はじめまして
ensemble_free_japan です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト

アンサンブル・フリーJAPAN
代表/指揮:浅野 亮介

神戸大学国際文化学部を経て同大学院博士課程前期課程修了。大学院では美学理論を学び、 シェーンベルクを中心とした 20世紀初頭のドイツ音楽を軸に、古典派からロマン派まで広く研究対象とする。 2000年に関西で自らのオーケストラ「アンサンブル・フリー」を設立し、国内の優秀なソリス トとの共演や 100名を超える大規模な楽曲に積極的に取り組んでいる。2013年には、より新しい音楽を開拓するため東京にて「アンサンブル・フリーEAST」を設立。毎回の演奏会で新作の委嘱、 初演を行い、多くの音楽家、作曲家の支持を受けている。2019年、アンサンブル・フリー第 30 回
演奏会を機に関西のオーケストラを「アンサンブル・フリー WEST」と改称。2022年には国内の優秀な若手プロ奏者および音楽を専門に学ぶ学生からなる「アンサンブル・フリーJAPAN」を設立し、従来のクラシック音楽から最新 の現代音楽まで国内外に幅広く発信するために意欲的な演奏会を企画している。




はじめまして。オーケストラ「アンサンブル・フリー」の指揮・代表を務めます、浅野亮介と申します。

私は元々、神戸大学交響楽団にてコントラバスを演奏する側でしたが、メジャーな楽曲だけではなく、あまり演奏会では取り上げられない「日の当たらない名曲」も舞台に上げたいと考えました。そのため、アンサンブル・フリーWEST(以下WEST)と、アンサンブル・フリーEAST(以下EAST)を立ち上げ、これまで十数年、自由に選曲した演奏会の企画と指揮をしながら以下のような特色ある活動を続けてきました。

・演奏機会の少ない楽曲の演奏

よく演奏される曲だけではなく、あまり生で聴くことが叶わない曲も含めた演奏会を企画しています。例を挙げると、日本を代表する作曲家である武満徹さんの「系図」や、芥川也寸志さんの「交響曲第一番」等を演奏しました。その際には、武満さん・芥川さんのご親族にもご来場いただきました。

・現代作曲家へ新作依頼、初演・再演

日本の大変優秀な作曲家の皆さまに新作を依頼し初演を行ってきました。さらに、曲の再演にも力を入れています。世界最高峰の音楽コンクールである「ジュネーヴ国際音楽コンクール」の作曲部門で1位となった、薮田翔一さんや高木日向子さんにも新作を依頼し、演奏しています。

・優秀な若手演奏家との共演

なかなか1位が出ない難関なコンクールとして知られる、ドイツの「ARDミュンヘン国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門で1位に入賞された岡本誠司さんなど、優秀な音楽家の皆さまと共演しています。音楽家だけでなく、曲中の朗読に女優をお迎えし、コラボレーションをしたこともあります。

(...他にも才能溢れる音楽家と数多く共演をしており、できれば全員をご紹介したいところですが、それはまたの機会にとっておきます。)

アンサンブル・フリーWESTの過去の演奏会一覧はこちら

アンサンブル・フリーEASTの過去の演奏会一覧はこちら

“アンサンブル・フリーJAPAN” 設立に至った理由・使命

さて、なかなか舞台に上がらない音楽の1つとして、日本の作曲家が書いた「現代音楽」があります。これらは奏者が取り組むには技術的に困難であったり、楽器の調達が難しいことが原因です。ましてやオーケストラ規模で取り組むには予算的に困難なため、舞台に上げることが非常に難しいジャンルです。実際にオーケストラの現代音楽を聴いたことがある方は、ごく僅かと思います。それでも日本人による作曲は、非常にレベルが高いことを知ってもらいたいのです。山本和智さんのようなユニークな手法を取られる方もいれば、薮田翔一さんのように技術やセンスに優れた作曲家も沢山いるのです。

そんな優れた作曲家をもっともっと知っていただきたく、WESTとEASTでは作曲の依頼・初演・再演に力を入れてきました。職業ではなく音楽愛好家であるアマチュアオーケストラだからこそ、予算や時間に縛られず、自由に現代音楽を取り扱うことができました。また様々な業界の社会人が織り重なる社会的な良さもあります。

その良さを引き継ぎながらも、よりハイクオリティな演奏ができるメンバーによって現代音楽の演奏活動に取り組めば、世界そして後世へと受け継いでいくことが実現できるのではないか...その想いに至り、今回、プロ奏者および音楽を専門に学ぶ学生を集め「アンサンブル・フリーJAPAN」を設立いたしました。

アンサンブル・フリーJAPANの使命は、国内の優秀な作曲家の新作と、従来のクラシック音楽作品を合わせて世界中に発信していくことにあります。

しかし、やはり私たちの力だけでは継続的な活動が困難です。皆様の応援により、現代音楽を取り入れつつ、優秀なプロフェッショナル奏者による演奏会を「長く」続けていくことが可能になります。日本にいる「未来のモーツァルト」となりえる作曲家を世界に知っていただくことや、優秀な作曲家を多く輩出するためのチャンスを増やすことも可能となるでしょう。

すでに定評ある名曲ばかりを演奏しても、次世代の名曲は生まれません。伝統芸能は、脈々と受け継がれるものであり、新しいものを作っていかないと歴史も途絶えてしまいます。このクラウドファンディングにご賛同いただける皆様と、未来に残すべき傑作誕生の瞬間に立ち会う興奮を分かち合いながら世界へ・後世へと音楽を紡いでいけたらと思いますので、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

アンサンブル・フリーJAPAN 公式WEBサイト


現代音楽は、聴いていてもあまり面白くありません。なぜなら、どの作曲家も「今までにない感覚」を追い求めているからです。それを聴いて「面白い」とか「楽しい」、または「悲しい」とか「暗い」など、既にある言葉で表現しきれてしまう作品は駄作なのです。聴き手が「何とも言えない感覚になる」、「この作品はわからない」と感じさせる作品こそ、現代音楽の分野においてはすぐれた作品といえます。

「わからないもの」には、これから理解していく楽しみがあります。そして何より、その作り手である作曲家が私達とともに生きているわけですから、直接、教えを乞うことができます。

一流の作曲家は同時代において誰よりも新しい感覚を持っていて、自分の頭の中だけにある音を楽譜にして表に出してくれます。

100年前、音楽が不協和音の時代に入った時、多くの人は「こんなに汚い和音を書いて何がしたいのか」と訝りました。しかし、よく耳を澄まして下さい。今や映画やドラマ、ゲームなどに使われている私たちがよく耳にする音楽の中には、様々な形で不協和音が効果的に使われています。

最先端の感覚が私たちの身近なものになるまでには何十年もかかります。それが自然な形で降りて来るまで待つのではなく、積極的に聴き取りに来てみて下さい。もしかしたら何十年も後に身近なところから「あの時に聴いた音だ!」と思う音が聴こえてくるかもしれません。


・「継続的に」プロ奏者によるオーケストラを運営し、日本人の現代作曲家、若手音楽家の活躍の場をより多く作ります

年に1~2回、オーケストラの演奏会を開きます。将来的には月1回の頻度で上演し、オーケストラだけでなく、室内楽の演奏会も開きたいと考えています。若く才能のある日本人の演奏家が、優れた日本人の作曲家の作品をどんどん世界中に発信していける仕組みを作り、なるべく定期的・長期的に、たくさん音楽家が活躍できる場をつくり上げたいと思っています。

・演奏会と動画配信によって広く世界中の方々へ広めます

今後は演奏会にとどまらず、英語対応をした上で動画などのデジタルコンテンツをインターネット上で配信し、現代音楽やアンサンブル・フリーJAPANの演奏を世界に広めていきます。

参考:アンサンブル・フリーWEST/EAST YouTubeチャンネル

・現代における作曲について親しんでいただける機会を増やします

私たちが今すぐできることとして、邦人作曲家を身近に感じられるような機会を提供します。今回のクラウドファンディングのリターンにも、作曲をしてもらうコースをご用意しています。将来的には、現代音楽の講座(作曲家に講師を依頼)も開催できればと考えています。


2022年5月31日(火):クラウドファンディング開始

2022年6月20日(月):「アンサンブル・フリーJAPAN 室内楽コンサートvol.1」を実施

2022年7月15日(金):クラウドファンディング終了、感謝メールを発信予定
2022年7月中:プレミアムチケットを発送予定
2022年8月10日(水):「アンサンブル・フリーJAPAN 第一回演奏会」を実施

2022年9月中:公演報告
2022年10月以降:クリアファイル、CD、スコアを順次発送、作品の委嘱仲介・全国演奏会の企画も順次スタート予定


ご支援いただいた資金は下記に充当させていただきます。

◆コンサート実施に向け、ホール、リハーサルスタジオの使用料
◆演奏家への演奏料
◆楽譜購入費
◆楽器運搬費
◆今後の新曲委嘱料
◆チラシ、プログラム制作
◆コンサートスタッフ人件費
◆リターン制作費

*目標金額は第1回演奏会の必要経費である250万円とし、足りない部分はアンサンブル・フリーのメンバーでお金を出し合います。目標の250万円を超えた場合は、次回以降の演奏会に充填させていただきます。


演奏会概要

2022年8月10日(水)開演19:00(開場18:00) J:COM浦安音楽ホール

ハイドン:交響曲第1番
山本和智:ソロバン、打楽器、弦楽器のための《マーマレード》(初演)*
モーツァルト:交響曲第1番
ブラームス(旭井翔一編):弦楽六重奏曲第1番 作品18 [弦楽合奏版](初演)
*ソロバン独奏:西久保 友広(読売日本交響楽団 打楽器奏者)

何百年も昔の現代音楽が、現在のクラシック音楽です。この二つのジャンルは親子のような関係で、切り離すことができません。現代音楽とクラシック音楽の両方に取り組むことによって、過去から受け継がれる偉大な作品が現代に音になって甦る喜びと、未来に残すべき傑作誕生の瞬間に立ち会う興奮を皆様と分かち合いたいと思っています。

出演者はこちら


作曲家/山本 和智

アンサンブル・フリーは、各奏者と作曲家、そして指揮者との関係が濃(こま)やかでありつつも風通しの良い、プロやアマチュアといった枠組みを超えて「音楽」と真摯に向き合っている素晴らしいオーケストラであり、私にとっては非常に有り難い「思索の場」です。

またこのことは、若手の作曲家にとって「チャレンジの場」として機能しているとも言えます。作曲家———、特に若い作曲家にとってオーケストラ作品を書けるチャンスというものはそう簡単に巡ってきてはくれません。そのような中でこうした作曲及び演奏の機会を与えてくれるアンサンブル・フリーは、私たち作曲家にとって非常に重要かつ貴重な楽団と言えるでしょう。そしてひいては聴衆にとって「新しい音楽作品との出会いの場」となることは言うまでもありません。

クラウドファンディングを通じて、アンサンブル・フリーと多くの作曲家を応援していただけたら幸甚です。

アンサンブル・フリーJAPAN コンサートマスター/城所 素雅

私は日本人が日本の曲より西洋音楽を多く演奏していることに、以前から疑問を感じていました。もちろん西洋音楽には名曲がたくさんあることも周知の事実ですが、もっとナショナリズムに満ちた作品や、邦人作曲家の音楽が取り入れられても良いのにな、と考えていたため、浅野さんが邦人作曲家を大事に想い、活動されていることには、知り合う前から好印象を持っていました。

今回アンサンブル・フリーJAPANのコンサートマスターとして演奏することは大変嬉しく、この取り組みの今後の展開も非常に楽しみにしています。現代音楽を取り扱うオーケストラは少ないので、ぜひ「アンサンブル・フリーJAPAN」の応援をよろしくお願いいたします。


日本は古来より豊かな文化を持ち、明治維新以来、海外からも多くを吸収してきました。その結果、国内には数えきれないほどの優秀な演奏家、作曲家がおります。インターネットが普及した現代において、今度は私たちの国から文化を発信し、次世代のモーツァルトやベートーヴェンを輩出することは十分に可能な状況です。

アンサンブル・フリーJAPANの使命は、国内の優秀な作曲家の新作と従来のクラシック音楽作品を合わせて世界中に発信していくことにあります。将来性のある国内の若手プロ演奏家により結成されたオーケストラで、特に国内の作曲家を応援し、世に送り出したいと考えております。その使命を長く続けていくためにも、当団の方針にご賛同いただける皆様からのご支援が必要です。 私たちの次の世代、またその次の世代へと残る音楽文化を創出するため、皆様からの温かいご支援をなにとぞ宜しくお願い申し上げます。


ご不明点・ご質問等ございましたら、下記メールアドレスまでお問い合わせください。

お問い合わせ先(代表):efj22cf@gmail.com

アンサンブル・フリーJAPAN 公式WEBサイト

Twitter

Facebook

Instagram


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/08/09 16:00

    こんにちは、アンサンブル・フリーJAPAN運営です。いよいよ、明日はアンサンブル・フリーJAPAN第一回演奏会です!記念すべき第1回目の演奏会では「ここから始める」という決意のもと、代表・浅野亮介が自ら選曲したモーツァルトとハイドンの交響曲第1番をお送りします。コンサートマスター・城所素雅が「...

  • 2022/08/08 10:00

    アンサンブル・フリーJAPN運営です。第一回演奏会まで、あと2日となりました!先日、クラシック音楽専門Webメディア『おとペディア』さんで取材していただきました!その記事が公開されましたので、ご紹介させていただきます。こちらよりご覧ください。代表・指揮の浅野と、第一回演奏会の新曲を作曲された、...

  • 2022/08/07 10:00

    こんにちは、アンサンブル・フリーJAPAN運営です。 いよいよ第一回演奏会まであと3日となりました!開演前の18:45~18:55に、代表・指揮者の浅野によるプレトークが行われることが決定しました!お時間に余裕のある方はぜひ少し早めに会場にお越しください。 さて、第一回演奏会では、新曲  山本...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください