はじめまして
genshi_kankaku です
  • 長野県 / 
初めてのプロジェクト

原始感覚
真摯に自然と向きあう時、人は感覚の原始へと還っていく、その時におのずと生まれる態度が美であり、その術として 美術があります。
自然というのは、外に広がる世界だけではなく、自らの身体の中に連綿と受け継がれる生命としての自然も含まれます。
縄文時代から受け継がれる生活の中にあたりまえに美のある在り方こそが、本当の豊かさであり、北アルプスの荘厳な自然に抱かれる木崎湖畔で滞在制作を行い、その地に暮らす人と出会うことでしか生まれえない表現を創造することによって地域の“文化”を生み出していきます。
それは、外部と地元が出逢い、アートと伝統、都市と地方を結ぶ、文化の境界域としての祭を生みだすことです。

水のことぶれ
13年目の開催となる信濃の国 原始感覚美術祭は、即興の場に立つことによって呼び出される土地の物語を生み出す「水のことぶれ」をテーマに開催します。
水の土地を訪れる人全てが、あらゆるかたちの表現者であることを思い出すことができる祭りを目指します。

開催期間
2022年8月20日[土]-28日[日]展示予定
宵祭 8月27日[土]
本祭 8月28日[日]

開催予定地
長野県大町市 木崎湖畔、信濃公堂、西丸震哉記念館、美麻爽風館、木崎湖POWWOW、常盤の家、千年の森ほか

ご支援金額100% 達成しました!!

6/29追記 ネクストゴールもクリアして

100万の大台に乗れました!!!

本当にたくさんの人たちからの応援でここまでくることができました!

ありがとうございます!!

この活動を通してもう一つの目的である、

たくさんの人たちに原始感覚美術祭を知ってもらう」という目的もみなさんのおかげで達成できました。

本当に、本当に

ありがとうございます!!!!!



残り数日わずかですが、ネクストゴールを設定させていただきます。

滞在アーティストが原始感覚美術祭でより良い作品が作られるように、

そして様々な人へ縁が広がりますようにと


ネクストゴール
88万円!目指します!!!

先日、達成できたことを原始感覚緊急会議にて報告したところ諸手を上げて喜び合いました。


その後もしネクストゴールを設定するならばどういう理由でやるか話し合ったのですが、2つ考えました。

1つ目は出演者・講演者への謝金の増額。

そしてもっとおもしろい人たちをたくさん呼びたいです!


もう1つは、韓国在住のハ・ジョンナムさんから「国際交流プログラムを実現したい。」との声が上がりました。


ハ・ジョンナムさんからのメッセージをいただいています。

────────

韓国の40年の歴史を持つ、Baggat Artとの国際交流プログラムを実現したいです。

以前から行われていた韓国の作家との国際交流プログラムは数年間活動が途切れていました。

去年、「こんなコロナの時代だからこそ意味のある交流を」との事で、

作品だけでも双方で展示することができればとの思いから、交流が再開しました。

ですが今年の資金難から交流がまたもや停止しかねないという状況に陥っています。

こんな時代だからこそ、意義のある国際交流が行える事を願っております。

────────


昨今の流行り病の関係で、海外の方が日本に来ることが難しくなりました。

それでも原始感覚美術祭の投稿に👍を押していたりとやはり関わり合いたいのだと感じますし、

過去作品を見ていてもとてもおもしろい作品達が多く、話してみたいと私個人思っています。


原始感覚美術祭がよりおもしろくなるように、ご協力よろしくお願いいたします!!



──────────────

このプロジェクトについて

長野県大町市にて開催する原始感覚美術祭が今年で13年目。

楽しいお祭りにするためにみなさんの応援が必要です!

みなさんの原始感覚を呼び覚まし、一緒にお祭りを盛り上げましょう。


自己紹介

申し遅れました。みなさんこんにちは。

原始感覚美術祭2021に遊びに行きました、つむらさひです。

真ん中がつむら

昨年の原始感覚美術祭を皮切りにアーティストデビューしました。

現在は、衝動のままに踊る人です。

よろしくお願いします!

踊るつむら

踊る人になったきっかけは、お祭りの最中にいきなり名前を呼ばれたことでした。

身体表現やコンテンポラリーとも呼ばれるジャンルらしいのですが、アートへの知識はないので詳しくわかりません。

それまでは、ただの一般人?です。

原始感覚美術祭とは? 

原始感覚美術祭は「原始感覚」を持ったアーティストたちが軸になり、参加した人たちとつくるお祭りです。「原始感覚」を持った人なら誰でも表現者として参加することができます。山車をひいて木崎湖を一周




開催から13年目を迎える今年は、「水のことぶれ」をテーマに開催します。

水の土地・信濃を訪れる全ての人があらゆるかたちの表現者であることを思い出すことができる祭りを目指します。

信濃の国 原始感覚美術祭公式サイト


そもそも原始感覚ってなに?

原始感覚の定義は、「過去でも未来でもなく今そのものに立つこと」だそうです。

正直なところ、私にはよくわかっていません。

自然豊かな大町

雄大な山脈ってこういうことか。 

と、どこまでも続く尾根が美しくて そばにある木崎湖には朝5時に霧が立ち上り、

まるで龍が湖の上を飛んでいるような優雅で壮大な景色でした。 

そんな信濃の国に住んでいる人達は とても芯があり、かっこいい人達です。

種を自分達で保存して文化を守っていこうとする人

子供達が学校以外でも学べる場所をと作り続ける人達

お米を農薬除草剤一切使わず本当に昔ながらの方法で作っている米農家さん

まだまだ紹介しきれないのですが、 たくさんおもしろい人達が住んでいました。

みんなそれぞれ大事な想いがあって、 信念を持って活動しています。 

たぶんそんな信念を持つ事だとか、 大切にしている事を持っているだとか、

今を大事に生きることが原始感覚なのかな、と 長い夏を通して感じました。

原始感覚美術祭は参加者全員でつくりあげるお祭りです。

太鼓を叩きながら山の中をズンズン進む感覚。

音を鳴らして山車を引く、衝動のままに身体を動かす躍動。

山車引きの最中にみんなで胴上げをして湖に投げ入れられる一体感。

踊っているときに「これだ!」と思う瞬間。

終幕を即興で飾る原始感覚獅子舞。


踊ったことのない人でも急に踊りだすのが許される空間がそこにあります。

全ての人が参加者であり、表現者であるからこそ、作らないと楽しめない側面もあります。

創作には産みの苦しみや自分と向き合う必要があるからです。


私は、原始感覚美術祭に参加する2か月程前に祖母を亡くしていました。

この時に、「もっと自分が強ければおばあちゃんを支えられたんじゃないか」と感じていて、死について考えながら祭に参加していました。


お面の制作で行き詰まっていたとき、周りが私の作品づくりで一緒に遊んでいるような感覚で助けてくれたこと。

自然豊かな大地に、山の神様に抱擁され許された気がして踊りたいと思ったこと。

祭を、制作を、踊りを通じて、祖母の死に際して自分の中で押し込めてたものがやっと見えるようになって「つらいことと向き合っていいんだ」と自分と寄り添えたような気がしました。


つむらが参加したきっかけ 

つむらが原始感覚美術祭に参加したきっかけは、「キャンプやってるなら土器こねなよ」と言われたこと。それだけです。私は「わかった」と答えました。


土器をこねているとき、私は泣いていました。

「生きるということは制約がかけられることで、わりと好きに生きてきたと思っていた自分にも傷はあるんだ」「手放しに楽しんでいいんだ」と気づいて、こねながら泣いていました。


土器をこねながら泣いている奇特な私を見て、祭の関係者の杉原信幸さんと中村綾花さんが原始感覚美術祭の冊子を見せてくれて「面白い人たちがいっぱいいるところだ」「おいでよ」と誘ってくれました。


原始感覚美術祭の構想

今回なぜクラウドファウンディングを始めたかというと、補助金に元手が必要だったり、 補助金がとれなかったことをきっかけに、補助金以外の資金繰りを模索し始めたことです。

そんな中、クラウドファウンディングを通じて、たくさんの人と関われるきっかけとし、
面白いお祭り、楽しむ場を作ることを考えました。

面白いアーティストさんを呼び、そこに人が集まる。

そこで起こるリズム、空気、表現。

面白いリズムがあれば踊るし、美しい表現があれば涙が出る。心が揺さぶられるのは楽しいです。

もっともっと「楽しい」を生み出すために、揺さぶるようなすごい人が呼びたい。これが構想です。

開催概要

開催期間2022年8月20日[土]-28日[日]展示予定

宵祭 8月27日[土]

本祭 8月28日[日]

開催予定地

長野県大町市 木崎湖畔、信濃公堂、西丸震哉記念館、美麻爽風館、木崎湖POWWOW、常盤の家、千年の森ほか

プロジェクト実施スケジュール

2022年5月上旬時点でのスケジュールとなります。

5月下旬 クラウドファウンディング開始

6月30日(木)クラウドファウンディング終了 

8月20日(土)-28日(日)原始感覚美術祭展示予定 

8月27日(土)宵祭

8月28日(日)本祭 

資金の使い道 

本クラウドファウンディングはAll-in方式(実行確約型)で実施します。
目標金額に達しない場合にも、原始感覚美術祭は開催とご支援いただいた方へのリターン品の提供を行います。
本クラウドファウンディングで集まった資金は下記に使わせていただきます。

作家滞在制作費 約21万

出演者・講演者謝金 約20万

リターン提供費 約20万

クラウドファウンディング手数料 約9万(12%+税)

※費用内訳は70万円調達時の概算です。ご支援総額やご支援プランの数などにより変動します

リターン紹介

原始感覚美術祭は、「原始感覚を持っている」というくくりしかないのでいろんな作家がいます。

リターンは、バリエーション豊かな作家の作品です。

お気に入りの作品・作家さんがいたら買ってみてください。


私個人的な作品・作家さんオススメしていきます。

安土早紀子 あなたのほしい歌を作ります

おはなしをする もしくは
あなたの したいことや おねがいをきいて
うたをつくって おくります。

たとえば たくさんねたい! とか
わくわくしたい とか
そんな きもちに なれるような
うたを つくります。

あんどさきこさんは、人口20人未満の志々島に住んでいる人です。

歌を歌ったり、ピアノやいろんな楽器を弾いたり、満月の夜に海に飛び込んで塩をつくったりする人です。

自分でも気づいていない癖や生き方を見つけてくれる人で、優しい言葉で慰めてくれたことがありました。

困ったときに舟で乗り付けて、助けてくれたこともあります。

そして変な人なので面白いです。

そんな面白い人があなたのほしい歌を作ってくれます。


あなたの街で竪穴式住居つくります

突然ですけど、新築に竪穴式住居いかがですか?

第1回から参加している縄文人おじさんがあなたのために竪穴式住居を作ってくれます。(がんばって出張してくれます。)
この写真の竪穴式住居は実際に縄文おじさんこと黒田さんが、自作の石斧で切り出した木材を使用して作られています。確認したところ返礼品の竪穴式住居は石斧での制作はちょっと厳しいとのことでした…。

ただ、原始感覚美術祭ではいつも石斧で木を伐り出しているので、その際石斧を振るってみたい人は声をあげていただければ体験できますので、気押されず声をかけてみてください。


そのほかにもおすすめしたいものがたくさんあるのですが、泣く泣く割愛させていただきます。

参加作家の人数がとても多いのと、みなさんクラウドファンディングから新しい出会いが増えることが楽しみなようで、どんどんいろんなものをだしてくださりリターンの量がすごいです。

祭を面白いと思ってる人とつながれて、面白い人たちがのびのびと暮らせるようになれば何も言うことはありません。


さいごに

原始感覚美術祭では、参加した人も祭の一部になります。

たまたま宿泊者として訪れた方が流れで祭に参加して、最後まで一緒に祭を楽しんだこともありました。誰しも訪れた時点で出演者、お祭りをかたどる一部です。


クラウドファウンディングで興味を持ってくれた人、「よくわかんないけどおもしろそう」と思ってくれた人。

そういった人たちが祭に参加して「おもしろい」を一緒に作ってくれると嬉しいです。

そうして日常ではない、ちょっと変な、でもおもしろいを楽しめる人が増えるといいなと思います。


ここまで読んでいただきありがとうございます。

ご支援、よろしくお願いします!

  • 2022/06/30 23:59

    原始感覚クラウドファンディングこんばんはつむらです。とうとう原始感覚クラウドファンディングが終わります。連連と続いた活動報告もこちらで最後になります。そもそもメッセージを集めて公開し始めた理由は、私1人では’原始感覚’を伝えられない。と本文を書きながら痛感し、たくさんの視点と角度から伝えたかっ...

  • 2022/06/29 10:30

    こんにちは つむらです。原始感覚クラファン残り1日!! 最後のアーティストメッセージは馨子さんです。告知などでちらほらと名前が出ていたと思いますし、ご支援者の中には友人という方も凄く多いと思います。内輪話になりますが、馨子がいなければこのクラウドファンディングをはじめることは出来ませんでした。...

  • 2022/06/28 10:00

    こんにちは鈴木 彩花です。今回の活動報告は昨年パフォーマーとして参加した実験躰ムダイさんと、当時1才の娘のルカちゃんが原始感覚美術祭で体験したお話です。わたしはムダイさんとルカちゃんにボディペイントをしてコラボレーションしました。ムダイさんから聴いたお話をわたしの目線も交えてお届けします。それ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください