はじめまして
anji_group です
  • 京都府 / 
初めてのプロジェクト

Team あんじでは、人と人との繋がりを大切にし、訪れた方の記憶に残る飲食店づくりを目指しております。
当店の提供する料理は全てに理由があります。
何度も足を運び、自らの舌で確かめた素材の美味しさ、生産者の方々の想いをカタチにしてお客様に届けたい。
何度も試行錯誤の上完成させた料理を通して、お客様を笑顔にしたい。
「また来るね」と言っていただけるよう、努力は惜しみません。

たくさんの方の想いを繋ぎ、皆様に愛される飲食店であり続けられるよう、私達は日々仕事と向き合い続けます。

【ご挨拶】

皆様初めまして!

この度は数あるプロジェクトの中から当プロジェクトを見て頂き本当にありがとうございます。

Team あんじの新店舗として2021年7月に京都にオープンした
京都のうまいもんや『のくる』店長の藤村です!
Team あんじ代表の中谷と共同でプロジェクトを立ち上げさせて頂きました。

(写真:右 店長の藤村)

『のくる』は、これまで出会った全国の海鮮はもちろん
滋賀県の近隣地域の新鮮な食材をはじめとした
高島の猟師さんから届く鹿・猪などのジビエを加え
野山の恵みを季節や入荷状況に合わせて
おまかせ料理スタイルを中心に提供しております。


今回はその『のくる』から滋賀県の絶品食材を使用した湖魚とジビエ料理を全国の皆様へお届けします。


《なぜ滋賀県の食材にこだわるのか?》

飲食店で働いているとありがたいことに様々な方との出会いがあります。

(写真:猟師の中谷さん)

高島の猟師さんや琵琶湖の漁師さんとの繋がりも、そんな出会いの中のひとつです。
実際に現場にお伺いし、対面でお話をお伺いする中で
魅力的な食材であることに気付くことができ
猟師(漁師)さんの想いを商品にして皆さんに楽しんでいただきたいと考える様になりました。

また、四季折々で変化する湖魚の美味しさを皆様に味わって頂き、
猟師(漁師)さんの想いを少しでも知っていただければと思っております。


【琵琶湖の魅力】

琵琶湖は400万年ほど前に誕生した世界に20ほどしかない古代湖の一つです。

『唯一無二の味覚の宝庫』

とも言われております。

長い年月を得て多様な環境が形成された琵琶湖には
その環境を利用して進化を遂げた生き物が数多く住んでいます。

琵琶湖由来の豊かな食文化に関心を深めてもらうため
美味しくて琵琶湖らしい8種の魚介「琵琶湖八珍」として選定されました。

そのうちの一つが今回出品させていただく『ビワマス』になります。

湖魚も捕獲されたにも関わらず値段がつかないという理由や卸先がないという理由で弱った状態で湖に戻されたりされているのが現状です。

我々はしっかりと調理をすることで美味しく召し上がる事の出来る湖魚を無駄にはしたくないと思っております。


【商品へのこだわり】

生産者の見える商品を安心して簡単に召し上がっていただける様に作りました。


『里山の恵みを皆さんの食卓に』


そう思って日々調理をさせていただいております。
少しでも自然を身近に感じていただけたらと思います。
この湖魚とジビエを通して少しでも滋賀県の魅力的な自然を身近に感じていただけたらと思います。


ローカルな食材に興味がある人もない人も、食事をしない方はいないと思います。

そこまで突飛なものではありませんが
日々の暮らしの中で普段とは少し違うものを食べてみたいという方に
是非一度『湖魚料理』と『ジビエ料理』を楽しんでいただければと思います。

(写真:ジビエ肉を使用した鍋)

今回のリターン品でご準備させていただいている商品の中で当店では“鹿生姜味噌”が人気です。
お店で提供する料理としても温野菜の付け合わせとしてお出しさせていただいています。

お店以外では、阪急洛北スクエアの催事でビワマスコンフィや鴨山椒、にごいの食べるラー油などを販売させて頂きました。

《食材と地域のつながり》

滋賀県は海こそありませんが、自然豊かな土地です。

(写真:琵琶湖)

そこで育った鹿や猪、湖魚は思いの外、食卓に並ぶ機会がないのが実情です。
物流面や販売チャンネルが充実してきている中で、
どの料理も身近にあるはずなのに
実際には日常ではあまり湖魚やジビエ料理が食べられていないのが実情です。

今回出品させていただく湖魚やジビエ商品を通して、皆様に湖魚やジビエというものを少しでも近く感じていただけたらと思います。

(写真:漁師の駒井さん)

古くから狩猟肉は食べられて来ましたが、ここ最近ではレストランや飲食店、雑誌などで鹿や猪、鴨、雉などを「ジビエ」と謳い提供し、お客様に楽しんで頂いている事と思います。

その反面、人と自然との折り合いがつかず、「害獣」として扱われる一面もあります。

田畑の農作物を荒らし迷惑だという考えからです。


その為、個体数の管理の為に猟期以外にも害獣駆除として鹿や猪は捕えられます。

冷凍技術の発達やジビエ人気の影響でただ廃棄される個体は昔より幾分かは少なくなっているようですが、家庭の食卓にのぼることはなかなかありません。

『里山の恵みに感謝を捧げ、余すことなく美味しく頂く。』

美味しく頂くことこそが自然の恵みへの1番の感謝の姿勢ではないかと考えています。

畜産物と比べると流通の面で課題の多い「湖魚」「ジビエ」を身近に感じてもらえれば嬉しく思います。


【リターンのご紹介】

▶︎湖魚のコンフィ

ー湖魚を低温の油でじっくり煮込んだ逸品。
そのままでもしっとりとした美味しさを感じられますが、パスタや炊き込みご飯の具材としてもご利用いただけます。

<成分表>
・名称:湖魚のコンフィ
・原材料名:湖魚(ビワマス、小鮎など)、白絞油、食塩、ローリエ、タイム、セージ、粒胡椒
・内容量:100g(固形量65g)
・保存方法:冷蔵(30日)
・アレルギー表示:なし


▶︎スモークビワマス

ー琵琶湖の固有種であるビワマスを冷燻した逸品。
クリームチーズと合わせるのもおすすめです。

<成分表>
・名称:スモークビワマス
・原材料名:ビワマス、塩、ディル
・内容量:100g
・保存方法:冷凍2ヶ月
・アレルギー表示:サーモン

▶︎鹿生姜味噌

ー新鮮な鹿肉のミンチを角切り生姜と共に味噌で煮込んだ逸品。
ご飯のお供にも、お酒のおつまみとしても楽しめる調味味噌です。

<成分表>
・名称:鹿生姜味噌
・原材料名:鹿肉、味噌、砂糖、生姜、醤油、酒
・内容量:80g
・保存方法:直射日光、高温多湿を避けて常温2ヶ月
・アレルギー表示:小麦、大豆


▶︎猪あぶら味噌

ー猪の旨味溢れる脂身を味噌に練り込みつくられた甘口味噌。
お野菜にディップして頂き召し上がっていただくのがオススメです。

<成分表>
・名称:猪あぶら味噌
・原材料名:猪肉、味噌、砂糖、ピーナッツ、醤油、酒
・内容量:80g
・保存方法:直射日光、高温多湿を避けて常温2ヶ月
・アレルギー表示:ピーナッツ、小麦、大豆

▶︎だしパック

<成分表>
・名称:だしパック  
・原材料名:うるめ節、さば節、いわし煮干し、そうだ節、昆布、かつお節、乾燥しいたけ
・内容量:200g(10g×20p)
・保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存
・アレルギー表示:なし


▶︎鹿山椒

<成分表>
・名称:鹿山椒
・原材料名:鹿(国内産)、砂糖、実山椒(国内産)、醤油、酒、赤ワイン
・内容量:60g
・保存方法:直射日光、高温多湿を避けて常温2ヶ月
・アレルギー表示:小麦


【プロジェクトで実現したいこと】

『ローカルな食材を少しでも身近に感じて頂きたい』
『自分達の口にするものがどの様な環境で採れ、どこから来ているのか』
『それがしっかりと見えていることがどれだけ幸せなことなのか』

このプロジェクトを通して、消費者と生産者双方の心的距離を近づける一助となり、生産者の方々の魅力的な食材が、消費者の方々へ届けられる様な仕組みが出来ればと考えております。

数は決して多くないですが、少しでも多くの方に様々なジビエ料理を味わって頂きたいです。


【資金の使い道・スケジュール】

今後より多くの方々に滋賀の魅力的な食材を楽しんでいただけるように、また、生産者と消費者との距離を近付ける一助となれるようECサイトやwebサイトの充実や商品開発の資金として使用させて頂きます!

4月下旬〜5月下旬:プロジェクト開催
6月中:リターンの発送
※在庫状況によって多少変動する事がございます。
6月中旬〜:道の駅などの外販に注力
6月下旬もしくは7月上旬:通信販売開始予定


【最後に】

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。
これからも滋賀県の食材の魅力を伝え続け
全国に一人でも多くの湖魚やジビエ料理ファンの方が増えるような活動を行ってまいります。
引き続きよろしくお願い致します。



【会社概要】
会社名:有限会社 あんじ
代表取締役:中谷 安志
創業:平成14年3月
会社設立:平成18年1月5日
所在地:〒606-8411 京都市左京区浄土寺東田町37-8
FAX:075-761-5768
メールアドレスanjigroup@gmail.com


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください