第二回「トランシルヴァニアから伝統手芸を広めたい!」(Onlineワークショップproject)


フォークロアの宝庫であるトランシルヴァニア地方。

現地では手仕事の担い手が高齢化し、その存続が危ぶまれています。

このコロナ危機の中、お年寄りのおばあさんたちは

人々との交流の機会も失われている現状ですが、

現地のおばあさんたちを元気にしつつ、

私たちも手仕事のメッセージを受け取り、お互いを活気づけるプロジェクト。

カロタセグ地方、セーケイ地方、シク村、アパーツァ村など、

現地に14年在住の伝統手芸研究家が皆さまとトランシルヴァニアのおばあさんたちとの

橋渡しをして、皆さまに手仕事の素晴らしさを伝えます。




プロジェクトが成立しましたら、

4月に、現地のおばあさんたちから

手仕事のレクチャーをしてもらえるワークショップを企画いたします。

お忙しい方でもご参加いただけるよう、

時間帯や日にちもいくつかお選びいただけます。

日本にいながらにして、まるでトランシルヴァニアの村々を旅するような

そんな体験をしていただけます。

たくさんのご支援が集まった場合は、後にワークショップを編集して、

映像特典をつけてお送りさせていただきます。

たくさんの方々のご応募をお待ちしております。




目標金 20万円(4日間)

(おばあちゃんたちへの謝礼、カメラマン謝礼、現地までの交通費、宿泊費、機材のレンタル費)



~ワーク・ショップ日程~

・4月9日(土)午後8時~10時(現地時間午後3時~5時)

カロタセグ地方イーラーショシュ

・4月10日(日)午後8時~10時 (現地時間午後3時~5時) 

シク村アウトライン刺繍

・4月16日(土)午後3~5時 (現地時間午前9時~11時) 

バルツァシャーグ地方スモッキング刺繍

・4月17日(日)午後3時~5時 (現地時間午前9時~11時) 

ジメシュ地方イースターエッグ絵付け


*1つのワークショップにつき2時間、2千円でお申込みいただけます。

*材料はそれぞれ、各自でご準備いただけますようお願いいたします。

簡易キットが、FOLK ART TransylvaniaのHPで販売しております。



*参加者の方々にはZOOMミーティングをダウンロードしていただき、

それを通じてワークショップを行います。(1回につき100名まで参加可能)

ワークショップ数日前に一度テストをいたします。



・特商法に関する情報記載について
1.事業者の名称 谷崎 聖子
2.お問い合わせ先 Aleea Sanatatii13/5/15 Sf.Gheorghe 520064 ROMANIA
3.メールアドレス  tououzakka_iciripiciri@yahoo.co.jp


谷崎 聖子(たにざき せいこ)

伝統刺繍研究家、民俗衣装コレクター。

大阪外国語大学ハンガリー語科卒業後、

ハンガリー政府奨学生として2002~2004年までハンガリーの

ブダペスト大学フォークロア学科在籍。

2008年にルーマニア、トランシルヴァニアに移住。

現地の伝統刺繍ならびに民俗衣装を収集し、伝統刺繍の担い手を訪ね、研究をしている。

2012年から定期的に日本、台湾で展示会、刺繍のワークショップを主催している。

トランシルヴァニアの村に暮らす女性たちの手仕事を支援すべく、

展示会などで刺繍の作品を販売している。

クチュリエのイーラーショシュ、ビーズ刺繍、アウトライン刺繍など、

手芸キットの開発にも携わっている。

現地で手芸ツアーの企画、案内人としても活動中。

2021年より現地のおばあさんたちと一緒に本場の刺繍の楽しさを伝える、

「トランシルヴァニアから伝統刺繍を広めたい!」と題したオンラインワークショップを企画している。

HP    「森の彼方-Transylvaniaへの扉」 

著書 文化出版局 「トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュ」

   誠文堂新光社 「カロタセグのきらめく伝統刺繍 

           受け継がれる、ハンガリー民族のきらびやかな手仕事」









  • 2022/05/06 17:39

    カロタセグ地方ペトリ村のおばあさんたちが作った、刺繍のクロスが到着いたしました。タペストリーや花びんを置くマット、麻布に縫い合わせても素敵です。太陽のように力強い赤。さわやかなそよ風のような白、静かな落ち着く青色。実家のほうから今日明日にも発送の予定です。カロタセグのおばあさんの手のあたたかみ...

  • 2022/05/03 16:50

    第二回「トランシルヴァニアから伝統手芸を広めたい!」を好評のうちに終了することができました。遅くなりましたが、ご報告をさせていただきます。1日目カロタセグ地方へ旅立ちの日、カメラマンのお嬢さんが病気で、緊急で病院に駆け込んだり、途中で機材のひとつを置き忘れて取りに戻ったりとアクシデントはありま...

  • 2022/03/25 22:16

    昨年夏に行われた第一回「トランシルヴァニアから伝統刺繍を伝えたい!」プロジェクトの、三日目イーラーショシュのプロモーションビデオが完成しました。カロタセグ下地方の手つかずの大自然や村でおばあさんがイーラーショシュを刺繍する風景、図案職人のおばあさんたちの刺繍に対する思いが伝わってくる映像になっ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください