◆ はじめに(当団の自己紹介)

ご覧いただきありがとうございます。チャオズウインドアンサンブルと申します。当団は「しっかり練習、楽しく演奏」をモットーに、2015年に設立した一般吹奏楽団です。お客様を感動させる演奏を目指して、全調スケール、リズムトレーニング、基礎合奏に力を入れているのが特色です。

東京都練馬区を活動拠点とし、練馬区の委託事業として親子が音楽に親しめる演奏会の開催、区内介護施設での慰問演奏、地域のイベントでの演奏など、地域に根差した活動にも力を入れています。


◇ 常任指揮者 山﨑勇太

鹿児島県出身。
神村学園高等部音楽科を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。第10回大阪国際音楽コンクールSectionII(室内楽部門)にて金管5重奏で参加し、第3位受賞。同年12月に行われた東京芸術大学室内楽試験にて合格し、第33回芸大室内楽定期に金管5重奏で出演。第60回南日本音楽コンクールにて入選。
バイエルン放送交響楽団チューバ奏者Stefan Tischler氏、ニューヨーク・フィルハーモニック トロンボーン奏者Joseph Alessi氏(オーケストラスタディ)のマスタークラスを受講。
これまでにチューバを稲川榮一、久木田恵理子、佐藤和彦、室内楽を守山光三、秋山鴻市の各氏に師事。

作・編曲家としても活動しており、吹奏楽をはじめ室内楽曲などを手掛ける。
 金管五重奏のための“かえるのうた”変奏曲(2010)
 百鬼夜行(2018)
 HAMARAINYAによる唄と踊りfor Wind Orchestra (2019)
  作曲:気仙沼市世代に架ける橋
  編曲:山﨑勇太
  めぐろパーシモンホールで開催された東日本大震災復興支援コンサートにて初演

チャオズウインドアンサンブル指揮者、桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員。


◆ このプロジェクトで実現したいこと

2022年秋に定期演奏会を開催し、レベルの高い演奏で聞いてくださる皆さんを感動させたい! 

演奏会を開催すること自体に加え、演奏をレベルアップさせるための講習会などの費用、新たな楽器の購入、楽しんでいただくための演出等の工夫、多くの人に来ていただくための広報など、演奏技術および演奏会のレベル向上のため、取り組みたいことがたくさんあります。楽団として練習を重ねることに加えて、こうした費用がかかることも実現を諦めず、当団の演奏活動を拡充させていきたいと考えております。

このような演奏会を充実させるための取り組みをご支援いただきたく、本プロジェクトを立ち上げました。

(本プロジェクト概要動画です。当団による演奏と合わせてご覧ください。)


◆ プロジェクトを立ち上げようと思った理由

設立当初より基礎練習に力を入れ、社会人によるアマチュア楽団ながら、少しずつ着実に、演奏のレベルアップを図ってきました。徐々に成果が見えてくるようになり、難易度の高い楽曲にも挑戦しようと意気込んでいた頃に、新型コロナウイルス感染症が蔓延し、従来通りの演奏活動ができない状況となりました。
活動を休止した期間もありましたが、楽団内で協議を重ね、感染症対策を徹底した上で、許される範囲で演奏活動を再開することを決めました。ありがたいことに、なんとか練習場所の確保をはじめとする環境の整備もでき、一定の制限の中ではありますが、演奏活動を続けています。

日々の活動を維持することはでき、演奏活動を続けることができるのは大変ありがたいことです。当団としては、これに満足することなく、さらなる演奏技術の向上を含めた演奏会のレベルアップを目指しています。
日々の演奏活動に加えて、新しい楽器の購入、プロの演奏家を招いた講習、より凝った演出など、プラスアルファとして実現したいことは多々あるものの、現在の団員数、団員から集める団費を考慮すると費用の捻出が難しいという問題を抱えています。

幅広い人々に気軽に音楽を楽しんでいただくという観点から、演奏会の有料化はいたしません。しかし、これまで続けてきた努力を無駄にせずに積み重ね続け、質の高い音楽を皆様にお届けしたいという思いも強く持っています。

そこで、2022年秋に開催を予定している当団の第5回演奏会に向けて、より質の高い演奏・感動できる時間をお届けするための準備に必要な資金を、クラウドファンディングによるご支援で集められればと思い、本プロジェクトを立ち上げました。


◆ これまでの活動

当団は創立以来、自らの定期演奏会に加えて、地元である練馬区のイベントで演奏したり、地元の介護施設で慰問演奏を行ったりと、より多くの人々に音楽に触れていただく機会を作ってきました。2019年に練馬区の「ねりま遊遊スクール」という事業の一環として開催した親子向けの演奏会では、地域の子どもたちに生の演奏を楽しんでもらうことができました。

また、東日本大震災から10年となる今年3月、気仙沼市民のソウルフルダンスといわれる「はまらいんや踊り」の吹奏楽アレンジ版「HAMARAINYAによる唄と踊り for wind orchestra」を、編曲者の当団常任指揮者 山﨑勇太氏から演奏委託を受け、演奏・収録いたしました。

自ら演奏を披露する場を設け、演奏を楽しむことだけで満足せず、地元の皆様や聴いてくださるお客様の心を動かせるよう、これからも精進してまいります。


◇ これまでの軌跡

2015年12月 発足
2016年10月 練馬まつりにて演奏
2016年12月 慰問演奏を開始
2017年01月 区内中学校との合同練習開催
2017年10月 第1回定期演奏会開催
2018年03月 区内中学校との合同演奏
2018年04月 区内中学校との合同演奏(藤の花ファミリーコンサート)
2018年09月 第2回定期演奏会
2018年10月 区内開催イベント「練馬をキラッと!」に出演
2019年03月 「チェリーブロッサムフェスタ」に出演
2019年05月 「照姫まつり」に出演
2019年06月 「ウインドアンサンブルライブ」に出演
2019年10月 第3回定期演奏会
2019年12月 練馬区「ねりま遊遊スクール」 委託事業により親子向けコンサート開催
2021年03月 練馬文化センターにて、演奏収録


◆ 資金の使い道

いただいた資金は、2022年定期演奏会において、演奏のレベルや当日の演出をより良いものにするために活用いたします。
--------------------------------------------
《本プロジェクトにおける資金の使い道》
◇ プロの演奏家による講習会の開催
  →楽器別に講師(プロの演奏家)を招き、演奏指導の場を設ける想定です(約10万円~)
   場所代・講習料を含む費用は参加者負担と今回の支援金の合算を想定しています
◇ 新たな楽器の購入
  →特に音色の良い打楽器等の購入を想定しております(約9,000円~)
◇ 演奏会当日を盛り上げるための演出費用 
  →ご支援規模に応じて当日の演出要素を追加したいと考えております(1,600円~)
--------------------------------------------
※集まった資金の規模に応じて、上記の中から実施してまいります。上記達成後、もしも資金的に余裕が出た場合には、上記のさらなる拡充(講習会の複数回開催、楽器の追加購入等)を行うほか、演奏会を広くたくさんの人に知っていただくための広報費用に充てさせていただきます。

※いただいたご支援に対して、このプロジェクトを掲載するCAMPFIREに対して手数料の支払いがあります。手数料およびリターンの送付等にかかる必要経費を除いた金額を上記の使途に充てます。

なお通常、演奏会には以下のような費用がかかり、主に楽団員からの演奏会費徴収により賄っています。
--------------------------------------------
《ご参考:実績に基づく演奏会実施の基本費用》
□ 会場(ホール)利用料 約15万円
□ 照明・演出・音響 約6万円
□ スタッフ・エキストラ奏者依頼費用等 約30万円
□ 広報・配布物 約8万円
□ 楽器レンタル・著作権料他 約9万円
(総額約68万円)
--------------------------------------------
※日々の練習にかかる講師費用、楽譜費用、会場利用費等は、上記の演奏会費とは別に団費(楽団員から毎月集金)から捻出しております。

このような日々の活動や定期演奏会を実現することに係る費用は、従来同様に団費から捻出いたします。今回集める資金は、より充実した演奏をお届けするために活用する予定です。

★演奏会は下記を予定しております。
チャオズウインドアンサンブル 第5回定期演奏会
2022年9月19日(月・祝)※時間帯未定(午後予定)
練馬文化センター 大ホール
入場無料(会場までの移動等にかかる費用はご来場者様のご負担となります)
※詳細が定まりましたら、当団公式サイト(https://chaoz.jp/ )にてご案内いたします。


◆ リターンについて

ご支援のお礼として、ささやかながら以下のリターンを用意しております。

◇ お礼のお手紙(500円以上のご支援)
◇ 第5回定期演奏会クラウドファンディング限定特別席の確保(1,000円以上のご支援)
◇ 当団Webサイトにおける広告掲載(3,000円以上のご支援)
◇ 第5回定期演奏会プログラムにおける広告掲載(3,000円以上のご支援)
◇ 当団Webサイト広告掲載&演奏会プログラム広告掲載(5,000円以上のご支援)

詳しくはリターン紹介欄をご覧ください。

また、500円以上ご支援くださったかたのうち、ご希望のかたには第5回定期演奏会で配布するプログラムへお名前を掲載させていただきます。お申し込み時にご希望の有無をお選びください。


◆ 実施スケジュール

2021年9月中旬~12月中旬 クラウドファンディングによご支援の募集
2021年10月 演奏会実行委員の組織、曲目の選定開始、基礎練習および一部楽曲練習の開始
2021年12月初旬 演奏会曲目の決定、楽曲練習
2022年1月~5月 プロの演奏家による楽器別講習会の開催、基礎力向上期間
2022年6~8月 楽曲と向き合い音楽力を向上させる期間
2022年7~9月 演奏会に向けた細部の練習、仕上げ期間
2022年9月19日 演奏会本番


◆ 最後に

多くの人の心を掴めるような演奏会を目指し、日々努力を重ねています。
新型コロナウイルス感染症の影響に負けず、皆さんに音楽の楽しさと元気をお届けできるよう、少しでもご協力を賜れますと幸いです。
ご支援のぶん以上にレベルアップし、感動をお届けします。


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
●販売事業者名:チャオズウインドアンサンブル
●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください
●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください
●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください
●送料:送料込み
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/11/29 23:34

    こんにちは、チャオズウインドアンサンブルです!「もっとたくさんの地域の皆様や聴いてくださるお客様に、さらに上質な音楽・時間を届けたい!」そんな思いから始まったこのクラウドファンディングですが、募集終了まで残り20日となりました!!皆様のおかげで目標金額を突破致しましたが、少額からでも「多くの皆...

  • 2021/11/07 14:50

    こんにちは、チャオズウインドアンサンブルです!ついに、第5回定期演奏会に向けた選曲会議(1回目)が開催されました!指揮者である山﨑勇太先生を交えて約4時間30分に亘る熱い議論を重ねた結果、とうとうメイン2曲が決定しました!トップの写真は選曲会議の様子です。皆さんお疲れモードですね・・・決定した...

  • 2021/10/09 19:07

    こんにちは、チャオズウインドアンサンブルです。10月5日(火)より公開を開始したこのプロジェクトですが、10月8日(金)に《目標額100%を突破》しました!皆様からの応援に、心より感謝を申し上げます。当団は様々な職業のメンバによって構成された一般吹奏楽団ですが、妥協することなく「しっかり練習」...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください