はじめまして
shiori hara です
  • 東京都 / 
初めてのプロジェクト

山梨大学大学院卒。
ワイン科学研究センターに所属し、ブドウの育種、ワイン醸造、乳酸菌について学ぶ。
千葉の造り酒屋に蔵人として半年間勤務。
大田市場直送のフルーツの販売を2年半経験。
現在は大田市場にて、フルーツ定期宅配”果物の達人”の企画運営兼バイヤーを担当しています。
また、一般社団法人FRUIT LOVERS LIFEを立ち上げ、フルーツをもっと楽しんでもらえるように、生産者と消費者を繋げるイベントを開催(2~4回/年)していました。
フルーツをもっと知ってもらう美味しく食べてもらうために「フルーツアドバイザー協会」設立準備中です。


<3/13 追記>

たくさんの方に支えられ、ネクストゴールも達成できました!!
本当に多大なるご支援ありがとうございます!
 応援メッセージや、このプロジェクトをシェアしてくださった方々のコメントを見ていると、本当に胸がいっぱいになります。

ネクストゴール達成を感謝して、すべてのリターンに、私の気持ちとしておまけフルーツをつけることにしました!  

今まで支援いただいた方はもちろん、これからご支援をいただける方にも、おいしいフルーツをひとつ追加させていただきます。お礼メッセージのリターンの方には、フルーツに関連するちょっとしたものを送らさせていただこうと考えています。

みなさまのご支援のお気持ちに、わずかですが感謝のフルーツで応えたい!

どのフルーツになるかは、その時の入荷状況にもよるので私にお任せなのですが、
私の幸せな気持ちをフルーツでお裾分けさせてください!

このチャレンジ終了まで残り2週間。どうか引き続き、応援・ご支援の程よろしくお願いたします!

<2/28 追記>

みなさまのおかげで当初の目標を達成することができました!
本当にありがとうございます!!

日本のフルーツは味わいが複雑で、見た目も美しいんです。
そんな本当においしい日本のフルーツを、このクラウドファンディングをきっかけにぜひ味わってもらいたい!

そこで、もっと国産フルーツがみなさまに届くよう、ネクストゴールを200万円に設定し最後まで挑戦をし続けたいと思います!

私がフルーツで感動したように、食べて幸せな気持ちになれるフルーツをお届けいたします。
どうか引き続きご支援の程よろしくお願いたします!


はじめまして。フルーツアドバイザーの原 詩織です。

はじめまして。この度は多くのプロジェクトから私のプロジェクトをご覧くださり、ありがとうございます。原 詩織(はら しおり)と申します。

大田市場の果物専門会社にて通販と仕入れを担当し、現在7年目になります。この仕事をしていて常に思うのは、日本のフルーツは「世界一おいしい」ということ。日本では絶品フルーツが数多く生まれているのですが、残念ながら消費量は年々減少傾向…。そのような中「日本のフルーツをもっと食べてほしい!」という思いで、国産フルーツの魅力を伝える活動しています。活動を通じて、少しでも生産者の方々の力になれればと考えています。

今回この場を借りて、森田青果店さんとの出会いや、なぜ事業承継にチャレンジすることになったのかの経緯などを、みなさまにお伝えさせいただこうと思います。長文にはなりますが、読んでいただけるとうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

地域に根ざした「森田青果店」さん
しかし…、お父さんの足が悪くなってしまい事業継続が困難に

森田青果店の創業は1978年。森田さんご夫妻は43年間もの間、砂町銀座にほど近い場所で、地域の保育園やお肉屋さんなどにお野菜や果物を卸し、地元に愛されるお店を営んできました。

長年地元に愛される青果店を営んできた森田さんご夫妻でしたが、昨年に森田のお父さんが足が悪くなってしまったのです。青果の納品は重労働悪くなった足では、森田青果店の事業の継続ができなくなってしまいました…。そのような中、森田さん夫妻はこの物件を活かしてくれる人を探し始めたのです。


これからも今まで納品してきたお客さんに迷惑をかけない
事業の継続が森田青果店をお借りする条件でした

2021年9月18日(土)。「おもしろい物件があるよ」と知り合いの不動産屋さんから紹介されたのが森田青果店です。ご夫妻のお話を聞きその思いに共感した私は、不安はあったもののこの物件を引き継ぐことを決意。「家業エイド」という家業持ちが集まるコミュニティで、家業の人が抱えている悩みを聞いていたことも、その決意の後押しになりました。

砂町銀座にほど近いという立地を生かしながら、自分自身が得意なフルーツの知識を活かせる方法はないだろうか…」それからは悩む日々が続きました。

そのような中生まれたアイデアが、野菜や果物の「青果」に加えて、下町の風情を感じられる砂町銀座の下町にぴったりのお菓子「製菓」という切り口。フルーツアドバイザーとして世界各地の果物を食べた経験がある私だからこそできる、フルーツのうまみや風味を活かせるお菓子はできないだろうか…。しかも、たくさんの種類のフルーツを試せて、フルーツの本当のおいしさを知るきっかけにもなってほしい…。と考えるようになりました。

ロゴや商号も、今まで森田青果店をご利用いただいていたお客様にも安心していただけるよう、雰囲気は変えすぎず「森田セイカ店」としました。「セイカ」には「青果」と「製菓」。ふたつの意味を込めています。そしてひっそりと「成果」という意味も込めました。しっかりと今までの事業も引き継いで成功させたいと思います! 応援よろしくお願いいたします!

フルーツの専門家だからこそ提案できる製菓も開発中!

どのようなお菓子であれば、フルーツの本来のおいしさを活かせるのか…? それからは試行錯誤の日々が続いています。そのなかで現在開発中なのは、フルーツ大福。餡に負けない甘味はもちろん、大福にした際にしっかりと酸味や風味も味わえるフルーツは? みかんひとつとってみても、全国で収穫されている品種は83種も!? 長年の経験から合いそうなさまざまなフルーツを試して、試食を繰り返しています

カットするのと果肉が黒い「紀の川柿」と言う濃厚な甘さの柿を使ったフルーツ大福もとってもおいしかったです。

現在もまだ試行錯誤中なのですが、きっと近い将来にみなさまにご満足いただけるフルーツ大福ができると思います!


2021年11月から引き継ぎを開始。お父さんと市場に同行!

森田さん夫妻の店舗販売の最終日は2021年10月31日。その日は私も朝から、豊洲市場での仕入れに同行し、納品、店舗の手伝いをしました。最終日の森田青果店には地元の常連さんたちが来てくれて、花束やお菓子などを持ってきてくださいました。奥さまは地域の人や子供たちににあだ名で呼ばれていて、本当に親しまれている八百屋さんなんだと感じ、よりいっそう身が引き締まりました

それからは、本格的な引き継ぎ業務に。11月中は朝4時30分に起きて、毎朝豊洲市場へ仕入れに同行し、その後大田市場で働くW市場生活が始まりました。

果物については大田市場で経験していた私ですが、野菜の仕入れや卸しはまだまだ経験不足。森田のお父さんに同行して仕入れをしたり、伝票の整理を習ったり。野菜に関するさまざまなことを、森田さん夫妻から教えていただきながら、青果店の仕事を学んでいきました。

そして、11月30日(火)にご夫婦が八百屋を運営する最終日を迎え、12月からは私が青果店の配送業務を引き継ぎ、今までのお客さんへの納品を頑張っています。まさか私が青果店をすることになるとは思ってもいませんでしたが、やるからにはより良い、よりおもしろい青果店にしていきたいです!


資金がない中手作りでリノベーション

無事に森田さんご夫妻から引き継いだ私は、4月からのリニューアルオープンに向けて、内装を手作りでリノベーション! 手探りではありますが、少しずつ理想の店舗に向けて改装を開始しました。手伝っていただいた方々には感謝してもしきれません。

商品棚を移動させ、壁も塗り直し綺麗にしました。

そうして完成したのが、こちらの店舗です。左側は将来お菓子(製菓)を販売するスペースです。4月の段階では、まずは店舗での青果販売を目指しています。

右側の棚は青果や野菜・フルーツが使われた加工食品なども販売する予定です。

佐賀県の高級柑橘類「はまさき」。めちゃくちゃおいしいんですよ!

まだまだ、計画の途中ですが、4月のオープンからは、スムージーを作るセットなども提案していきたいです!

4月からの本格稼働に向けてまっしぐら!
正直身体はつらいけど、充実した日々

ここまでお読みいただきありがとうございます。12月から朝4時半に起きて市場で仕入れをし、戻ってきて青果店のお客様に配送・納品。そして大田市場で働き、戻ってきて次の日の納品準備…と、目まぐるしい日々を送っていますが、ここ森田セイカ店を通じてみなさまと知り合う機会に恵まれ、そして国産フルーツの魅力をもっと伝えられるかもしれないと考えながら、ワクワクした日々を過ごしています

高品質な国産フルーツは、少しハードルが高いと感じられる方もいるかもしれません。でも、その良さを生かしたお菓子に入るくらいの大きさのフルーツであれば、もっと気軽にたくさんの人に試していただけるはず。現在は引き継いだ配送業務に奮闘しているのですが、今後は製菓にもチャレンジしてみるつもりです。小さいサイズでもはっきりと国産フルーツの良さがわかるような商品が開発できるまでは、もう少し時間がかかるかもしれませんが、これから製菓作りも頑張ってまいります。

この店舗でチャレンジしてみたいのは、国産フルーツを手に取るきっかけづくりぜひ国産フルーツを一度お試しください! 


リターンのご紹介

このチャレンジのリターンには、フルーツの専門家としての経験をすべて詰め込んだ、絶品国産フルーツをご用意いたしました。国産フルーツに興味が湧いた方は、ぜひ応援よろしくお願いいたします。きっと「いままで食べていたフルーツと違う!?」と驚いていただけるはず!! クラウドファンディング限定のお得なプランもあります。


・高級柑橘詰め合わせセット 6,000 円(送料込み)

柑橘好き必食! 厳選した国産の柑橘類を一堂に食べられるセットです。さつき八朔、美生柑(ミショウカン)、湘南ゴールド、葉付きデコポンなど、おいしい国産柑橘が目白押し!


・5月の特選フルーツセット 1万2,000円(送料込み)

フルーツの種類が充実し始める5月の国産特選フルーツをお届けします。

薮塚小玉すいか、長崎産温室ビワ、宮崎完熟マンゴー、パッションフルーツ、ニューサマーオレンジ(すべて国産フルーツ)など、初夏の恵みをご堪能いただけるセットです。


・春夏秋冬 高級フルーツ味わい尽くしセット(年4回発送)6万円→5万円(1万円 OFF、送料込み)

フルーツアドバイザーの原詩織が、全国の津々浦々のおいしい高級フルーツセットを、季節ごと(春・夏・秋・冬)で送付させていただきます。日本のフルーツの四季をご満喫ください!

春(4月発送):さつき八朔、美生柑、湘南ゴールド、葉付きデコポン、清見タンゴール、宮崎完熟マンゴー、国産パイナップルなどを予定

夏(8月発送):桃(糖度13度以上のプレミアムな桃)、マスカット・オブ・アレキサンドリア、岡山オーロラブラック、貴陽、ネクタリン、グリーンハウスみかんなどを予定

秋(10月発送):静岡クラウンメロン、ピオーネ、太鼓判(南水梨)、紅白りんご(厳然した赤リンゴと青リンゴ計2個)などを予定

冬(1月発送):厳選いちご(やよいひめ or さくらももいちご、など)、化粧箱いちご(いばらキッス or いちごさん、など)、デコポン、蜜星(蜜入りりんご)などを予定


・12ヵ月毎月お届け厳選フルーツセット(年12回発送)
 万2,000円 →6万円 (1万2,000円 OFF、送料込み)

旬の厳選国産フルーツを1年間毎月お届け。「フルーツってこんなにおいしかったんだ」と喜んでいただける品々です。ぜひご賞味ください。送料込みです。
4月:沖縄産パイナップル、美生柑など5月:小玉すいか、小玉マンゴーなど

6月:味の香メロン(生産者が日本でひとり!稀少!)、佐藤錦など

7月:赤肉メロン、プレミアム桃など

8月:オーロラブラック、貴陽など

9月:シャインマスカット、長野パープル、梨などを

10月:ピオーネ、紅白りんごなど

11月:柿3種(秋王、太天柿、太秋柿など、仕入れによって品種は変わります)、さぬきゴールド(キウイフルーツ)など

12月:紅まどんな、ル レクチエ(新潟産高級洋梨)など

1月:フルーツアドバイザー厳選いちご、特選デコポンなど

2月:フルーツアドバイザー厳選いちご、甘平(高級柑橘)、せとか(高級柑橘)など

3月:白いちご淡雪(もしくはミガキイチゴ)、木成り八朔(はっさく)など


・果物の極み12ヵ月毎月お届けセット(年12回発送) 20万円(送料込み)

フルーツアドバイザー・原詩織が実際に食べて感動したフルーツの数々を1年間毎月お届けします。このセットを食べれば、国産フルーツを極められること請け合い! 一生に一度はぜひご賞味いただきたい、特選国産フルーツをお試しください!4月:宮崎県産完熟マンゴー、沖縄県産パイン(ピーチパイン、スナックパイン)、さつき八朔、葉付きでこぽん、清見タンゴール、美生柑、黄金柑、など

5月:藪塚産小玉スイカ、宮崎県産完熟マンゴー、パッションフルーツ、温室びわ、温室佐藤錦、ニューサマーオレンジ、など

6月:味の香メロン、宮崎県産完熟マンゴー、佐藤錦、キングデラウエア、温室桃、温室みかん、など

7月:赤肉メロン、シャインマスカット、巨峰(ブドウの王様)、プレミアム桃(糖度13度以上)、温室みかん、プラムなど

8月:シャインマスカット、オーロラブラック、プレミアム桃、貴陽(大玉プラム)、ネクタリン、グリーンハウスみかん、など

9月:シャインマスカット、ナガノパープル、クイーンニーナ、クラウンメロン、紅ロマン(りんご)、あきづき梨、黄金桃、など

10月:クラウンメロン、岡山県産ピオーネ、“太鼓判”南水梨、紅白りんご、温室柿、ゆらっ子みかん、など

11月:柿3種食べ比べ(秋王、紀ノ川柿、太秋柿、太天柿、など)、紫苑(ぶどう)、紅白りんご(ぐんま名月、北あかり、など)、媛美月みかん、さぬきゴールドキウイなど

12月:プレミアムいちご、ルレクチエ、紅まどんな、太天柿、香緑(キウイ)、蜜入りりんご、プレミアムみかん、王林、など

1月:化粧箱入りいちご、やよいひめ(いちご)、でこぽん、蜜入りまたは高糖度りんご、天草、ころ柿、完熟金柑、など

2月:淡雪(ピンクいちご)、さくらももいちご、クイーンスプラッシュ、大将季(でこぽん)、はまさき(柑橘)、せとか、こん太(金柑)、土佐文旦、など

3月:雪うさぎ(白いちご)、淡雪またはミガキイチゴ、木成りはっさく、日向夏、ブラッドオレンジ、でこぽん、たまたまエクセレント(きんかん)、など

※リターン画像はイメージです。フルーツの入荷状況によって、内容に若干変更が起こる可能性があります。ご了承ください。


<フルーツアドバイザー 原詩織のプロフィール>

ここで簡単ではございますが、私のプロフィールを紹介させていただきます。
--------------------
山梨大学大学院卒。 ワイン科学研究センターに所属し、ブドウの育種、ワイン醸造、乳酸菌について学ぶ。 千葉の造り酒屋に蔵人として半年間勤務。 大田市場直送のフルーツの販売を2年半経験。 現在は大田市場にて、フルーツ定期宅配”果物の達人”の企画運営兼バイヤーを担当しています。 また、一般社団法人FRUIT LOVERS LIFEを立ち上げ、フルーツをもっと楽しんでもらえるように、生産者と消費者を繋げるイベントを開催(2~4回/年)していました。
<メディア出演>
2019
TOKYOFM ONE MORNING ベスト3総研(10/16)
2020
日本テレビ「シューイチ」中丸雄一のマジっすか(9/13)
2021
TOKYO MX「5時に夢中!」(6/7)
関西テレビ放送「スローでイージーなルーティーンで」(8/16)
「月刊農林リサーチ」1月号
マイナビ農業など、フルーツの専門家としてテレビなどのメディア出演多数
--------------------

プロジェクトで実現したいこと

森田セイカ店で実現したいことは大きく2つあります。森田さんご夫妻が今まで頑張ってお取引をしてきたお客さんに、これからも青果を届けること。そして、このお店をきっかけにフルーツの魅力を1人でも多くの人に伝えること。繰り返しになりますが、日本にはまだまだ一般的には知られていない本当においしいフルーツがたくさんあります! ぜひ試してみてください。


資金の使い道について

みなさまからご支援いただいた資金は

・リターンの果物の仕入れ
・物件のリノベーション費
・フルーツを使ったお菓子の開発費
・事業の運転資金
・キャンプファイヤーへの手数料
・通販サイトの制作費

に使用させていただきます。これからもおいしくて元気が出るフルーツをみなさまにお届けしたり、フルーツイベントなどの開催も頑張ってまいりますので、応援よろしくお願いいたします!

今後のスケジュールについて

・3月28日(月) クラウドファンディング終了
・4月2日(土) 森田セイカ店リニューアルオープン
・4月中旬〜 リターンを順次発送
・夏ごろまでに オリジナル製菓完成 発売開始予定

森田夫妻からの応援コメント

「継続していただける方とお会いした中で、原さんしかいないと感じました。商売はやる気がすべて。原さんに続けていただけることが決まった時は、本当にありがたかったです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。」


最後に

大田市場で普段から世界のフルーツに接する機会がありますが、国産フルーツは本当に世界一おいしいと思います。しかし、冒頭でお伝えしたよう、日本では年々果物の消費量が減っているのが現状です。森田青果店の思いとサービスを引き継ぎながら、新しい森田セイカ店から果物の魅力を発見していただけるような店舗づくりを頑張っていきたいと思いますので、みなさまどうかよろしくお願いいたします。

ぜひお店にも遊びに来てください!

<森田セイカ店の店舗情報について>
住所:東京都江東区北砂4丁目21-5
店舗のオープン予定日:4月2日(土)
営業:毎週土曜日 10時〜18時 不定休  

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください