〜その色淡、その味頸、耐久廃せざる〜」を特徴とした当時画期的な醸造法とされておりました。





以来、その醸造を修めるべく多くの蔵人が当蔵の門を叩きました。

長年にわたり多くの蔵人を育て、師事した門人は数百人にも及びます。

泉流の流儀を踏襲した多くの蔵人を杜氏として各地の蔵へ輩出したことから、『出世蔵』と称されておりました。


越後一宮に仕える御神酒蔵として、当蔵は日本酒を取り巻く環境が変わろうとも、流行に左右されず、永きにわたり丹精込めて泉のごとき酒造りを頑に護り続けております。



↓リンク先はコチラ

弥彦酒造 ホームページ


※5月 田植え初体験

※9月 稲刈り


・9月 クラウドファンディング開始

・10月 酒仕込み開始

・11月 12日クラウドファンディング受付終了

・12月 初旬に日本酒完成 (返礼品発送開始)

・12月 酒米の稲穂のスワッグ作り体験(19日午前中)


・2022年 

・1月 本格販売

・1月 市内飲食店キャンペーン実施

・2月 お披露目会開催

・4月~8月 大河津分水路通水100周年キャンペーン実施


■飲食店様への支援
(店内用ポスター・POP・のぼり旗・チラシ広告などの宣伝費として使用)

■CAMPFIRE手数料に使用




酒米:五百万石(燕市産:ひうら農場)精米歩合:60%(純米吟醸規格)


アルコール度数:17度(目標値)

飲み飽きしない燕市の日本酒を目指し開発・醸造!!

五百万石ならではの、コメの旨味を感じられ、スッキリとしたのど越しで、和洋中の食中酒として最適です。

パワースポットでもある弥彦山の水と燕市産五百万石が造り出す日本酒を是非お試しください。

↓リンク先はコチラ

一笑百姓 ひうら農場 ホームページ



新潟県燕市にある「料亭 明治屋」製造の新感覚食品です。

地元名産の「もとまちきゅうり」と「菌床しいたけ」をメイン食材に使用し、家庭の食卓に欠かせない商品です。

熱々の白米の上にのせて召し上がるもよし、お酒の共に召し上がるもよしの万能食品です。



すべて手作業で製造し、※添加物・保存料を一切思料していません。

※無添加の商品ですので、到着後はお早めにお召し上がりください。

〇燕市特産物の食材を使用。(①②使用)
①「もとまちきゅうり」(本町そ菜出荷組合)
②「菌床しいたけ」(しいたけ新六)

名 称:しょうゆ漬け (刻み)
原材料:きゅうり(新潟県燕市産)、こんぶ(国産)、乾しいたけ(新潟県燕市産)
    漬け原材料(しょうゆ(大豆・小麦を含む)、砂糖、昆布茶、赤とおがらし)
    /調味料(アミノ酸等)、酸味料、着色料(カラメル)
内容量:150g
保存方法:-18度以下で保存
     開封後は、なるべく早くお召し上がりください。
添加物表示:不使用
アレルギー表示:大豆、小麦
製造者:株式会社明治屋 新潟県燕市秋葉町4丁目9番60号

【栄養成分表示品150gあたり】
熱量:68kcal
たんぱく質:0.4g
脂質:13.3g
炭水化物:9.2g
食塩相当量:2.2g

↓リンク先はコチラ

明治屋 ホームページ



銅に錫でコーティングされた金属製の酒器。

表面には季節を感じる様々な柄を施し、およそ16℃以下の冷たい液体を入れると柄が色づく仕掛けの酒器です。

銅という金属は、熱をよく伝える金属素材であり、酒器を持ったときには、手や唇でひんやりとした冷たさを感じることができます。
表面にメッキされた錫という金属は、イオン効果が高く、水やお酒を浄化する効能を持っています。



そのため、古来より「錫の器に入れた水は腐らない」「お酒の雑味が抜けておいしくなる」などと言われてきた素材です。

日本酒は特に、雑味が抜けてまろやかな味わいになります。

表面の柄は冷たい温度に反応して色づく仕掛けになっています。

およそ16-17℃以下の冷たい液体を入れると、花はまるで咲き誇るように色づきます。

お酒を注いで、色づく変化を目で見て楽しみながらお酒を味わえる、新しい酒器です。

【材質】本体:銅 表面:錫メッキ
【容量】150ml


↓リンク先はコチラ

株式会社新越ワークス ホームページ


※早割り15%offのリターン品は100本限定となっております。























年末年始用のお飾りを「haretoke」に使用した稲穂(酒米:五百万石)で作成いたします。

※「haretoke」「昆布カッパ」は体験日の当日お渡しいたします。

※当日は、スワッグ作りの専門家の先生をお招きし丁寧にご指導しながらの作成になりますので、初心者の方でも気軽にご参加いただけます。

※店員は10名様です。

【詳細】(※変更点がございます。内容をご確認ください。当初の内容と違います。)
《日 時》令和3年12月19日(日曜日)10時から(約2時間程度)
《場 所》スノードロップ
     〒959-1207
     新潟県燕市三王渕1170-15
     電話:0256-93-6355
《定 員》10名
《講 師》スノードロップ 加藤 恵

※当日の交通費等は、お客様のご負担となります。ご了承ください。

【変更・修正点】
※リターン品支援画面の住所が間違っておりました。正:三王渕 誤:山王渕
※午前・午後の部を各5名づつとなります。ご支援後に、メールにてご希望の時間帯をお聞きする為、メールを送らせて頂きます。
※開催時間:10時から(約2時間) 5名
      14時から(約2時間) 5名


↓リンク先はコチラ

スノードロップ ホームページ




※ご支援いただいたリターン品の発送は、「佐川急便」にて大切にお届けさせていただきます。



※ロゴマーク




農⼯商が三位⼀体となって 新しい未来を作る世界に誇る⾷⽂化都市・燕へ。

2018年の4⽉から、熱い思いを持った農家と飲⾷店がタッグを組み、 「この地域を特産のきゅうりで盛り上げる、幸せにする!」を⽬標に、 イベントや飲⾷店を通して活動を展開してきた「もとまちきゅうり普及委員会」。

 数々の活動を通じて多くの出会いと気づきを得る中で、⼀番の気づきは「やっぱり僕らのいる燕は職⼈の町であり、しかも⾷の職⼈が⼤勢いる場所なんだ」ということ。

 

⾷材をつくる農家、道具を作る⼯業、それを使って調理する調理⼈。 その三者が⼀緒に⼿を組んだらどんな可能性が広がるのか。 

そんなことを表現できる街は、⽇本いや世界でもこの燕だけ。

 唯⼀無⼆の街を多くの⼈に表現し、発信していく事で⽂化にしていきたい。 

TSUBAME × ACTIONSは農業・⼯業・商業が心一つに 様々な活動を通じて燕の⾷⽂化の過去と現在をつなぎ、 新しい未来を築いていく団体です。

代表:森⼭史朗  


新潟県 プレミアムダイニング2019 @RORNO 集合写真


※新潟県 プレミアムダイニング2020 @燕市産業史料館 集合写真



「TSUBAME× ACTIONS」という名前には、燕市ならではの宝物が交わりあい、刺激し合い、発展を遂げる活動をするという思いが込められています。 

ACTIONSという⾔葉は、以下の単語の頭⽂字に由来しています。  

A…Agriculture(農業)
C…Cooking(料理)
T…Tradition(伝統)
I…Industry(⼯業)
O…Originality(独⾃性、創造⼒)
N…Navigation(案内)
 S…Sightseeing(観光)

これらの要素がクロス(cross)することで、燕だからできる、燕にしかできない⾷⽂化の表現が⽣まれ、新しい可能性が広がるよう私たちは取り組んでいきます。  


燕市 燕さくらマラソン大会にてドリンクの提供


 燕には代々受け継がれてきた【⽶】作りや農家同⼠が切磋琢磨し合いながら育てている【野菜】があります。

さらに⽇本の⾦属洋⾷器を黎明期から牽引し、国内外で⾼い評価を受け、ノーベル賞の晩餐会でも使われる【カトラリー】の⽣産技 術、多様な【調理器具】を卸す⼯場があります。

そしてそれぞれの産業が成熟してきた背景には、相互に関わりあう深い歴史があります。

農業と⼯業、それぞれが世界に誇るクオリティを有している。



私たち燕市⺠が当たり前だと思っている環境は、実は世界にも稀に⾒る資源の宝庫ではないか。しかも燕には、農業と⼯業をつなぐ若き料理⼈たちがいる。

 農⼯商それぞれの分野で⼀流の職⼈たちがいるからこそ、その真価を発信し、コラボレーションすることで新たな価値が⽣まれるのではないか。 それが地域の発展や誇りの醸成、エリア内外との新たな関係の構築につながる のではないか。

 TSUBAME×ACTIONSはそう考え、2019年7⽉に発⾜しました。 

ツバメクロスアクションズの想い


私たちを取り巻く社会は、少⼦⾼齢化社会です。

 この活動は、内側からの社会課題解決に向けた教育や⼈材育成、そしてこの町の 産業が継続していくことを⽬的として、各事業者が今できることを協⼒し合いながら推進していくことを決めました。 

調理器具やカトラリーなどのメーカーと農業が協⼒し、飲⾷店で⼀つの「⾷」という形に昇華することは、何よりも「燕らしさ」が感じられる表現であり、これ からの街の振興の⼀助になることを⽬指します。  

※学生応援企画の商品発送作業


<活動内容>

メイドイン燕の⾷材・調理器具のマッチング/商品PR/メニュー開発/イベン ト出店/世界平和

・燕の製品、農産物のマッチングやメニュー・加工品の開発を主軸
・PRやイベント出店など、観光(産業観光も含む)の促進
・食育や人材育成の取り組み

※燕市より依頼の新潟県外で生活している学生へ発送

<活動実績>

2018年:もとまちきゅうりハイボールとレモネードの開発、普及。
     燕市内事業体、商談会支援。
     市内外学生の市内案内。

2019年:燕市桜マラソンにて、ドリンク提供。
     アルビレック・レディースにて、ドリンク提供。
     燕市内事業体、製品開発支援。
     新潟県観光協会主催「プレミアム・ダイニング燕会場」の開催。
     市内外学生の市内案内。

2020年:県外学生へのコロナ対策支援。
     新潟県観光協会主催「プレミアム・ダイニング2020燕会場」の開催。

     ★飲食店支援に燕市工業会より2,750万の寄付金が燕市へ
      →飲食店マップ作製担当


     飲食店コラボオードブル企画・運営

※新潟県 プレミアムダイニング2020@燕市産業史料館 



※学生支援プロジェクト:燕市特産品もとまちきゅうり収穫体験


※学生が考案した収穫体験後の農家さんのハウスでバーベキュー。


※コロナ禍での飲食店応援企画(コラボオードブル)




100年以上燕市西燕地区にて商いをし、今現在は、地域密着の店舗を目指し営業をしています。

私は、燕市で生まれ育ち、36年間この地域で生活しています。結婚を機に酒屋へ婿に入りました。

10年目を迎える今年、地域への恩返し、家族への恩返しが今のテーマとして頭の中にずっとありました。


地域のお客様に「タカバタケCHAYA」「高畑 篤志」を知ってもらうため、御用聞き、店頭販売員、配達員として仕事をしてきました。

そして、地域の方々に支えられ今日に至ります。



燕市には酒蔵が無く、販売する商品(日本酒)と言えば、当然、他地域の酒をお客様に説明して販売してきました。

もし、地元の日本酒があれば、自信をもって市外、県外へ発信できるのではないかと、感じるようになっていきました。

しかし、当店だけでどうにか出来る話ではありません。

そんな中、燕市で酒米を造って日本酒を・・・という話が浮上し、話し合いが始まり、このプロジェクトは始動しました。

この日本酒を発信する事で、地域と連携し地域の魅力をたくさんの方々へお届けできるのではないかと思っています。

今までにない日本酒を地域の皆様と一緒に造り上げる事が、地元への恩返しに繋がると信じています。

クラウドファンディングにて支援して頂いた方々・地元の方々と盛大に乾杯できる日を楽しみに、これから先の明るい燕市を突っ走ってまいります。

是非、ご支援の程、よろしくお願い致します。

TSUBAME✖ACTIONS 副代表
燕日本酒プロジェクト リーダー
タカバタケCHAYA 店長
高畑篤志

↓リンク先はコチラ

タカバタケCHAYA ホームページ


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:高畑株式会社
  【酒類販売免許証番号】
    酒類小売業免許 巻間第125号
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:高畑 篤志
 ●事業者の住所/所在地:〒959-1281 新潟県燕市桜町371番地
 ●事業者の電話番号:Tel: 0256-62-3326
 ●送料:送料込み
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/10/26 12:00

    燕市の日本酒プロジェクトにご賛同・ご支援いただき誠にありがとうございます。今現在、70名もの方からご支援を頂きました。本当に感謝申し上げます。ご支援の方・ご支援をお考えの方へ、弥彦酒造様から「haretoke」の近況報告をお伝えいたします。①精米したお米(樋浦さんが丹精込めた五百万石)を洗米後...

  • 2021/10/21 13:41

    プロジェクト公開より約1ヶ月が経ちました。沢山のご支援、誠にありがとうございます。目標達成に向け、これからも頑張りますので、応援・お声がけ、何卒よろしくお願い致します。さて、この度、地元ラジオ局「FM-NIIGATA」の番組「Tsubame Pride 〜Chozen Academy〜」内にて...

  • 2021/10/10 09:00

    プロジェクト公開させていただいてから、二週間が経過し、沢山のご支援誠にありがとうございます。このプロジェクト公開を機に、応援のメッセージを多方面の方々から頂戴し、この不安と緊張の中、とても励みになってます。私自身、結婚を機に(婿養子と言う形で)「街の酒屋」での生活がスタートしました。沢山の失敗...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください