新交通安全創造力の時代到来。「交通安全は変われるのか?!」と問う

プロジェクト本文


SMART DRIVER FORUM開催への想い

 

----------取り締まる、一方的に呼びかけるような従来の交通安全から、ドライバー一人ひとりの思いやりの力を増やすことで交通事故を減らす。悪い運転を叱るのではなく良い運転を褒める。という市民主体型の交通安全として2007年に放送作家・脚本家の小山薫堂を発起人に発足したのが「スマートドライバープロジェクト」です。

今でも数を増やし続けている、ご当地版スマートドライバーが37団体以上。多数の企業とのコラボレーションなど国内外と広がりが生まれました。

昨今は、道路もモビリティもサービスも多様化。
例えば、政府の「規制改⾰推進会議 」では “ライドシェア”について議論が解禁し揺れる旅客業界。

保険業界では、⾃動運転技術の進歩に伴い新たな“もしも”の可能性を先んじて「⾃動運転保険」の販売も開始。

世界では乗り捨て型のシェア⾃転⾞の普及、
⾃転⾞専⽤レーンが誕⽣するなど交通に改⾰が起きています!

そう、今はまさに未来の世界になる一歩手前。
新交通安全創造力の時代」なのです!

多様化する道路やモビリティに対し、
交通安全もより一層寛容さが求められる時代です。
ここで今⼀度、私たちは考えなければなりません。

交通安全は変われるのか? と。

この「新交通安全創造⼒の時代」を肌で感じられ、
⼀緒に考える仲間が集える場所が求められている!!
そんな想いで「SMART DRIVER FORUM」開催を決意しました。

 ソーシャル、テクノロジー、サービス、ミチ・マチ、行政まで国内外から最前線をゆくプレイヤーが多数集結します!

⾞・⾃転⾞・バイク・プロドライバー・歩行者どの⽴場の⼈も、

今を⽣きる⼀⼈としてご参加ください!

開催概要

イベント名:SMART DRIVER FORUM(スマートドライバーフォーラム)
日時: 2018年3月1日(木)13:00~16:00頃予定
場所: 虎ノ門ヒルズフォーラム/ホールB
    (東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階)
主催: NPO法人日本スマートドライバー機構
共催: 首都高速道路株式会社
出演: 小山薫堂、タッカー・リード、家入一真、石川善樹、森口将之、
中島宏、森山誠二、長谷川哲男、片山英資、泉山塁威

最新情報は随時ホームページまたは公式SNS等で発表いたします。

■出演者紹介

小山薫堂(スマートドライバー発起人/放送作家・脚本家)

1964年6月23日熊本県天草市生まれ。「料理の鉄人」「カノッサの屈辱」等斬新なテレビ番組を数多く企画。初脚本となる映画「おくりびと」では第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語英語部門賞獲得をはじめ、国内外で高い評価を受けた。執筆活動の他、下鴨茶寮主人、京都造形大学副学長を務める。くまモンの生みの親でもある。

 

・タッカー・リード(都市開発計画家/TOTEM代表/元ダウンタウンブルックリンパートナーズ代表)

B.A.ウェスリアン大学とM.S.ニューヨーク大学の不動産開発でニューヨーク不動産と都市でCommercial Observerの100人の最も強力な人物と40歳未満の40人を含む数々の賞を受賞。彼はBrooklyn Queens Connectorの共同設立者であり、現在Brooklyn Bridge Park and Coro New Yorkリーダーシップセンター、ニューヨーク大学の副教授を務める。

 

・家入一真(株式会社CAMPFIRE代表取締役)

1978年生まれ、福岡県出身。株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ)を福岡で創業し、「ロリポップ」「カラーミーショップ」「ブクログ」「minne」などを創る。2008年にJASDAQ市場へ上場。退任後、クラウドファンディング「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIREを創業、代表取締役に就任。他にも「BASE」「PAY.JP」を運営するBASE株式会社、数十社のスタートアップ投資・育成を行う株式会社partyfactory、スタートアップの再生を行う株式会社XIMERAなどの創業、現代の駆け込み寺シェアハウス「リバ邸」の全国展開なども。インターネットが趣味であり居場所で、Twitterのフォロワーは15万人を超える。

 

・石川善樹(予防医学研究者)

1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。「人がよりよく生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。 専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。

 

・森口将之(モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト)

1962年東京生まれ。移動や都市という視点から自動車や公共交通を取材し雑誌・インターネット・テレビ・ラジオなどで活動。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。著書に『これから始まる自動運転 社会はどうなる!?』など。

・中島 宏(DeNAオートモーティブ事業本部 本部長)

大学卒業後、経営コンサルティング会社へ入社。2004年12月DeNAへ入社。外部企業のIT戦略立案を担当後、広告営業部署のグループリーダーを経て、新規事業の統括を担当する社長室室長に就任。2009年4月執行役員に就任し、新規事業推進室長、HR本部長、マルチリージョンゲーム事業本部長を歴任。2015年6月よりオートモーティブ事業本部の本部長に就任し、DeNAのオートモーティブ事業全体を統括する。

・長谷川 哲男(日産自動車(株)グローバル技術渉外部)

市民の力で夕方の事故を減らすソーシャルデザインプロジェクトは如何に持続されてきたのか。知られざる背景とその可能性を語る。

・片山英資(ツタワルドボク代表 / 福岡スマ―ドドライバー代表)

スマートドライバーに出会って人生が変わった男は土木エンジニアだった。自ら動き関心を集め渦巻きを作り出す。その愛と情熱はどこから来るのか。

 

・森山誠二(国土交通省 道路局  環境安全課長)

1962年、岡山県生まれ。東京大学工学部卒業、国土交通省入省。
福岡国道事務所長、静岡県副知事などを経て、現職。
このほか、交通計画、ITS、消費者行政などにも従事。

・泉山塁威(タクティカル・アーバニスト、都市戦術家)

社会に開かれた新しい公共空間活用マネジメントの研究者。タクティカルアーバニズムなど、実践的かつローコストで迅速な都市改善手法に精通。主催するWEBマガジン「ソトノバ」を通じて次世代の公共空間活用情報を発信し続ける。

■プログラム

オープニングトーク:「スマートドライバーの11年。そしてこれから」/小山薫堂、山名清隆
キーノート:「都市に大きな物語を描く方法/ブルックリンを変えた男 」/タッカー・リード

他、プレゼンテーション、ディスカッション等のステージ、展示を開催予定

■プロジェクトメンバー
山名 清隆、真田 武幸、萩尾 友樹、藤澤 陽、小山 優

チケット(リターン)の説明

1.【SMART DRIVER FORUM 通常チケット】

・実行委員会 サンクスレター
・参加チケット 大人 1枚
・当日の開催レポート プレゼント
・イベント公式サイト お名前掲載

2.【SMART DRIVER FORUM ペアチケット】

・実行委員会 サンクスレター
・参加チケット 大人 2枚
・当日の開催レポート プレゼント
・イベント公式サイト お名前掲載

▼ 支援の前に必ずお読みください

・本プロジェクトを支援する為にはCAMPFIREへのアカウント登録が必要となります。
アカウント登録方法及び支援方法は下記のURLからご確認いただけます。

「支援・応援のやり方がわからない!」という人向けの申し込み手順を徹底解説 - CAMPFIRE MAGAZINE
https://mag.camp-fire.jp/17529/

・全てのコースは税込、送料込みの価格です。
・CAMPFIREの仕様上、複数コースのご購入が可能です。
 ただし同時決済はできませんので、個別のコースを都度お申し込み下さい。
・お申し込み後のコース変更は出来ません。
・他の方へのリターンの商品や権利の譲渡はできません。あらかじめご了承の上ご支援ください。
・プロジェクトに関するご連絡はCAMPFIRE内のメッセージにてプロジェクトオーナーより送付されます。支援後はなるべくメールのチェックをお願いいたします。

▼ よくある質問

Q1:プロジェクトに支援する際の支払い方法を教えてください。
→クレジットカード払い(VISA/MASTER)、コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)、銀行振込をご利用いただけます。

Q2:間違って支援した場合はどうなりますか?
→恐れ入りますが、選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。

Q3:リターン送付先の住所変更はどのようにしたら良いでしょうか。
→本ページ右上にございますユーザー様マイページ内の「支援したプロジェクト」にて「お届け先」→「確認する」より変更可能です。プロジェクト終了後の住所変更は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用のうえ、ご変更前と、ご変更後の住所を添えてご連絡ください。

Q4:リターンが届かない場合はどうしたらいいですか?
→ 住所変更、住所間違い、返信がない場合などはCAMPFIREへご登録いただいたメールアドレスへご連絡いたします。一定期間ご返信がない場合、製品をお届けできない場合があります。

Q5:海外からの支援は可能ですか?
→ 当プロジェクトのリターンの発送は日本国内にお住まいの方のみに限らせていただきます。
プロジェクト終了後にCAMPFIREへ登録したメールアドレス宛てにご連絡いたしますので、確認の取れるメールアドレスをご入力ください。

ジャパンスマートドライバーとは

「思いやりを増やす。交通事故を減らす。」をスローガンに
2007年から発起人 小山薫堂のもと活動を続けてきた
市民主体型交通安全プロジェクト“TOKYO SMART DRIVER”

発足から早11年。日々変化する交通社会の中で
交通安全の“概念”も進化を求められている。
「技術の進歩」や「規制緩和」だけでは
これからの市民主体型交通安全は保てない。

やはりカギとなるのは、スマートドライバーが
11年間叫び続けてきた「ヒト」の思いやりの力。

これからは“JAPAN SMART DRIVER”として、
これまで以上に軽やかに領域を超え、
ミチ・マチ・クルマ・ITの業界を繋ぎ、
市民主体の交通安全&交通価値プラットホームを目指します。

NPO法人日本スマートドライバー機構
2017年7月設立

️ JAPAN SMART DRIVER 公式ページ
https://www.smartdriver.jp/

JAPAN SMART DRIVER Facebookページ

https://www.facebook.com/japansmartdriver/

JAPAN SMART DRIVER Twitterアカウント

https://twitter.com/_smartdriver

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください