欧米メディアやファッション界が注目するナイロビの姉弟クリエイター、2ManySiblings。彼らは独自のビジュアル表現で、オルタナティブなカルチャーの視点をインスタ経由で世界に発信するミレニアルズだ。彼らの初来日の記録作成と発信、イベント開催を通じて、ケニア発のクリエイティブ革命の動きを広めたい。

プロジェクト本文

(English Summary Follows)

▼自己紹介

グローバル起業家のマキです。東京生まれ、初海外は13歳での渡米経験ですが、世界38ヶ国での滞在経験における多様な出会いを経て、視点とアイデンティティは極めて「グローバル化」しました。現状 ーStatus Quoー に挑戦する好奇心と懐疑心が、わたしの日々の活動の原動力です。

あるナイジェリア人との出会いがきっかけに、約5年前からアフリカや欧米におけるアフリカ人クリエイターの動きに注目しており、南アフリカ人テキスタイルデザイナーとのブランド事業(Maki & Mpho)を立ち上げました。ストーリー性のあるオリジナルの柄が特徴のファッション・インテリア雑貨を販売が事業モデルですが、活動を通じてオルタナティブな視点を世界に発信することがミッションです。オルタナティブな視点とは、既存のシステムや既成概念を問い直すヒントとなるような事例や事象のことです。

過去のプレス実績など: http://www.makiandmpho.com/press/

(ナイロビのカフェ兼デザインショップWasp & Sproutにて。Credit: M. Zentoh)

最近は具体的な発信活動も始め、今年9月発売の「WIRED」日本版(アフリカ特集)発刊に際しては編集協力と寄稿をしました。

2017年8月に開催されたTED会議のレポート(全4記事)↓↓↓
「ありのままのアフリカ」を知る。世界とアフリカの新しい関係がはじまる:#TEDGlobal2017レポート(4)

※WIRED日本版の特集や取材協力の背景に関する若林編集長の号外レター。↓↓↓
ひとを疎外するイノヴェイションに抗うために:科学、ものづくり、アフリカ、そしてアイデンティティ【エディターズレター号外】

▼プロジェクトへの想い:ナイロビ発のクリエイティブ革命を広めたい

2015年夏、東アフリカや南アフリカの各都市を訪れ、クリエイティブセクターを単独開拓する中、もっとも刺激的だったのがナイロビでした。当時クリエイターが集まるイベントが2週末連続で開催されており、多くの出会いがありました。

それ以来、昨年、今年と毎年ナイロビを訪問・取材するなか、現地クリエイティブセクターの動きが、どんどんと活発化しているのを感じました。

インフラや制度が不足していても、スマホとインスタを使って、自分のやりたいことを実現する行動力とパワー。過去や現状に対して内心では中指を立てつつも、親指を立てて未来を切り開いていく、ポジティヴなミレニアム世代の若者たち。

彼らの多くは、植民地化の歴史から軽やかに脱却し、自身のカルチャーに対しての誇りと自信をもち、その姿勢を、音楽やファッション、アートといったさまざまな媒体を通じて、クリエイティブな表現として昇華させているのです。

そんなナイロビ・ミレニアル世代が率いる、クリエイティブ革命の熱気を日本にも届けたい。
一元的な「アフリカ」や「ケニア」のイメージに、多様性をもたらしたい。

その想いが今回のプロジェクトの発端です。

今回来日する姉弟のクリエイターユニット、2ManySiblings(トゥー・メニー・シブリングス)は、そんなナイロビのシーンを代表する実力、世界観、オーラを持ったクリエイターの2人です。

2ManySiblingsは、姉・ヴェルマと弟・オリバーのクリエイターユニットで、インスタグラムやタンブラーを通じて、オルタナティブなファッションやビジュアル・ストーリーを発信するかたわら、若手クリエイターたちをキュレーションしたポップアップ&音楽イベントのプロデュースも行っています。わたしが出会った2015年から年々活動の幅を広げ、米国イエール大学や英国ブリティッシュ・カウンセルからの招聘や、英国、オランダでのミュージアム展示への参加など、ナイロビのクリエイティブシーンを代表して海外でも活躍しています。 

米国VOGUEも注目する彼らの活動!
 ↓↓↓
"Is Africa the Next Big Thrifting Destination? These Kenyan Siblings Think So.

(IG: @2manysiblings

▼プロジェクトの中身:2ManySiblingsの来日イベント開催と発信

日本ではまだ知られていない、2ManySiblingsの魅力と彼らの視点が形成されたナイロビのクリエイティブシーンを、日本にも届けるために、イベント開催とメディア発信をします。

・「WIRED」日本版との共催イベント実施
2ManySiblingsの来日記録のフォトストーリーを制作(12/6-17予定)
ナイロビのクリエイティブセクターに関するコンテンツを作成し、オウンドメディア(Medium)で発信

■ イベント概要「ミレニアルズと現代アフリカンアート」

日程 2017年12月16日(土)~12月18日(月)
時間 11:00~20:00
会場 渋谷ヒカリエ8/ Creative Lounge MOV aiiima 1
住所 150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 8F
共催 Maki & Mpho
協力 株式会社ニーマ(画家マイケル・ソイの日本のエージェント)

■ 企画概要
ナイロビ発のクリエイターを中心に、「アフリカの視点」をキュレーションした、展示・販売・トークイベント。会期中は、Maki & Mphoと2ManySiblingsのコラボレーションによるビジュアルコンテンツの展示、ナイロビの現代アーティスト、マイケル・ソイ氏によるアートワークの展示、ポップアップショップでの関連商品の販売を行う。16日午後には、WIRED日本版編集長である若林恵氏を招いたトークイベントを開催。

▼ トークイベント概要
「アフリカの視点:ミレニアルズとメディア発信の意義」
日時 2017年12月16日(土)13時〜15時00分
会場 渋谷ヒカリエ8/ Creative Lounge MOV aiiima 2
概要 9月発売の『WIRED』日本版VOL.29で、「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」という特集を組み、自身もケニア在住経験があるWIRED日本版編集長の若林恵氏と、ナイロビを中心にクリエイティブ表現の活動を行う2ManySiblingsのヴェルマ・ロッサ氏とオリヴァー・アシケ氏の3名に、それぞれの制作・発信活動の意図を通じた「アフリカの視点」の発信の重要性やおもしろさ、難しさについてお話を伺う。
共催  WIRED日本版(コンデナスト・ジャパン) 

(Photo Credit: Francois Visser) 

▼プロジェクトが必要な理由:資金調達の背景と使途

・・・一方で切実な課題もあります。

当初、2ManySiblingsの来日は、今年の10月後半を予定していたのですが、ビザ取得などの関係で12月に延期となりました。その変更に伴い、当初より経費がかさみ、かつスポンサー企業の状況も変更になり、、といった事態に直面しています。

来日を中止することも検討しましたが、日本のジャーナリズム界においても、にわかに「アフリカの視点」が注目され始めているこのタイミングで、ナイロビのエネルギーを伝えたい。

そう考えて、クラウドファウンディングというPLAN Bに挑戦しています。 

▼資金の使い道

今回のプロジェクトに必要な2ManySiblings招聘に伴う旅費や手当の一部と、イベント開催や発信に関わる諸経費、クラウドファンディング手数料の費用として、65万円を目標にクラウドファンディングを実施します。

目標金額以上の金額が集まった場合は、「アフリカの新しい視点」を発信するオルタナティブなバイリンガル・マガジン(来年度創刊予定)のコンテンツ作成費用となります。本プロジェクト自体、マガジン創刊に向けたパイロットプロジェクトでもあります。

本プロジェクトは目標金額未達でも成立・実施される「All-In方式」です。
少しでも多くのご支援をお待ちしております!!

▼リターンについて

3,000円コース(2種類)

・(先着20名)12/16(土)の上記イベントへのご招待 + 2ManySiblingsの直筆メッセージ
・手書きのお礼(Maki & Mphoオリジナル柄のアートカード)
※アートカードのデザインは、写真のものとは異なる場合があります。

5,000円コース

・手書きのお礼 + 2ManySiblingsによるスタイリングTIP +  Maki & Mpho オリジナルの世界市民ソックス

ソックス商品説明:Maki & Mphoのクリエイティヴ・ディレクター兼共同創業者のデザイナー、ムポ・ムエンダネがデザインした、ズールー語で成人男性を意味するアマドダという名の人の柄をモチーフに、東京の靴下専門メーカー、グレン・クライド社のご協力のもとできあがった商品です。国やカルチャーを超えて連携しあう、グローバル・マインドを持つすべての人々のための靴下です。

オーガニックコットンを使用した柔らかな風合いが特徴。24-27cmぐらいのサイズの方でしたら、ユニセックスで履いていただけます。全5色(ピンク、エメラルド、ブラウン、イエロー、パープル)からお好きな色をお選びください。

(アマドダ柄の原画)

(グリーン)

(ブラウン)

・手書きのお礼 + Maki & Mpho オリジナルバンダナハンカチ

アフリカデザインの布というと、「カラフルな布」を思い浮かべる方を多いようです。カラフルな布の代表格といえる西アフリカなどでポピュラーな蝋染めのバティックは、実はオランダ、東インド会社がインドネシア経由で持ち込んだもので、今もオランダの会社ヴリスコがリーディングカンパニーとして存在しています。布はダッチワックスとも呼ばれています。そんな経緯から、いわゆる「カラフルな布」だけじゃない独自のデザインをもっと提示すべきだと考えるアフリカ人クリエイターも少なくありません。この白のハンカチはそんなちょっとしたポリティカルアジェンダが込められた「あえて白」のテキスタイルを使っています。パッと見ではなく、その奥にある発見やストーリーを楽しむ人に。

スカーフ商品説明:Maki & Mphoのオリジナルの柄で、兵庫県の伝統の先染織物メーカー、阿江ハンカチーフ社の協力のもと織り上げられた、コットン100%の大判ハンカチ(55 x 55cm)

10,000円コース(2種類)

・手描きのお礼 + 2ManySiblingsによるスタイリングTIP + Maki & Mphoオリジナルスカーフ(先着順で2種の柄およびイエロー、ブルー、ピンク、グリーンの中からお好きな色・柄をお選びいただきます)

スカーフ商品説明:Maki & Mphoのオリジナルの柄で、兵庫県の伝統の先染織物メーカー、阿江ハンカチーフ社の協力のもと織り上げられた、コットン100%のトラベル仕様のロングスカーフ(55 x 250 cm)

(ブルー)

 

・手書きのお礼 + 2ManySiblingsフォトストーリーのアートカードセット 

来日中の2ManySiblingsの記録のフォトストーリーを、アートカードとしてお届けします。

30,000円コース(2種類)

・手書きのお礼 + ナイロビギフトバッグ(ナイロビ拠点のクリエイターが手がけるユニセックス商品やインテリア雑貨をキュレーションしてお届けするサプライズギフト)

・「アフリカインサイトー特別Q&Aセッション90分」:わたしが知る「アフリカの視点」やクリエイティブセクターのインサイトなど、なんでもお答えします(電話会議)

50,000円コース(2種類)

・手書きのお礼 + ナイロビ拠点の現代アーティスト、マイケル・ソイ氏手描きペイントのトートバッグ1点(アートワークは一点ごとに異なります。以下のような代表的なデザインの中から在庫状況により先着で柄をお選びいただきます)

・「アフリカインサイトープライベートコンサルテーションセッション180分(90分x2)」:わたしが知る「アフリカの視点」やクリエイティブセクターのインサイト共有、具体的なコンタクトのご紹介など(電話会議もしくは都内でのミーティング。パトロンの方のニーズに合わせて対応します!

スペシャル!200,000円コース

・ケニア・ナイロビのクリエイティブセクターの取材同行およびテイラーメイドの現地ツアー(現地での取材諸経費込。現地までの渡航費・滞在費は含みません。日程は2018年夏予定。日程の調整可能。)

※支援したいが「ほしいリターンがない!」という場合。。。
パトロンの方のご希望に添えるようなリターンの追加を検討します。メッセージください!

▼最後に

「ひとつの物語はステレオタイプをつくります。ステレオタイプの問題は、それが必ずしも事実と異なるということではありません。それが不完全な情報であり、ひとつの物語が唯一の物語として語られることが問題なのです」

ナイジェリア人作家のチママンダ・ンゴジ・アディチェが、2009年7月に開催された「TEDGlobal 2009」で語った言葉です。

アフリカのクリエイターと聞いて、ピンとくる日本のオーディエンスはまだまだ限られています。
「アフリカ」という言葉自体、限られた文脈においてしか語られないのが現状です。

しかし、2ManySiblingsらの発信を通じて、オルタナティブなストーリーを発信し、ステレオタイプに挑戦したいと思っています。

人生3度目、日本では初となる、クラウドファウンディングに挑戦しています。
1度目、2度目は米国で実施し、いずれも成功しています。

今回は期日まであまり時間がありませんが、ぜひ応援よろしくお願いします!

Hello!
My name is Maki, and this is my first crowdfunding campaign in Japan! Here's a project summary, but if you have any question, please feel free to email me at celebrate[at]makiandmpho[dot]com. Unfortunately, this website is not so bilingual friendly... 

PJ Goal: Invite Nairobi's most influential brother-sister creative duo to Tokyo and spread their perspectives to a wider audience in Japan. 

Why: People in Japan need to know that everything they know about Kenya/Africa might be all wrong. They need to see diverse perspectives. Initially this project was sponsored but due to schedule changes and visa issues, we need additional financing to make it happen. My long term vision is to start a new bilingual magazine to share insights, ideas, and hints to an alternative lifestyle from diverse African perspectives. 

Return: You can pick any amount above 3000 yen. For 3000 yen, you can participate in an event with 2ManySiblings and the Editor in Chief of WIRED Japan on 16 Dec. at 1pm. Or just receive a hand-written thank you letter. You may also choose an option not to receive any return. For 5000 yen, you will receive a pair of socks (picture above). For 10,000 yen, you can either get a scarf or art photos of 2ManySiblings. For 30,000 yen, you will receive curated unisex items designed by Kenya's emerging brands or free Skype Q&A session on Africa's creative scene with me. For 50,000 yen, you receive a special tote bag with an artwork done by Kenya's pop-artist Michael Soi. Or you will have consultation sessions on Africa's creative sector with me.

 

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください