はじめに・ご挨拶

初めまして。埼玉県日高市「うれしいもの屋」です。
オーガニックショップ&カフェを営んでもうすぐ5年。
代表の幸子(さっちゃん)とカフェスタッフの友恵の2人でお店を運営している小さな個人店です。

左 幸子(さっちゃん)  右 友恵(ともえ)

なんとか続いてきたお店ですが、経営危機を乗り越えこの先も長く愛され続いて行けるお店にするため、より沢山の方や遠くにお住まいの方にも利用してもらいたい!

自慢の自社商品を作りたい!届けたい!

そんな想いがあり、この度クラウドファンディングを立ち上げることになりました。
まずは、うれしいもの屋のことを沢山の方に知って欲しい!

どうぞ最後までお付き合いください。


『うれしいもの屋』って?

埼玉県日高市、都内から電車で1時間ほど。
東京から一番近い田舎とも言われるこの土地にうれしいもの屋はあります。
大きな県道から一本入った場所、シンボルツリーの楓が入り口でお迎えしてくれます。

お店の外観 八角形になっています

お店に並ぶものは代表のさっちゃんとスタッフ友恵が選りすぐったうれしいものたち。

だからお店の名前は『うれしいもの屋』なんです。

オーガニックの商品を中心に、調味料などの食材、ハーブティー、旬の野菜に果物、お豆腐、ソーセージ、生活雑貨、コスメ、絵本、ジュエリー、革小物、羊毛フェルト、器などの作家作品と商品は幅広い。

店舗だけでなくオンラインショップでも販売をしています。

毎週決まった曜日にお野菜・お豆腐の入荷があり、その日に合わせてお買い物にいらっしゃる方も。

店内の様子

旬の無農薬野菜が毎週届きます

カフェも併設していて、お食事、スイーツ、ドリンクを楽しめる空間があります。

メニューにはハンバーガー、ビーガンモバーガー、お豆たっぷり季節のお野菜カレーや、おにぎり、お味噌汁など大人も子供も食べられて、そしてお肉のものとお肉類を使わないビーガンのものなど多様です。

近隣の薪窯天然酵母パンのお店のバーガーパンを使ったりと、地域のお店とも関わり合いながら、無添加の食材と美味しいことにこだわった食事を提供しています。

お豆たっぷり季節のお野菜カレー ゴーバルのハンバーグを添えて

スイーツは全て植物性原材料で作るビーガン仕様。身体に優しく美味しいのが特徴。

シンプルであるが故の味わい深さも魅力なんです。

人気No.1スイーツ「アップルパイ」

ドリンクメニューの中で美味しい!と最も評判が高いのが『チャイ』

「チャイ専門店のものより美味しいよ!!」「お店に来るとどうしてもチャイが飲みたくなる!」「美味しいから家でも飲みたい!!」そんなうれしい声をいただいています。

今回のクラウドファンディングの一つのきっかけになったのがこの飲み物の元となる

『チャイシロップ』

現在は一から手作りしていますが、お店に来られない遠くの方にも届けられるといいな・・・そんな想いがありました。

これを実現させるにはどうしたら・・・?

このお話は、もう少し先ですることにします。


月一開催の『うれしいもの屋GoGoマルシェ』

コロナ禍により人が集まるイベントが軒並み中止になる中、2021年3月から毎月第一日曜日にマルシェを開催しています。

毎月10店舗ほどの出店者さんを集めてのマルシェは、続けていることで少しづつお客さんが増え、回数を重ねることで活気のあるものになって行きました。

マルシェは駐車場も使います


オープニングには、私たちのウクレレユニット「バナナ星☆」の演奏や


「森の踊り衆」による太鼓の演奏や伝統芸能の踊りなど、とても貴重で迫力のある演舞を間近で見られるのは他にはないマルシェの醍醐味でもあります。

岩手県岩泉町の伝統芸能「中野七頭舞」

左から二番目がさっちゃん

順調に毎月開催してきたマルシェでしたが、9月だけは中止してしまいました。日高市、隣の市にコロナ感染者が急増し、近くに学校もあるため、悩みましたが開催を見合わせました。

マルシェでの宣伝、収入面も頼っていた部分もあったので、先のことを考えるとこれだけに頼るわけにはいかないな、と改めてお店の運営について考える必要に迫られました。


もう一つの始まり『習い事カフェ』

その道のスペシャリストを講師に『習い事カフェ』を2021年4月から始めました。

現在では定期講座が月に6講座、不定期講座が約4講座と楽しい講座が週に1回以上は開かれています。

ウクレレカフェの様子

どの講座も少人数制ではありますが人とのコミュニケーションの機会が失われている最中で、逆にコミュニケーションの機会を求めていらっしゃる方が多く存在することに気づきました。

また講師側も同じく、人との触れ合いの大切さを感じて、作品作りの励みになったり楽しみを共有できる喜びもありました。

羊毛フェルトカフェ

私たちにとって大切な場所に、大切な時間が生まれたことを実感し、改めてお店を続けて行きたいと強く思いました。

お店を続けていきたい理由はここ。

安心して安らげる場所を作りたい。


『人と人とが安心して繋がれるこの場所をこの先も提供し続けたいし、私たちもそこにいたい』


何か手を打たなければ!とにかくお店を軌道に乗せないと!!

実際は危機感と焦りの日々です。


店事情が急変!

ここまで読んでいただいて、「あれ?なんか盛り上がってるんじゃないの?お店の売り上げあるんじゃないの?順調なんじゃないの?」そんな風に思われたかも知れません。

OPENからもう少しで5周年のうれしいもの屋ですが、ここまで来るには紆余曲折ありました。

もともとは夫婦で始めたお店でしたが、価値観の違いや生きる方向性の違いから一緒に生活することができなくなってしまい、2年半前から別居。

私幸子がお店の代表者に急遽変わったのが2019年6月。

そこからずっともがきながら、試行錯誤しながらの営業。


日本一美味しい満月チップスとはトントン拍子に仕入れが決まりました

オーガニックショップは仕入れの商品が中心で、それだけでは利益は平均3割いかないくらい。

様々な種類の商品を常に揃えて置きたい、お客様のご要望に沿った仕入れをしたいのだけど仕入れる資金が足りない。

カフェもしているけれど、シンプルな良い材料は原価がかかりすぎる、手間隙をかけても利益を上げて行くのは非常に困難でした。


自分が代表になることで、知っていた様で見えなかった経済事情に直面することに。。

いっぱいいっぱい悩みつつ、「もう無理なんじゃないか、やめた方がいいんじゃないか。」

と、弱気になる瞬間が何度も訪れました。


でも、いつも考えることは食べて使って嬉しくなるもの、人との繋がり、心地よい暮らしを大切にしたいという想い、


何よりも自分自身の身体や心が救われ、元気に暮らせるようになった商品たちを扱っている』

だから他に同じくして悩んでいる方たちにも何かの役に立つのではないか、

一生懸命作っている生産者さんやお取引先の方達の生活も守りたい、そんな想いもあり、踏ん張ってここまでやってきました。


無農薬のお野菜を作っているひとつぶ農園さん


お店存続の危機!店舗兼住宅の売却案浮上・・・?

私幸子の事情ですが、現在離婚裁判中にあります。

様々難航していて、なんとなんと店舗兼住宅の売却案が提案されてしまいました。

うれしいもの屋存続危機!!!


これは嘘であって欲しいと願うばかりだが、今はとにかくお店をどう守り、売却されずに安心して存続できるか。

やれることはやろう!やるしかない!

どこまで効力があるかわからないが、5月に「うれしいもの屋応援隊」としてお客様や、お取引先様などにお願いしたところ、

3日間で145名の署名と愛のあるメッセージが集まり、弁護士さんに提出しました。

この皆様のメッセージには私たちが勇気づけられることばかり。涙が出ました。


『やっぱりお店を続けたい!』



<うれしいもの屋に関わってくださる方々からの熱いメッセージ その1>

【カラフルオーガニック代表 山本由紀さん】

うれしいもの屋さんは、カラフルオーガニックにとって大切なお取引先です。
カラフルオーガニックのメイクアイテムをお取り扱いいただいていますが、商品を大切に、愛着を持って取り扱ってくださること、お客様との心の通ったコミュニケーション。
固定観念にとらわれず、柔軟にたくさんのチャレンジをされていること。
今後も末永くお付合いしていきたい、そんな魅力に溢れるうれしいもの屋さんです。これからの時代、人々の買い物の仕方はどんどん変わってくると思います。
どんな想いで作られたものか、どんな人、お店が作ったものか、どんな人が販売しているものか、その想いや人やお店に共感できるかどうか。そんな風に、人々の意識がどんどんシフトしてくるでしょう。
今は時代の転換期。共感してくださる多くのお客様が集い、お客様からも、仕入れ先、取引先からも愛されるうれしいもの屋さん、これからどんどん発展していかれることでしょう。
そんなうれしいもの屋さんを、これからもぜひ応援していきたいと思っています。
https://colorfulorganic.stores.jp/


【陶芸家 勝村顕飛さん】

幸子さんに出会ったのは自由の森学園時代、当時いきいきと活動していたその姿は周囲を明るく照らしていました。現在、進む道は違えど、人生が豊かになれるような活動するという事は私と変わりません。そんなうれしいもの屋さんで器を常設させてもらっている事は私にとってもうれしいのです。
うれしさを広めながら、人を照らしながら、その場所は皆をつなげる居場所としてそこにあるのです。
https://youtu.be/WnusYeoyn-g


 【ひとつぶ農園 大川健一さん ひとみさん】

私たち有機栽培を営んでいる農家にとって、うれしいもの屋さんは、数少ない出荷先として、経営を支えて頂いている大切な存在です。
また、田舎暮らしでは入手困難な、良質な商品を手にする事ができる、貴重なお店です。
作家さんや生産者など、作り手の「想い」を、人の心の奥にまで届けてくれる存在であり、マルシェやワークショップでは、人との繋がりを感じられる交流の場としても、無くてはならない存在です。
これからも末長く、私たち生産者に寄り添って、共存して行かれる存在であることを願っています。
https://youtu.be/fuBBaFxurkQ


【花屋Moku-sei 秋本璃奈さん】

うれしいもの屋さんにはイベント出店やワークショップなどでいつもお世話になっています。食べ物も素材にこだわった物なので美味しいのはもちろん、心のパワーにもつながり、元気が欲しい時にいつも利用させて頂いています。食だけに限らず音楽やアート的なものにも溢れている空間でポジティブなエネルギーに満たされます。
うれしいもの屋さんを通して沢山の方と出会え、コミュニケーションの場としても大切な場所となっています。これからもうれしいもの屋さんは私にとって大切な場所、人の一つです!
これからも応援しています。
https://instagram.com/1187mokusei?utm_medium=copy_link


さて、お話を戻します。


今の最大のテーマ!

経営を軌道に乗せること!

そのための根本的なお店経営の改善のためにやってきたことは

①3月から月一マルシェ

②4月からは習い事カフェ を始める

③地元ローカル番組にも取り上げていただく、TVを観たよと初めて来たお客様にも会えました

お店をもっとたくさんの人に知ってもらい利用してもらおうと、アイデア工夫を凝らしているところ。

そこで、もう一つ思いついたアイデアが!



『自社商品を作ろう!!』


ここから本題です。もう少し、読んでくださいね!


この先お店を運営していくための策として、自社商品を作って販売すること!

近くに住む方だけでなく全国に向けて販売できるものを作ろう!ということを前から話していました。

また、自社商品を作れば今の仕入れ販売スタイルよりも利益が望めること、扱ってもらう場所が増えれば全国に販路を広げていける!


まず2種類作ることを決めました!

それは、

①お店で人気の「チャイ」その元になる『チャイシロップ』

②万能調味料「豆乳マヨネーズ」


この2つは、カフェスタッフ友恵の自慢のレシピで、さっちゃんのお墨付き。お店を飛び出し、より多くの人の元に届くことを想像するとうれしくてたまりません。

チャイシロップも豆乳マヨネーズも商品化希望の声を何度も聞いています。




【うれしいもの屋・自家製チャイのファンの皆様のコメント】

(N.Kさん)
私のお気に入りはホット豆乳チャイです。スパイスのバランスがとてもよくて、甘さも理想的です。しょうがに遠慮がないところがいいです♪

(O.Kさん)
うれしいもの屋さんの豆乳チャイは生姜の千切り入りでシナモンパウダーなどスパイスが程よく甘さ控えめなのでとても飲みやすいです。ホット、アイスどちらも美味しいです。

(M.Iさん)
うれしもの屋さんのチャイが好き!味や風味がしっかりと伝わってきます。
色々なお店のチャイを飲んだりしたけど、これチャイなの?と思うのが多いけど、飲むと、おぉ〰️これこれってしっかり伝わってくる感じがたまらない。スパイスも効いているので飲むと身体がポカポカしてくるよ!私はホットの豆乳チャイが好きだけど、夏場はたまに冷たいチャイもいただきます。冷たいチャイには、刻んだ生姜も入ってます(おまけ付きだ)みたいな。シャリシャリとした食感がまたいい感じなのです。


【うれしいもの屋・自家製豆乳マヨネーズのファンの皆様のコメント】

(A.Iさん)
うれしいもの屋さんのビーガンモバーガーに使われている豆乳マヨネーズ。
酸味とコクが絶妙なバランスで、普段ビーガンでない私もまた食べたい!と思う美味しいお味です!!

(S.Sさん)
茹でたじゃがいもに絡めて絶品ポテトサラダが簡単にできちゃう。酸味と旨味が絶妙!卵入りマヨネーズよりも後味スッキリの爽やかなやみつきマヨネーズです。


これはやっぱり売れるのではないか?売りたいよ!届けたいよ!気持ちも高ぶります。

ビーガンモバーガーの美味しさは豆乳マヨネーズが大切


次にもう2種類作ることになりました!それは

オリジナルシャンプー

オリジナルコンディショナー


こちらの2点は、一般的な合成シャンプーからなるべく自然に近い身体に優しいシャンプーへ移行したい方、もうシャンプーは使わなくていいの、と諦めてしまった方や、市販のオーガニックシャンプーは香りやヌルヌルが強くて苦手という方にも、安心して使っていただける材料と質のもの、髪の毛自体が元気になるものを作りたいと意気込んでいます。


元々我が家の女子たちは(私と娘2人)香りや質に敏感で、買って試した市販のオーガニック系シャンプーは、ことごとく最後まで使われないことが多く、あれダメこれダメの嵐。

唯一使えていてお店で販売しているシャンプーは、外国産のため、何かのタイミングで流通が途絶えてしまうと心配・・・

それなら!作ろう!!

WSで作っている手作りシャンプーとはまたレベルの違うシャンプーとコンディショナーを!!

ありがたいことに素晴らしい工場との出会いがあったので運命を感じ、お願いする事にしました。


自社商品は

「チャイシロップ」&「豆乳マヨネーズ」

「オリジナルシャンプー」&「コンディショナー」

共に、各専門工場に委託、製造していただくことになっており、現在試作段階に入っています。


この4つの商品を皮切りに、販売の範囲を小さな日高市から全国へ広げたい。


販路を広げて売り上げアップ、お店の存続に繋げたい!


お客さんの憩いの場、何より私たちの憩いの場をなくしたくないのです。

少しでも多くの方がうれしい気持ちや楽しい気持ち、優しい気持ちを持って日々を過ごせること、
辛いことや悲しいことがあってもどこか安心して安らぐ場所でありたい。


今までもそうであったお店だし、この先はもっともっと楽しいことを提供して行きたい!


そのまず第一歩の大きなステップ『チャイシロップ』と『豆乳マヨネーズ』

『オリジナルシャンプー』と『オリジナルコンディショナー』を作るための資金を

そして、この先もお店を続けていくためのご支援をいただきたいと願っています。


『うれしいもの屋の商標登録がしたい!!』

今回このクラウドファンディングのご支援を活かして『うれしいもの屋』商標登録も行いたいと願っています。
「うれしいもの屋」というお店の名前は、自分たちがうれしいものを集めたお店、そして来てくれた方も、持ち帰った先にもうれしい気持ちが広がって欲しいという想いで私が名付けました。

お子さんからお年寄りまで覚えやすく、呼びやすく、馴染みやすい、とっても個性的で素敵な名前だねと皆様からも言われてきました。響きからイメージされる名前の言霊も大事にしてきました。
この「うれしいもの屋」という他にはない名前に誇りを持っています。
そのため、オープン当初からきちんと商標登録をして唯一無二のお店にしたいと思ってきました。
この程、その機会がきたと、今すべきだと思いました。

どうぞご支援をお願いいたします。

どうかご支援をお願いいたします。

<うれしいもの屋に関わってくださる方々からの熱いメッセージ その2>

【松本鍼灸院 松本孝一先生】

都市化された町づくりは効率優先の画一的な商品であふれています。一見、恵まれた環境のように思えますが、どこか満ち足りない気持ちがあるのはなぜでしょう。
きっと効率化が行き過ぎた結果、生活が単調になり、商品を知る楽しみ、商品を選ぶ楽しみ、商品との関係をゆっくり考える機会を失っているからではないでしょうか。
「喜びは日々の些細なことの積み重ねである」とするなら、単調な生活は「うれしい」からずいぶん遠ざかってしまう気がします。
うれしいもの屋さんは、珍しいもの、興味深いもの、体によいものなど自分のライフスタイルにアクセントを与えてくれる価値ある存在です。
地元でとても熱意があり、独創的なお店はなかなか存在しません。たくさんの「うれしい」を届けてくれる「うれしいもの屋さん」の挑戦をこれからも応援していきたいと思います。
https://youtu.be/hNSZh_r6Ceg


【善積農園 善積 湖戯人さん 峰子さん】

私たち生産者の状況も汲み取りながらやりとりをしてくださる、とてもいいお店です。うれしいもの屋さんのような誠実なお店に商品を扱っていただき、また、丁寧にお客様へご紹介くださっていることが農業のモチベーションにもつながります。このご縁がずっと続いていきますよう、心から願ってやみません。
アルプスの向こうから応援しています!
http://yoshizumi-noen.com/


【WEBディレクター GANESH代表  タニカズアキさん】

大企業による大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えようとしているこの時代。うれしいもの屋にところ狭しと並んでいる品々たちは、僕たちの暮らしにおける豊かさと心地よさを満たしてくれるモノばかり。
その品々たちには喜びのエネルギーが詰まっていて、人々に幸福感を与えてくれる。
そんなお店は、これから向かう未来に必要不可欠であることは間違いありません。
https://tt-koma.jp/703/

【たねの森・森の子育ち場ぽのぽの 紙愛さん】

うれしい、たのしい、しあわせって人生で皆が味わいたい感情ですね♡そんなうれしい、たのしい、しあわせの波動が充満したうれしいもの屋さん、創業当初から大好きでお世話になっています。ひとつずつの商品に物語があって、大切に扱われていて☆☆うれしいもの屋さんに流れるゆったり、優しい空気も大好きです♡
うれしいもの屋さんのような、人にも地球にも優しいお店が長く続いていく世の中であったらいいなと願ってます!
心からうれしいもの屋さんを応援しています。
http://www.tanenomori.org/


リターンのご紹介

【1000円】心をこめてお礼のメールをお送りします。

【3000円】お店で使えるお得チケット(150円×5枚つづり)&お礼のメール

【3000円】『鍼灸師 松本孝一先生のお話会』お灸体験&ドリンク付き招待券&お礼のメール

【5000円】うれしいもの屋1点ものの豆皿&らっこちゃんおみくじ1個&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

【5000円】選べるトートバッグ「うれしいもの屋らっこちゃん」or「ウクレレユニットバナナ星☆」&らっこちゃんおみくじ3個&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

【8000円】あなたをイメージしたときめきのキャンドル&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

【10,000円】2つのWSをまとめて体験!キャンドル作り・バスソルト作りWS参加&ドリンク&お礼のメッセージ

【10,000円】ウクレレ個人レッスン2回券+ドリンク券&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

☆追加【10,000円】ウクレレレッスン1500円×4枚&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

【10,000円】完成チャイシロップ&完成絶品豆乳マヨネーズ&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

☆追加【10,000円】完成チャイシロップ&完成絶品豆乳マヨネーズ&らっこちゃんおみくじ

【10,000円】完成オリジナルシャンプー&コンディショナー&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

【20,000円】独占バナナ星☆ ウクレレユニットバナナ星と40分セッションして遊べる!&ドリンク&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

【20,000円】独占バナナ星☆ あなたのために歌うウクレレユニットバナナ星のオンラインライブ30分&お礼のメール

☆追加【20,000円】極上スイーツ「アップルパイ」1ホール独り占め&ドリンク&お礼のメッセージカード

【30,000円】独占バナナ星☆ あなたのために歌うウクレレユニットバナナ星の生ライブ30分&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

☆追加【40,000円】至福のスイーツ「アップルパイ」「かぼちゃパイ」各1ホール独り占め&ドリンク&お礼のメッセージカード

【50,000円】野菜寿司に舌鼓!うれしいもの屋貸切2時間と野菜寿司・具沢山お味噌汁・こだわり玄米茶5名様分付き&お礼のメッセージ入りお散歩フォト

【50,000円】絶景うれしいもの屋ファームでお食事・フリータイム3時間&5名様分のお食事、ドリンク付き

【50,000円】うれしいもの屋GoGoマルシェに出店できる12回分パスポート&お礼のメール

【100,000円】幸子・友恵と行く!!日高のいいとこ観光2時間ツアー 3名様のお食事、ドリンク、スイーツ付き&うれしいもの屋お買い物券5000円分

【100,000円】うれしいもの屋店舗で使える30回分ドリンク券&幸子と友恵の愛情直筆絵6枚

【100,000円】できたてほやほや〜自社商品全部セット!4種お届け&お礼のメール&HPにお名前を掲載6ヶ月

【200,000円】できたてほやほや〜自社商品全部セット!4種お届け&zoomでお話し30分&HPにお名前を掲載1年間

【300,000円】できたてほやほや〜自社商品全部セット!4種お届け&zoomでお話し40分&HPにお名前を掲載1年間&各種SNSでお名前を1回づつ掲載

【500,000】アメジストドーム&メッセージ付きお散歩フォト


資金の使い道

・チャイシロップと豆乳マヨネーズの商品開発、製造にかかる費用 120,000円

・シャンプー、コンディショナーの商品開発、製造にかかる費用 100,000円

・リターンの商品代と送料 200,000円

・商標登録代金(うれしいもの屋小売業・うれしいもの屋飲食店・2部門登録料)210,000円

・クラウドファンディング手数料 110,000円〜

・お店の運営資金 260,000円



スケジュール

2021年10月中旬「うれしいもの屋」商標登録の出願

 11月29日 クラウドファンディング終了

 12月 シャンプーコンディショナー商品開発、製造 開始

 12月 チャイシロップ、豆乳マヨネーズの製造 開始


2021年12月〜2022年6月リターン発送&実行

2022年2月 チャイシロップ&豆乳マヨネーズ製作完成予定!

2022年4月 シャンプー、コンディショナー製作完成!

2022年4月中旬 「うれしいもの屋」商標登録完了!(早ければ)


***最後に・・・

最後までお読みくださり、本当にありがとうございました!

まず、一緒にお店を開いてくれた旦那さんに感謝しています。

ここから始まった物語
追い込まれた今もなお、それでもその先に描く明るい未来
その描いた未来が私を強くさせてくれます。

近い将来、自宅兼店舗の残りローンを全額返済して
建物の名義を旦那から佐藤幸子の家&お店にする。


その先に、うれしいもの屋の総合施設が作れたらいいな!
カフェあり、食材あり、生活雑貨あり、ウクレレショップあり、
講座やヨガ、個展も開けるスペースあり、中庭ではマルシェが開け、駐車場がいっぱい停められて。

近くにステキな宿もあったらいいよね。


たくさんの方々、仲間たちに支えてもらって、
うれしいもの屋が広がっていく夢が現実味を帯びて行くのではないかと。
そんな未来を私は描いています。


田舎の小さなお店ですが、私たちにとって大切な今ある場所を守るための支援と
この先に繋がっていくための商品作りにご協力いただけたら本当に「うれしい」です。

そしていつか、これを読んだあなたがお店に訪れて、「うれしい」を受け取ってくださることを心待ちにしています。

それまで、続けます。

佐藤幸子(さっちゃん)

那須友恵(ともえ)


色んなことが急激に変化した数年間。

一緒に踏ん張って乗り越えようとしてくれている家族、癒してくれる犬たち、

そして、そっと広い心で強力なサポートをしてくれる友恵ちゃんあっての今日です。

いつも、いつもありがとう。


『うれしいもの屋』オーガニックショップ&カフェ

〒350-1245
埼玉県日高市栗坪264-2

042-986-1723
mail@ureshii.co

定休日    月・木
営業時間 11:30~17:00

<アクセス>
◆西武秩父線「高麗駅」下車 徒歩20分
◆西武池袋線「飯能駅」下車
 国際興業バス高麗駅・国際医療センター経由埼玉医大行き「栗坪」下車 徒歩2分

◆JR川越線・八高線「高麗川駅」下車 徒歩30分
 国際興業バス 高麗駅経由飯能駅行き「栗坪」下車 徒歩2分


HP https://www.ureshii.co

オンラインショップ https://ureshiimonoya.shop

Instagram https://instagram.com/ureshiimonoya?igshid=cox9teslqluv

Facebook https://m.facebook.com/ureshiimonoya.hidaka/

Amebaブログ https://ameblo.jp/uresiimono/


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:うれしいもの屋
  
 ●事業者の住所/所在地:〒350-1245 埼玉県日高市栗坪264-2
  
 ●事業者の電話番号:Tel:042-986-1723
  
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。


 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/12/01 14:47

    約1ヶ月間のクラウドファンディングが終了しました!こんにちは!うれしいもの屋です。10/29から始まったクラウドファンディングが達成し、終了したことをご報告いたします。175名の支援者様、そして目標の111%(なぜかゾロ目!)金額はなんと 1,112,777円となりました!ご支援いただいた皆様...

  • 2021/11/27 15:45

    こんにちは。うれしいもの屋です。\昨日11/26(金)14:31 クラウドファンディング100%達成!!/ご支援いただいた皆様、本当に感謝いたします。ホッとした、正直な感想はそれです。ですがまだ期間は続いていて11/29(月) 23:59まで!あと2日と8時間くらい!せっかくのチャンスなので、...

  • 2021/11/20 15:07

    こんにちは!うれしいもの屋です。クラウドファンディング開始から23日!残りは9日!!とうとうカウントダウンに入りました。今日は「チャイシロップ」「豆乳マヨネーズ」の名前を決まりました!のご報告です。やっぱり悩む名前・・・色々と文字を書きながら、絵を描きながら、考えてみました。私たち、ダジャレが...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください