はじめまして
baramori です
  • 岐阜県 / 
初めてのプロジェクト

岐阜県飛騨市河合町で無農薬で栽培されている「食べるバラ」をきっかけに地域の活性化を目指しています。地元プラス関係人口、主婦、農家、会社役員など色々な職種のメンバーを巻き込みながら立ち上がった実行委員会です。
初企画のイベントがコロナで中止になったけど、このままでは終われない!自分のため子どもたちのため、100年先の地域のために、立ち上がったばかりの実行委員会で日々奮闘中。

【10/17追記】目標達成のお礼とネクストゴールに向けて

これまでにご支援くださった皆様、SNSなどで拡散してくださった皆様本当にありがとうございました。

おかげさまで、10月14日に目標の30万円を達成することができました。

皆様から頂いたメッセージに励まされています。本当にありがとうございます。

皆様の期待に応えられるよう、飛騨を盛り上げていきたいと思います。

さて、こちらのプロジェクトですが、ネクストゴール55万円を目指します!

皆様から頂いたご支援はリターン商品を提供してくださっているお店の利益につながります。

緊急事態宣言解除後も以前と比べ観光のお客様が減ってしまった飛騨市。このオンラインマルシェで各お店の応援よろしくお願いいたします。


はじめに・ご挨拶

 私達のプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。食べるバラと飛騨の森ウィーク実行委員会です。

私たちは、食べるバラと飛騨の森ウィークというイベントを企画していました。イベントに向け地元事業者さんに食べるバラの新商品を開発していただき販売を待つのみとなっていました。しかし、

それでも

と考え、出店予定だった店舗さんにお声掛けし、今回のオンラインマルシェを開催することにしました。


バラって食べられるんです!

まずは、写真をご覧ください。

バラのスープ 2020モニターツアーより 
写真提供 玖島ローズ

バラのアフタヌーンティー 2020モニターツアーより写真提供 玖島ローズバラのサラダ 2020モニターツアーより

写真提供 玖島ローズ

リラックスしたい時や美容に良いと言われるバラ。

飛騨市河合町では、20年ほど前から食べるバラが無農薬で栽培されています。

河合町の無農薬バラ農園
写真提供 玖島ローズ

「食べるバラ」は、無農薬で栽培されているから、食べることができます。

バラを無農薬で栽培することは難しいと言われています。

しかし、広葉樹の森から生まれるミネラルたっぷりの水、飛騨牛の堆肥を入れた豊かな土手入れをする人の力によりそれが可能となっています。

写真提供 玖島ローズ

バラをきっかけに飛騨にお越しいただき、飛騨の自然の素晴らしさを感じていただきたい。そんな思いでツアーとマルシェを組み合わせた「食べるバラと飛騨の森ウィーク」というイベントを企画していました。近隣の事業者さんには、食べるバラの商品開発をお願いし、バラがほのかに香る素晴らしい商品が完成し当日を待つのみとなっていました。

しかし、緊急事態宣言によりイベントは中止

近隣の事業者さんが試行錯誤して開発してくださった食べるバラの商品が行き場を無くしてしまいました。せっかくの商品をなんとかして多くのお客様に届けられないだろうか。ということで、今回のオンラインマルシェを企画しました。

バラ摘み体験 2020モニターツアー
写真提供 玖島ローズ

花の女王とも言われるバラ。見た目の美しさはもちろん魅惑的なその香りは世界中で愛されていますが、本物のバラの香りを知らない人も多いのではないでしょうか。

芳香剤のバラの香りが苦手な方は多いと聞きます。

写真提供 玖島ローズ

今回ご用意する商品は、バラの香料は一切使用せず全てバラ本来の香り

各お店で、ほどよく香る程度を試行錯誤してくださり、バラの香りが苦手な方にも食べやすい商品となっています。

リターンのご紹介
お名前掲載

ご支援をいただいた方のお名前を、当実行委委員会のSNSやホームページにて掲載いたします。
※掲載を希望されない場合はお手数ですが備考欄にご記入ください。

オンラインマルシェ限定セット

リターンには、出店予定だったお店の商品や農家さんを集めた限定コラボセットをご用意しました。


リターンに含まれる個々の商品をご紹介します
【ちょこっとバラの味噌煎餅】 井之廣製菓舗

3年熟成味噌とこだわりの国産原材料を使い、1枚1枚心を込めて手作りされた飛騨のみそ煎餅に、ちょこっとバラの花びら入り味噌煎餅が新登場!

職人さんが煎餅1枚1枚に手作業で、バラの押し花を蝶やバラの形に貼り付けているんです。ホワイトチョコにもバラが練り込んであり、口に入れるとほのかにバラが香ります。サクっと軽い食感で子供からお年寄りまでどなたでも美味しくいただけます。


【生パスタ フィットチーネ ローズ】 飛騨色〜HIDASYOKU〜 

岐阜県産小麦粉タマイズミに河合町の食べるバラを練り込んでほんのりバラが香る生パスタができました。のどごしがつるっとしていてもっちりとした食感です。バラの風味を味わってほしいので、食べ方はごくシンプルにセットでお届けするバラの塩やバターを添えてどうぞ。


【薔薇酢ドレッシング】 ゆぅわ〜くハウス オンライン販売はここだけ!

河合町の入浴施設ゆぅわ〜くハウスでしか買うことができない薔薇酢ドレッシング」です。地元で無農薬で栽培された食べるバラ活用のため、2005年に開発された商品です。

バラの香りはきつい芳香剤のイメージの人が多いですが、本当は癒される香り。多くの人に喜んでいただけるよう、バラがほのかに香る程度にしてあります。

このドレッシングは、ゆぅわ〜くはうす食堂スタッフが1本1本心をこめて手作り!さっぱりしているので、サラダだけでなく唐揚げなど揚げ物にもオススメです。遠くからわざわざ買いにくるファンもいる商品です。普段はゆぅわ〜くはうすでしか販売されていません!オンライン購入できるのは、ここだけです。

葛(くず)の花びらドレッシングもセットでお届けします。

健康に気をつかう方に人気となっている葛の花のドレッシングです。


【バラドリンク付きランチ券】 喫茶あん

飛騨古川で老若男女問わず愛されている、家族みんなが集う喫茶店「あん」。

店長の大久保朋美さんが作る日替わりランチはどれも絶品で、中でも1番人気は鉄板イタスパ

リターンの品として、みんなから愛されている鉄板イタスパバラドリンクのセットを作りました。

はじめての方も、常連さんも、今はついたての向こうでも、みんな笑顔でランチにしましょう!

いつものランチにバラドリンクを添えて。


【香るバラのしずく】【香るバラのラングドシャ】
【ローズキャンディー】【バラの塩】玖島ローズ

香るバラのしずく

香るバラのラングドシャ

今回のプロジェクトの発起人、食べるバラの専門店「玖島ローズ」から、約100枚分の花びらを使用した「香るバラのしずく」(シロップ)と「香るバラのラングドシャ」「ローズキャンディー」「バラの塩」をお届けします。

無農薬で栽培された食用バラを新鮮なうちに加工。パティシエがひとつひとつ丁寧に手作り。

鮮やかな赤いバラ色は、天然のローズポリフェノール!香料・着色料は一切使用していません。

香るバラのしずくは、5〜8倍希釈で炭酸割りやカクテルとして、アイスクリームやヨーグルトにそのままかけても彩り華やかで美味です。

本物のバラの香りで癒しのひと時に!


ここからは「森」

イベントでは、バラ商品だけでなく「飛騨の森の恵み」が産み出す商品も販売予定でした。

オンラインマルシェでも同様にリターンのお品に森商品をセットにします。

【葛入り野草茶】 かわい野草茶研究グループ

河合町の主婦がひとつひとつ手作業で採取し心をこめて作っている野草茶」です。クワ、オオバコ、クマザサ、ドクダミ、スギナなど飛騨の森からミネラルを吸い込んだ野草を、ひとつひとつ手作業で採取した体に優しいお茶です。

近年飛騨市で、お酒が好きな方におすすめ!と話題になっているクズの花・芽入り。毎日のお茶にすることで、飛騨の森の恵みを簡単に体に取り入れることができます。


【飛騨の森のグラノーラ 野草】【醤油めしの素】【酢めしの素】やまさち工房 

有機オーツ麦、スライスアーモンド、生ひまわりの種、大豆、飛騨産エゴマ、白胡麻、レーズンに粉末にした「野草茶」を加え、少量の米油で時間をかけて丁寧に焙煎しています。

野草・薬草の苦味は感じません。砂糖は一切使用せず、蜂蜜のみで味付けをした優しい甘みです。ほうじ茶、大麦は県内産の無農薬栽培のものを丁寧に焙じ、野草は飛騨河合の森の中で丁寧に手摘みで採取されたもの。すべて手作業により丁寧に作られています。

そんな自然の恵みである薬草たちの豊富なミネラルをふんだんに加えた飛騨の森のグラノーラ 野草」

健康のパートナーに、毎日の朝食にぜひ取り入れてください。

飛騨の山菜を簡単にお召しいただける酢めしの素」醤油めしの素」です。炊き立てのご飯2合(うす味なら3合)に対し「酢めしの素」「醤油めしの素」1パックを混ぜるだけ!

今回は、飛騨市河合町産のはさぼしコシヒカリ令和3年の新米とセットでお届けします! 山菜の香りで飛騨を森を感じてください!


【トマトジュース3種飲み比べ】 長尾農園×井関農園×寺田農園 

作り手が違えば土づくりが変わる。土づくりが変わればトマトの味が変わる。



「子供が笑顔になるようなトマトづくり」をテーマに日々取り組む寺田農園

自然の「おいしさ」を感じてもらえる野菜づくりを目指している井関農園

未来にこの自然環境を残せるよう、持続可能な農業に取り組んでいる長尾農園

畑は違えど「美味しいトマトをたくさんの人に食べてもらいたい!」という思いは同じ。

飛騨で活躍する3軒の農家のトマトジュースを飲み比べてみませんか?


【乾燥クロモジの枝100g】 河合っ子マルシェ 

子ども目線で貢献、再発見!

河合っ子マルシェは「河合に来て河合を好きになって」をテーマに商品の企画販売を学ぶ地元の小学生有志です。特産品である山中和紙(さんちゅうわし)や地元産の黒文字(くろもじ)の商品化に取り組んできました。

黒文字はとても良い香りがする木で、日本各地に自生しています。香りの良さなどから高級爪楊枝に利用されたり、昔は歯ブラシ代わりにも使われていたようです。

肌に良いと言われ、枝や葉を煎じた煎じ液をお風呂に入れて楽しめます。お茶として販売している事業者さんもいらっしゃいます。

オンラインマルシェでは黒文字の枝を使い方の説明書付きでお届けします。煎じた液をお風呂に入れるなどして爽やかな香りに癒されてください。


【ステッカー】【エコバッグ】←新登場! NOASOBIキャンプ場 

NOASOBIキャンプ場のステッカーとエコバッグ(新登場!)のセットです。ステッカーは直径10cm。屋外使用可能なのでキャンプギアに貼ったり、車に貼ったりして楽しんでください。

かわいスキー場に今年オープンしたばかりのNOASOBIキャンプ場。既に各種メディアに掲載され話題沸騰となっています。NOASOBIキャンプ場からは、満点の星空や雲海など絶景が見られますよ。

食べるバラと飛騨の森ウィークでは、特設NOASOBIコーナーで自然の楽しみ方や飛騨の野菜の美味しい食べ方などをPRしていただく予定でした。

キャンプ場の営業は10月末までとなりますが、来年度さらに面白くなるNOASOBIキャンプ場にご期待ください!

資金の使い道

皆様からいただいたご支援は、
●事業者さんにお支払いする商品代
●送料・梱包資材の支払い
●広告料などクラウドファンディング手数料
●今後の実行委員会の運営資金
として大切に使わせていただきます。

実施スケジュール

10月31日 応募終了
11月10日頃 リターン発送予定

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

思っているだけでは前に進まない。まずは行動を起こしてみようと始めた私たちバラモリ実行委員会です。

イベントは中止になってしまいましたが、

飛騨の食べるバラと森の魅力を日本中に届けたい!

何の実績もない私たちに協力して下さった事業者さんの商品を少しでも広めたい!

という願いで今回のオンラインマルシェに挑戦します。

コロナで不安な現在ですが、飛騨のバラと森の恵みをお召し上がりいただき、支援してくださる皆様が少しでも笑顔になれますように。

そして、来年度はバラの時期の飛騨にお越しいただき、食べるバラと飛騨の森ウィークをお楽しみいただけますようご支援よろしくお願いいたします。


■プロジェクトオーナー及びリターンの発送者

 食べるバラと飛騨の森ウィーク実行委員会
  実行委員長 谷口 陽信

■商品ごとの販売者

トマトジュース 井関農園

味噌煎餅各種 井之廣製菓舗

米 尾崎農園

乾燥黒文字 河合っ子マルシェ

野草茶 かわい野草茶研究グループ

バラドリンク付食事券 喫茶あん

バラのしずく、香るバラのラングドシャ、ローズキャンディー 玖島ローズ

トマトジュース 寺田農園

トマトジュース 長尾農園

ステッカー、エコバッグ NOASOBIキャンプ場

飛騨の森のグラノーラ 野草、醤油めしの素、酢めしの素 飛騨かわい やまさち工房

生パスタ フィットチーネ ローズ、飛騨食〜HISASYOKU~

バラ酢ドレッシング、葛の花びらドレッシング ゆぅわ〜くはうす

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●代表者:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/06/14 16:26

    「#食べるバラ」で日本をバラ色に!無農薬の食べるバラスイーツ&森を飛騨からお届けをご支援してくださった皆様昨年は、あたたかいご支援をいただき本当にありがとうございました。この度、念願の「バラモリ2022」をリアルで開催できることになりました。これは、皆様からのご支援や、温かい励ましメッセージの...

  • 2021/11/12 09:19

    おはようございます。食べるバラと飛騨の森ウィーク実行委員会です。ご支援いただいた皆様、お待たせいたしました。昨日(11月11日)にリターンの商品を発送いたしました。配送はヤマト運輸さんです。本日か明日あたり各ご家庭に順次届くと思います。食べるバラと飛騨の森商品で皆様の心が少しでも明るくなります...

  • 2021/11/05 19:26

    こんばんは。食べるバラと飛騨の森ウィーク実行委員会です。「#食べるバラ」で日本をバラ色に!無農薬の食べるバラスイーツ&森を飛騨からお届けは、目標金額を達成し10月31日に終了することができました。皆様のご支援とご協力に感謝申し上げます。75名の皆様から合計583,680円のご支援をいただきまし...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください