1. はじめに!

2. 今回のプロジェクトは、茨城県笠間市!

3. アートカフェを作り、発信地にしたい!

4. 最後に!

日本建築アート協会の小島充則です。

第1回目の挑戦として、オブジェを作るプロジェクトは、皆様のおかげで無事に達成され、多くの方に喜ばれ、町長さんはじめ、町に寄贈することが出来ました。

ありがとうございました。
(大樹町HP) (十勝毎日新聞)(北海道新聞)

今回は、茨城県笠間市という町で、僕や、僕の周りのアーティストさんたちを巻き込んで、町おこしに貢献していきたいと思います。

笠間市は、人口7万人の都市で、古くから、笠間焼きという陶芸が有名で、街中にはギャラリーや、美術館も多くあり、芸術の街」として知られています。

僕が最初にここを訪れたのは、小麦の奴隷というパン屋さんがきっかけでした。
「宇宙から落ちてきた」をテーマに、名物のザックザクカレーパンをモルタル造形で作りました。

(右から、笠間市長 山口 伸樹 さん、小麦の奴隷の姫さま、オーナー村田さん)


お店の目の前に、大きな空き店舗があり、ここでもなにか面白いことができそうだねと話していたのが、この企画の始まりです。


この広い空き店舗は、小麦の奴隷の焼きたてパンを美味しいコーヒーと一緒にゆっくり味わってほしいというオーナーの意向からカフェを作ることになりました!

せっかく笠間に作るなら、【アート】で

かつ、ただのカフェでなく、

様々な情報を発信でき、

面白い人や、地元の人を惹きつける

新しいコミュニティの機能も持ち合わせたカフェにしよう!!!と決まりました。

また、笠間市では、芸術家の創業や移住促進に向けた支援制度を作り、芸術を軸にした街づくりしてきました。

このカフェ作りも、出来上がるまでの過程をSNSを通して、多くの人に知ってもらい、笠間に興味を持つきっかけになったり、アーティストさんたちが「自分の作品を飾りたい」「ギャラリーを開きたい」と、活躍できる場として、来る理由になってくれたら嬉しいです。

笠間が、これからもアートの街として、発展していくために、このカフェを中心に若手芸術家ブームを作っていき、貢献していきたいと思っています。

資金の使い道・実施スケジュール

応援してくださった支援金は、工事費やアーティストさんのアート活動(作品)に使わせていただきます。
プロジェクト実施スケジュールは、
10月より、企画・工事が進行中。
11月ごろ、外装の完成予定。
12月中旬ごろに完成、下旬にオープンを目指しています!

日々の空間が、 もっと、わくわくする。

日々の生活が、 もっと、きらきらする。

アート・造形・映像【その他みんなの分野】の技術で

沢山の『笑顔』を笠間市から広めていきます。

そして、このカフェの役割として、
笠間市の市民活動団体、社会福祉協議会の
情報も共有し、新たな地元コミュニティーや
民間のボランティアサロンを目指していこうと考えています!!


応援よろしくお願いします!!


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名: 小島充則
 ● 事業者の住所/所在地
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の電話番号
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください