はじめに・ご挨拶

ご覧いただきありがとうございます。
「タニヤマ・キネマ」という屋号で、鳥取県を中心に映像制作やイベント事業を手掛けております、谷山龍です。

個人でも大作映画を作り発表していけるような、映画供給の新しい仕組みを打ち出していくことが私の夢のひとつです。
地方に住んでいる、少人数であるといった条件がネックにならないことが大切だと考えています。
そのため、まずは私が育った山陰で映画を作り発表していくことを決めました。
そうして企画したのが「スパイア 蟲毒の妖姫」という特撮映画です。
山陰は日本神話発祥の地であるからこそ、日本映画の伝統のひとつである特撮映画を作りたいと考えました。

コロナ禍で人が集まることが難しく、映画産業も大きな打撃を受けています。
その影響もあり、映画供給の新しい仕組みを打ち出していきたいと考えました。
その一歩として、今回初めてクラウドファンディングに挑戦することにしました。
応援していただけると幸いです。どうぞよろしくお願いします。

(メインビジュアル作画:Atelier Tuki/島田つき)

※ページ内に掲載している画像、動画はタニヤマ・キネマが権利を有している、もしくは権利者に掲載許可を得たものです。


タニヤマ・キネマ代表 谷山龍プロフィール

1986年生まれ。幼少期より映画、怪獣、妖怪などに触れて育つ。
大阪の映画専門学校を卒業。
コンテストや映画業界のシステムに疑問を抱き、自主映画制作を中心とした活動を始める。
平行してタレント事務所に入り、役者としても実績を重ねる。

鳥取に帰還し、株式会社ガイナックスに就職。
特撮映画制作やイベント業務に関わる。

活動し続けているうちに、表現に対する規制やイベントのあり方に疑問を抱く。
自分でギャラリーカフェを経営するなど、自由な発表の場を模索する。

起業し「タニヤマ・キネマ」という屋号で独立。


監督、谷山龍からのメッセージ



このプロジェクトで実現したいこと

山陰の伝説を元に伝奇オカルト&特撮怪獣映画を作りたいと考えています。

【特撮怪獣映画「スパイア 蟲毒の妖姫」あらすじ】
山陰と山陽の狭間に“人形峠”という地がある。
ここには古くより、巨大な虫の化け物が現れ人を襲うという伝説がある。
ウランの採掘地としても知られるこの場所で、ある時から放射線の異常な数値が記録されるようになる。
近隣で起こる、怪奇現象。恐れる住民たち。
そして、巨大な虫の怪獣、スパイアが現れ人々を襲い始める!


【登場怪獣】巨大毒蟲スパイア

古より人形峠に現れると伝えられる巨大な虫の化け物。

体長は2メートル~20メートル。放射性物質と人間を餌に成長・巨大化していく。

口から放つ光線は触れたものを溶解させる。




・正面図


・腹部

・イメージ画



【パイロット版ムービー】


この映像は、卓上サイズのミニチュアで制作したパイロット版です。
本編はよりリアルで迫力のある映像のため、大型のセット作りたいと考えています。


(イメージイラスト:よろず屋「ちょもーねこ」)


かつての特撮映画は、街並みや怪獣はミニチュアでの表現が主流でしたが、現在はCGでの表現がメインとなっています。

CGでしか表現できない精巧さがあるのは事実です。しかし、ミニチュアには「そこにある」という確かな存在感があります。


そこで、今作品ではミニチュアでの表現をメインに据え、そこにデジタルの表現を加えていくことで、ミニチュアの存在感とCGの精巧さを合わせた画作りをしていこうと考えています。


また、ミニチュアでもCGでも、どちらかで全てを表現しようとすると莫大な時間と費用がかかります。

この二つを合わせ補い合うことで、限られた予算でリアルな映像を作ることに挑戦します。

そして、地域や立場に囚われずクリエイターが自由に作品を発表し、メジャーに活動し続けられるモデルケースを確立させます。


【パイロット動画メイキング映像】



【プロジェクトの流れ】

映画「スパイア 蠱毒の妖姫」の制作。

数話に分け、インターネットで公開。

上映イベントの開催。

インターネット配信や、県外でのイベントを通じて全国にアピールしていけたらと考えています。


企画の進行状況、詳細は随時公式Twitterアカウントで発信。

https://twitter.com/kodokunoyouki/


本編はタニヤマ・キネマYoutubeチャンネルで公開します。

https://m.youtube.com/user/rudo227


(イメージイラスト:よろず屋「ちょもーねこ」)


プロジェクトをやろうと思った理由

以前から「いつか特撮怪獣映画を作りたい!」と思っていました。

怪獣映画の代表、ゴジラの第一作目はホラーテイストの作風で、そこから特撮怪獣映画というジャンルが確立されていきました。
ホラー映画は怪獣映画の母のような存在なのです。

そこで、怪獣映画に、ホラーに近いジャンルである伝奇オカルト要素を足した映画を作りたいと考えました。
それに加え、山陰は神話の地であり、妖怪で町を盛り上げている場所でもあります。
私の撮りたい映画を作るには最高の舞台だなと思いました。

しかし、映画制作の中心は都会であり、地方で映画を作るという文化はまだまだ根付いていません。
地方に住んでいたり少人数で制作しているというな条件でも、映画を作れば商業映画と同じようにたくさんの方に観てもらえる。
この企画を通じて、私がそういうモデルケースとなれたらと思っています。



自分の映画への想い


かつて、幼い頃の自分は映画を観てワクワクドキドキしてきました。
それは今、映画を撮る側になっても変わっていないことに気付かされます。

何も気にすることなくただ楽しめる時間。
画面に映る怪獣、恐竜、お化け……
流血やセクシー描写なども含め、全てを糧としてきた自分を好きでいることができています。
そういう意味で映画の様々な描写には意義があると感じますし、心の糧になるような映画を作って多くの人々に届けることを、今度は自分がやってみたいと思っています。

現状、映画の業界でメジャーな存在になるには、映画会社に就職するか、コンテストに入賞するかでないと難しいです。
加えて、教育性が高い、社会的な意義がある、芸術性が高いなど、映画の面白さとは関係ない部分の物差しで測った作品が評価されやすい実情があります。

昨今、過剰なポリコレ意識が蔓延し、表現を規制する動きが大きくなってきている様子が見受けられ、面白い作品が少なくなってしまうのではないかと懸念しております。

私はエンターテイメントが大好きなので、映画の面白さで勝負したいし、社会的な意義や芸術性を超えて評価されるエンタメを実現したいと考えています。
そして今回の挑戦が、様々な理由でものづくりに尻込みしてしまうクリエイターにとって、活動がしやすくなるようなモデルケースになれば最高だなと思います。

私個人としては、不真面目さや過激さをエンタメに昇華していきたいし、単純に「面白い!」の追求こそがエンターテイメントだと考えています。
これからの時代はモラルが上がっていくからこそ、フィクションだとわかっているからこそ創作物も面白くしていけると信じています。


これまでの活動

妖怪やSFを題材にした作品を多く制作しています。

・短編映画「現代妖怪伝 醜いマーメイド」


・短編映画「ブロッコリーヘッドボンバー」

・心霊ドキュメンタリー「おくびぎょさん」


・海とくらしの史料館PR動画



資金の使い道

怪獣、ミニチュアの制作:約50万円

美術・小道具費用:約30万円

撮影・編集等の実働費用:約40万円

機材購入費:約20万円

宣伝、イベント会場費:約20万円

CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:約37万円


リターンについて

支援してくださった皆様、全員のお名前を映画のエンドクレジットに掲載します。
(本名でもニックネーム、企業名等でも構いません)
また、支援額に応じて特典等を提供します。


※プレゼントの動画や画像などはご自由に公開していただいて大丈夫ですが、著作権はタニヤマ・キネマに帰属します。


【蟲毒コース】(5000円)

撮影にスタッフとして参加する権利を獲得できます。

参加していただいた方はエンドロールにスタッフとしてお名前を掲載します。

映画制作、未経験でも大丈夫です!


※撮影日は2022年3月以降の予定、日程が決定次第連絡させていただきます。

撮影時の現地への交通費等は自己負担でお願い致します。

エンドロールに掲載するお名前を備考欄にご記入お願い致します(ニックネームでも可)。



【妖姫コース】(5000円)

撮影にキャストとして出演する権利を獲得できます。

参加していただいた方はエンドロールにキャストとしてお名前を掲載します。

演技未経験でも大丈夫です! 1~3つ程度のセリフ有り。


※撮影日は2022年3月以降の予定、日程が決定次第連絡させていただきます。

撮影時の現地への交通費等は自己負担でお願い致します。

エンドロールに掲載するお名前を備考欄にご記入お願い致します(ニックネームでも可)。


※親子で参加する場合、お子様の分の追加支援金が必要かとのお問い合わせがありました。 参加型リターンは親子参加の場合、保護者の方、一人分の支援金額で中学生以下のお子様も参加可能とさせていただきます! 親子での参加も大歓迎ですので、ぜひご応募ください。


・2000円コース

エンドクレジットにお名前掲載+お礼メッセージ入り画像データ

映画のエンドクレジットにお名前を掲載!
本名でもニックネームや企業名でも可です。
更に監督直筆のお礼メッセージ入りポスター画像データを送ります。
※手書きの文字をポスター画像に乗せたデジタルデータとなります。支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。


・3000円コース

ポストカード2枚+エンドクレジットにお名前掲載+お礼メッセージ入りチラシ

映画のエンドクレジットにお名前を掲載!
本名でもニックネームや企業名でも可です。

メインビジュアル、作中で登場する「人形峠」紙芝居のポストカード。
(イメージ画像を参照)

・メインビジュアル


・「人形峠」紙芝居

更に監督直筆のお礼メッセージ入りチラシを送ります(チラシのデザインはメインビジュアルと同じです)。

※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 





・5000円コース

エンドクレジットにお名前掲載+撮り下ろしお礼動画

エンドクレジットにお名前掲載+撮り下ろしお礼動画
映画のエンドクレジットにお名前を掲載!
本名でもニックネームや企業名でも可です。
更に個別に撮り下ろしたお礼メッセージ入り動画をお送りします。
※動画はデジタルデータとなります。支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。



・7500円コース

オリジナルクリアファイル+エンドクレジットにお名前掲載+撮り下ろしお礼動画

両面印刷のオリジナルクリアファイル。
表面はメインビジュアル、裏面は作中に登場する「人形峠」紙芝居の絵です。
(イメージ画像を参照)。

イメージ画像(表面)

(裏面)

映画のエンドクレジットにお名前を掲載!

本名でもニックネームや企業名でも可です。

更に個別に撮り下ろしたお礼メッセージ入り動画をお送りします。
※動画はデジタルデータとなります。支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。


・7500円コース

オリジナル缶バッチ+エンドクレジットにお名前掲載+撮り下ろしお礼動画

「スパイア 蟲毒の妖姫」メインビジュアルの缶バッチ。
直径76㎜、大きくて目立ちます!
(イメージ画像を参照)。

映画のエンドクレジットにお名前を掲載!
本名でもニックネームや企業名でも可です。

更に一人一人個別に撮り下ろしたお礼メッセージ入り動画をお送りします。
※動画はデジタルデータとなります。支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください


・10000円コース

メインビジュアルTシャツ+エンドクレジットにお名前掲載+撮り下ろしお礼動画


「スパイア 蟲毒の妖姫」メインビジュアルがプリントされたTシャツ。

カラーはブラックとホワイトがあります(イメージ画像を参照)。

希望のカラーとサイズ(S、M、L、XL)をご選択ください。

※Tシャツイメージ

ブラック


ホワイト


エンドクレジットにお名前掲載+撮り下ろしお礼動画
映画のエンドクレジットにお名前を掲載!
本名でもニックネームや企業名でも可です。
更に個別に撮り下ろしたお礼メッセージ入り動画をお送りします。
※動画はデジタルデータとなります。支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。


・10000円コース

「人形峠」Tシャツ+エンドクレジットにお名前掲載+撮り下ろしお礼動画

「スパイア 蟲毒の妖姫」作中に登場する「人形峠」紙芝居がプリントされたTシャツ。
カラーはブラックとホワイトがあります(イメージ画像を参照)。
希望のカラーとサイズ(S、M、L、XL)をご選択ください。

※Tシャツイメージ

ブラック

ホワイト


映画のエンドクレジットにお名前を掲載!
本名でもニックネームや企業名でも可です。

更に一人一人個別に撮り下ろしたお礼メッセージ入り動画をお送りします。
※動画はデジタルデータとなります。支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。


・50000円コース

エンドクレジットにお名前掲載+作中にお名前が登場

映画のエンドクレジットにお名前を掲載!
本名でもニックネームや企業名でも可です。
更に映画の中で支援者、あるいは企業の名前を登場させます。
例えば、映画内で壊されるビルの看板や、壁に貼られたポスター等にお名前を入れさせていただきます。
画面内で目視できるサイズで最低10秒は挿入します(同じ支援の方でもシーンによって画面内に映るサイズや時間にバラつきが出る場合があります、ご了承ください)。
作品完成後、登場シーンのキャプチャー画像と、作中の何分何秒に映っているかをお知らせします。
※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。


実施スケジュール

下記のスケジュールで撮影・公開を予定しています(新型コロナウィルスの影響や関係者のスケジュール等により予定が前後する可能性があります、ご了承ください)。

2022年

1月  クラウドファンディング終了

2月 脚本制作、スタッフとの打ち合わせ。リターンの送付開始。

3月  撮影開始

4月 撮影・編集

5月 短編第一話をインターネットで公開

その後、月に一話程度のペースで更新(全3~4話の想定)

8月〜9月 インターネット公開版を再編集+追加撮影して長編映画の完成

10月〜 劇場での上映イベント開催


最後に

人を刺せば血が出る、服を破れば裸になる。
かつて、幼い頃の自分は映画で学びました。
最近では、そのような描写はテレビでも映画でも少なくなってきているように見受けられます。
行儀がよいものだけを見て育った子どもたちはどんな大人になるのだろうと勝手ながら心配してしまいます。
子どもたちにとって心の糧にもなるエンターテイメントを提供し、未来のクリエイターが自由に活動できる道筋を作りたいです。
そして、映画業界を目指す人たちが、しがらみに縛られることなく、自由に楽しい映画を作れるようにしたいです。
そのために皆様の力を貸してください。
どうぞよろしくお願いします!


【本件へのお問い合わせ等は下記アドレスへお願いします】

taniyama227@gmail.com


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/01/27 23:23

    クラウドファンディングも残り数日。プロジェクトの本格始動はこれからですが、現時点で少なくない応援と協力をいただけていることに心から感謝しております。自分たちのクラウドファンディングのページを開くたびに感謝と恐怖が湧いてきます。恐怖は少しずつでも自信に変えて進んでいきたいです。改めて、いつも応援...

  • 2022/01/25 07:00

    1月11日。一粒万倍日と天赦日であるこの日に、映画の成功祈願の為、お参りをしてきました。映画、特にオカルト関係の作品を撮るときは、無事完成することを願い参拝するのが恒例となっています。※一粒万倍日、通常の一万倍のご利益がある日。天赦日、天が全てを赦す日。参拝の動画また、クラウドファンディングの...

  • 2022/01/17 19:00

    パイロット映像のメイキング動画です!ミニチュアと合成、デジタル加工を組み合わせて映像を作っていきます。・熱線で破壊されるビルミニチュアと風船に入れた粘液、画像加工で熱線と溶けるビルを表現しました。・井戸から出てくる女ブルーバックで人物と蟲の脚を撮影、背景と井戸に合成。・登場怪獣スパイアミニチュ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください