応援コメント

Aznyar

この完成形を見たい!!

Sushidesuyo

オラクルエンジンは何度も遊ばせていただきました。応援しています!

yodaka0823

ドラクルオーガン楽しみにしております。

■はじめに

はじめましての方ははじめまして。そうでない方は毎度お世話になっております。
TRPG制作サークル「Fumctory」代表兼雑用係のFumbleguyです。

この度は、我々のサークルで制作した同人TRPG『オラクルエンジン』シリーズについて、このシリーズのサービスを終了するべきか、それとも続刊を出すべきかを皆様に決めていただくため、再びクラウドファンディングに挑むこととなりました。


●『オラクルエンジン』とは?

F.E.A.R.様が毎年開催している、TRPGとイラストの新人賞「ゲーム・フィールド ゲーム大賞」において、2017年に結果発表された第十八回にて準入選に選ばれ、2019年に同人誌として発売されたTRPG。それが『オラクルエンジン』です。
大量のパーツを組み立てて自分専用の武器を作る独特のキャラクター作成ルールと、その見た目に似合わぬ軽快なテンポで白熱のバトルが楽しめるゲーム性が特徴です。
現在は基本ルールブックである『オラクルエンジン』に加え、続刊の『オメガストライク』が発売中です。(公式サイト: https://oracleengine.tumblr.com/

2018年12月に、ここCAMPFIREでクラウドファンディングにより支援を募り、結果として128名の支援者様から692,500円もの応援を受けることができました。改めて、支援者の皆様にお礼申し上げます。
結果として『オラクルエンジン』書籍版・PDF版を発売するという結果に繋がりました。

■このプロジェクトの目的

このクラウドファンディング・プロジェクトでは、『オラクルエンジン』シリーズ完結巻となる『ドラクルオーガン』のPDF版を制作する資金の調達を目的とします。
プロジェクト達成時には、支援者の方全員に『ドラクルオーガン』PDF版をお渡しします。
なお、本プロジェクトの成果が好調であれば『オラクルエンジン』シリーズは継続的なサポートを展開していきますが、結果が芳しくない場合、『オラクルエンジン』シリーズはサポートを終了することとなります。


●プロジェクトの背景

現在、Fumctoryは様々な要因により、資金難の状況にあります。
このままでは、『オラクルエンジン』シリーズ完結巻である『ドラクルオーガン』のイラストやロゴを発注し、製本所に依頼するための資金が、いつまで経っても調達できません。

しかし、本当に『ドラクルオーガン』にイラストやロゴが必要なのか? 必要なのは美麗なイラストやロゴより、本の中身ではないか?
『ドラクルオーガン』はもう同人誌ではなく、無料配布PDFでいいのではないか?
我々は『オラクルエンジン』同人誌計画3年目になって、そのような疑問を抱くようになりました。本当に必要とされているのはデータだけであって、本は各自でコンビニのプリンターで印刷したものをクリップで留めたものでいいのではないか、と。

そこで、再びのクラウドファンディングの結果を通じて、『オラクルエンジン』シリーズの幕引きがどうあるべきか、今一度皆様に問うことにしました。
我々はクラウドファンディングを通じて資金を集めて「本」を出すべきか、それとも「ルールとデータ」だけあれば十分なのか。
もっと『オラクルエンジン』シリーズを遊びたい人がたくさんいるのか、それともそうではないのか。

『オラクルエンジン』同人誌化のクラウドファンディングと同じように、12月から1月にかけて、我々の未来を皆様に決めてもらうべきだ。我々はそう考えました。
本プロジェクトが目標支援額の50万円を達成できなかった場合、『オラクルエンジン』シリーズのサポートは終了します。


■これまでの『オラクルエンジン』

2017年7月末:F.E.A.R.社発行『ゲーマーズ・フィールド』誌にて、『オラクルエンジン』 ゲーム・フィールド ゲーム大賞準入選の発表
2018年12月:F.E.A.R.社より同人誌化の許可を得たことを受け、『オラクルエンジン』同人誌リリースのためのクラウドファンディング開始
2019年1月:クラウドファンディング達成により『オラクルエンジン』PDF版・書籍版リリース決定
2019年6月:『オラクルエンジン』初版発行
2019年同月:初版に印刷上の不備が発覚、初版をすべて廃棄処分
2019年11月:『オラクルエンジン』第二版発行、クラウドファンディング支援者様にお届け。これにより『オラクルエンジン』クラウドファンディングプロジェクト履行完了
2020年12月:シリーズ第2巻『オメガストライク』初版発行
現在、2021年12月:シリーズ完結巻『ドラクルオーガン』クラウドファンディング開始


■資金の使い道

今回のクラウドファンディングにて調達した資金は、以下の用途に使われます。
・CAMPFIRE手数料:支援総額の17%
・シリーズ完結巻『ドラクルオーガン』イラスト・タイトルロゴ・表紙装丁の外注費用
・『ドラクルオーガン』制作に必要なソフトウェアの月額料金
・Fumctoryのサークル運営資金

▼支援総額が100万円以上の場合、さらに
・『ドラクルオーガン』の書籍版の印刷製本費
・シリーズ外伝巻『ギアボックス』イラスト・タイトルロゴ・表紙装丁の外注費用

▼支援総額が150万円以上の場合、さらに
・『ギアボックス』の書籍版の印刷製本費

支援総額が50万円に満たなかった場合、一切の支払いは発生せず、『ドラクルオーガン』にイラストやタイトルロゴが付くこともありません。『ドラクルオーガン』はβ版の本文のみのPDFをBOOTHにて無料公開となり、『オラクルエンジン』シリーズのサポートは終了します。


■リターンについて

本プロジェクトでは、以下の支援額を選択できます。(先行予約でお得、という要素は特にありません)
なお、本プロジェクトは「All or Nothing形式」のため、支援総額が目標の50万円に到達しなかった場合、支援金の支払いは行われず、一切のリターンは発生しません。

また、本プロジェクトは以下のようなストレッチゴール(段階的目標額)を設定しており、支援額が一定を超える毎に『オラクルエンジン』シリーズの結末が豪華なもとのなります。

◆5,000円「単品コース」
『ドラクルオーガン』PDF版
お礼テキストメッセージ(CAMPFIRE上で届きます)

◆10,000円「守破離コース」
『オラクルエンジン』『オメガストライク』『ドラクルオーガン』各PDF版
お礼テキストメッセージ(単品コースと共通)

◆15,000円「完全体コース」
『オラクルエンジン』『オメガストライク』『ドラクルオーガン』各PDF版
『ギアボックス』PDF版(※1)
お礼テキストメッセージ(単品コースと共通)


●各リターンの説明

▼『ドラクルオーガン』PDF版(全コース共通)
本プロジェクトの主目的である、『オラクルエンジン』シリーズ完結巻『ドラクルオーガン』のイラスト・表紙・タイトルロゴつきPDF版です。
本プロジェクトの支援者様限定仕様で、ご家庭のプリンターで任意のページを印刷可能にしています。なお、これを利用した第三者への再配布・転売は固く禁じます。

▼お礼テキストメッセージ(全コース共通)
『オラクルエンジン』ゲームデザイナー守山義和、Fumctory代表兼DTP担当Fumbleguyより、お礼の言葉をCAMPFIREのメッセージ機能にてお送りします。内容は部外秘とします。ご支援いただいた皆様だけの特典です。支援総額次第で、他には出せない秘密の話も公開します。

▼『オラクルエンジン』『オメガストライク』PDF版(10,000円「守破離コース」以上)
シリーズ既刊である『オラクルエンジン』『オメガストライク』のPDF版です。内容は現在発売されているものと同一ですが、本プロジェクトの支援者様限定仕様で、ご家庭のプリンターで任意のページを印刷可能にしています。
今回の主目的となる完結巻『ドラクルオーガン』と合わせて、シリーズ全巻が揃います。

▼『ギアボックス』PDF版(15,000円「完全体コース」以上)
『オラクルエンジン』シリーズ全3巻のデータを文字通り倍増させる、大規模アップデート用の外伝巻『ギアボックス』のPDF版です。
(※1) 支援総額が100万円未満の場合、イラストなし、表紙なし、タイトルロゴなしのβ版相当の内容となりますが、支援者様限定でPDF版『ギアボックス』をお送りします。支援総額が100万円以上となった場合、『ギアボックス』にも製品版相当のイラストやロゴが追加されます。支援総額が150万円以上となった場合、『ギアボックス』書籍版が発売されます。


■実施スケジュール

本プロジェクトは、以下のスケジュールでの進行を予定しています。
2022年1月31日:支援者募集期間終了
2022年2月1日:今後の『オラクルエンジン』シリーズの展望発表
2022年2月上旬:『オラクルエンジン』『オメガストライク』PDF版リターン発送
2022年上半期:『ドラクルオーガン』制作
2022年下半期:『ドラクルオーガン』PDF版リターン発送
2023年年内:『ギアボックス』PDF版リターン発送

『ドラクルオーガン』は現在β版の下書きが揃い、残す作業はDTPのみとなっています。しかし、クラウドファンディング成功時には、ここからさらにイラスト・タイトルロゴ等を発注して外部の方に制作していただくため、外注制作期間として少なくとも半年を必要とします。
また、『ギアボックス』制作開始のためには、まず『ドラクルオーガン』を完成させる必要があります。
以上の理由から、リターンの発送にはお時間を頂きますことを、あらかじめご了承ください。


■最後に

どうか教えてください。『オラクルエンジン』の未来がどうあるべきかを。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2021/12/25 17:30

    『ドラクルオーガン』では、新たに4個のスタイルクラスが登場します。今回は、それらのクラスを紹介します。●スレイヤーノイン王国においては、暗殺者のほとんどは、王国騎士ブラックガントレットです。王命の代行者として、法による裁きを待たず、悪に直接裁きを与えることを許された彼らの技術は、ドライバー達の...

  • 2021/12/24 19:23

    前回お伝えした通り、『ドラクルオーガン』では6個の種族クラスが追加されます。今回は、その種族クラスに関する情報公開です。■新ルール:鹵獲種族『ドラクルオーガン』に収録される6個の種族クラスは、異世界から五龍皇国に連れ去られ、ドラクルによって改造された「鹵獲種族」です。彼らはすでにノインに来訪し...

  • 2021/12/23 20:01

    『ドラクルオーガン』では、新たにカテゴリークラス3個、スタイルクラス4個、種族クラス6個が追加されます。今回から3回に分けて、それらの追加クラスの概要や特徴をお伝えします。■追加カテゴリークラス●エーテリアルオラクルとは似て非なる生体魔力、エーテル。五龍皇国において、ドラクルの支配下にある全て...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください