はじめまして
MICHIZURE1000000movie です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト
はじめに・ご挨拶

当プロジェクトをご覧頂きましてありがとうございます。

MICHIZUREと申します。
今回、映画を製作するにあたり、前例がない事に挑戦をする。皆様を未知にお連れする…もしくは道連れになってしまうのか。いい意味で道連れにしたい。そんな意味合いを込めて創ったチームとなります。
メンバーは現在4名、
映画制作をメインとする川又崇功
舞台製作が生業の谷口航季
インフルエンサーマーケティングの近藤久弥
営業マンの吉田拓司
それぞれジャンルや仕事も違う。ただ、面白いものを創りたい!と集まったメンバーです。

今回初めての映画製作となり、その第一歩としてかつて小劇場で上演された作品
「Not beer but low-molt beer」を映画化することとなりました。
第一歩ということで手探りながらも製作を進めていき、無事にクランクアップしました。
今回そんな作品を広く届けるために、このプロジェクトを立ち上げ、それとともに
今後に繋がるための活動を進めていきたいと考えております。

このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトで実現したいことは、新たなプラットフォームの形成、その実現のための
形作りです。
今回私たちが挑戦するのは「舞台作品の映画化」です。
①脚本の筋は変えず、映像的手法やロケーションなど、より面白い作品に変化させる。 画の力や、カット、クローズアップなど

②映画館での上映や映画祭への出品で様々な人たちに見てもらう機会を得る。
広くは海外の映画祭への出品など、作品を半永久的に届けられる。

③様々なジャンルからキャスト・スタッフを募ることで、その輪を広げることができる。
映画、演劇に留まらず、文化人などを交えて総合芸術としての質を向上。

④舞台→映画という流れが成功し、そこから再び舞台に繋げることで、演劇も盛り上げられる。
閉鎖的なイメージのある舞台演劇を少しでも身近に感じるきかっけになる。

私たちは映画も演劇も好きです。
映画はこう。演劇はこう。などルールはなく、好きならどっちもやればいい。
密接な二つのエンターテインメントをどんどん掛け合わせればいい。
そこに面白い作品があるなら、それを広げる新たな方法やパッケージを考えていけばいい。
コロナ禍で映画や演劇の届ける形式が変わっていきました。
映画はサブスク形式が増え、映画館で上映される機会が減る一方、映画館でこそ観たいという声も上がりました。
演劇は生配信が当たり前となり、またリモート演劇で劇場外や自宅での演劇という新しいものが生まれました。
今回のプロジェクトもそんな新しいエンターテインメントの形になる可能性があると、私たちは思っています。

今後演劇作品を映画にという文化が広がるかもしれない。
面白い演劇作品が面白い映画作品になるかはまだ分かりません。
その新しい可能性を一緒に探ってみませんか?
これはジャンルを飛び越えた挑戦の最初の一歩です。

そんな新しい形だからこそ、もちろん壁もあります。
メジャーな商業演劇ではなく小劇場の作品ゆえ、世間の浸透率はありません、
原作が広く知られている作品ではない、だからそこで諦めてしまうのか、いい作品を埋もれさせていいのか、このままの形でエンタメを盛り上げられるのか。
そんなことを考えながら、私たちは未知の領域に挑戦することを選びました。
いい作品をたくさんの人に届けたい!
それが私たちがこの作品、プロジェクトで成し遂げたい最終目的地です。
映画は撮影を終え、これから編集や映画祭・劇場公開に向けての準備が待っております。
それと同時にこのプロジェクトの支援から、本作の舞台リメイクを進めていける糧にしていきたいと思っております。


これまでの活動
「MICHIZURE」としての活動は本作が初めてとなります。
これまでメンバーそれぞれが各々のフィールドで活動を行なっています。

メンバーのこれまでの活動
川又崇功
俳優として活動し、2019年からはキャスティングプロデューサー川口真五氏を師事。アシスタントプロデューサーやキャスティングとして数多くの映画に携わる。
「賭ケグルイ双」「東京リベンジャーズ」「妖怪シェアハウス~帰ってきたん怪~」他
https://skeletoncolor.com/

近藤久弥
16歳で芸能活動を開始し俳優、タレントとして活動したのちインフルエンサーマーケティングの道へ。現在は、主に企画やプロデュース業に従事し新たなエンターテイメントの創作に尽力している。

谷口航季
大学在学中から俳優活動を始め、現在は自身が主宰をするimgで舞台やリモート作品の製作を行う。
また演出助手、配信やスタッフ業など活動は多岐に渡る。
「私たちに明日はある」「ありのままに生きろ。今」「劇団ドガドガプラス」 他
http://site.wepage.com/img-officialweb

吉田拓司
2017年より新卒でベンチャー企業に入社し、法人営業と採用担当を務める。
その後2018年に転職し、システムの販売やカスタマーサクセス、代理店営業等多岐に渡り営業に従事。

プロジェクトをやろうと思った理由

メンバーのうち3人は舞台製作に携わり、役者としても活動をしていました。
舞台は上演期間が短く、またキャパシティや体力面などから1日2公演が限界です。
それでも舞台作品には良質で、素晴らしい作品が日の目を見ずに埋もれている事が多々あると私は思います。
今回映画化する作品も、キャパ50人の小劇場だったにも関わらず、毎公演立ち見、そして驚異のアンケート回収率97%でした。
将来的には、漫画原作→映画化が主流の映画界に新しい風を吹かせたい!それでいて、演劇界も盛り上げたい!!これが私たちMICHIZUREの目標です。

映画「NOT BEER」 について

あらすじ
資産家の妻・ハルエ(金子早苗)と金の買収の約束を取り付けた二人組の詐欺師・鮫島(玉城裕規)と押切(相馬理)。
しかし、ハルエの元を訪れると通夜が行われていた−−。
「私、瀧ハルエの財産は、通夜の日に最後まで残った方に、相続いたします」
遺言執行人の弁護士・辻(伊藤慶徳)が読み上げると、孫の早妃(永瀬未留)を含む四人の騙し合いが始まった!
ニセモノの嘘つきたちがたどりついた“最後の嘘(やさしいうそ)”とは!?
嘘が嘘を呼ぶハートフルワンシチュエーションコメディー。


・登場人物/出演者

人のいい詐欺師・鮫島優/玉城裕規
1985年12月17日生。沖縄県出身。
Japan Anime Liveにて「NARUTO -ナルト-」サスケ役を務めたことをきっかけに小説原作「少 年ハリウッド」伊達竜之介 役へ出演すると大きく話題になる。近年は「刀剣乱舞」など話題作に出演



発言の軽い明るいチャラ詐欺師・押切淳平/相馬理
1996年10月23日生。静岡県出身。YouTuberユニット「真夜中の12時」メンバー。
2018年にABEMAで配信した恋愛リアリティーショー「私の年下王子さま」に夏・冬の2シーズン連続出演で人気を獲得。役者、モデル、インフルエンサーなど多彩なジャンルで活躍中。本作が映画初出演。


謎を秘めた孫・二階堂早妃/永瀬未留
2000年1月1日生。大阪府出身。
2019年に短編映画『最後の審判』(川上真也監督)でヒロインとしてデビュー。主な出演作品に『由宇子の天秤』(21/春本雄二郎監督)などがある。本作のオーディションにて500名の中から抜擢。


鍵を握る弁護士・辻知成/伊藤慶徳
1983年2月24日生まれ。茨城県出身。
2005年から舞台を中心に活動を始め、『リアル鬼ごっこ』(08/柴田一成監督)で映画初出演。その後も舞台、映画、ドラマなどに出演。2022年には『茶飲友達』(外山文治監督)などの公開も控えている。



金子早苗



園田あいか 今出舞 田村響華 

佐渡ツムジ 石塚みづき 宗綱弟 神田川侑希


スタッフ
監督:中川寛崇
脚本:佐渡ツムジ
音楽:f-ino
撮影:米澤郁弥
照明:溝江利文
録音:渡部未佳
美術:柏木凱斗
編集:田村宗大
音響効果:R.O
ヘアメイク:出町莉里/梶山ひな
衣装:平山空
撮影助手:望月七海
照明助手:髙平真衣/中島遥香
録音助手:引野大幸/松川航大/山中ひより/小倉咲里
タイトルロゴデザイン:久住ヒデト
スチール:JUMPEI TAINAKA

資金の使い道

資金は主に
映画祭出品のための費用また海外映画祭のための費用、
劇場公開に向けての営業費用および宣伝費
などに使わせていただきます。

目標金額=150万

◆海外映画祭へ出品するための経費
 ・字幕作成→ 約20万円
 ・DCP(世界基準の上映フォーマット)作成経費→ 約20万円
 ・映画祭応募料及び経費→ 約15万円

◆国内での劇場公開の経費(宣伝費含む)→ 約30万円
◆クラウドファンディング返礼品費用→ 約10万円

◆クラウドファンディング手数料ほか→ 約18万円

舞台化製作費→ 約20万円〜


リターンについて

支援に対して、しっかり応えたい、と思っております。
定番のものから小道具などいろいろと値段に応じて、用意させていただきました。
今作の魅力やキャストの皆様の限定品など盛りだくさんです。


MICHIZUREからのお礼のメール

主宰、MICHIZUREのメンバーによるお礼のメールを送らせて頂きます。
また今後のために・オススメの劇団・映画化を希望する舞台作品などのご意見も返信やメッセージでお送りください。
1000000movie@gmail.comからのアドレスを受け取れるよう設定をお願いします。


『NOT BEER』本編のオンライン限定配信
完成した作品を適正な動画共有サービスにて限定公開しメールにてURLをお送りします。
本編の劇場公開前に作品を鑑賞することが可能です。
視聴期間期限を設けさせていただきます。配信終了の際は事前にご案内致します。
(作品の著作権は、制作者に帰属します。無断使用はご遠慮ください)


限定ブロマイドA~Cセット
非売品です。メインキャスト4名それぞれの本編・オフショットのブロマイドセットとなります。
各セットお一人ずつ4枚 全てのセットで12枚となります。郵送にてお送りします(送料込み)
ABCぞれぞれの内容は異なります。Aセットの場合
玉城裕規さんA、相馬理さんA、永瀬未留さんA、伊藤慶徳さんAとなります。
撮影:JUMPEI TAINAKA


ゲスト参加俳優応援グッズ
ゲストとして参加してくださった俳優さんの限定チェキ(サイン入り)となります。
A 園田あいか B 今出舞 C 田村響華 からお選びください。
郵送にてお送りさせて頂きます(送料込み)


エンドクレジットにお名前を記載(小〜大)
映画の終幕を飾るエンドロールに、この作品をご支援くださったご協力者様としてお名前を掲載させて頂きます。希望者のみ

※支援時、必ず備考欄に掲載を希望されるお名前をご記入ください。ニックネームも可能です。
また、掲載NG希望者は掲載無しとさせて頂きます。
※映画完成時に、クレジットとして掲載することでお届けとさせて頂きます。以降も、作品と共に残り続けることとなります。(記載をご希望されるお名前(ニックネーム可)でクレジットされます)


台本データ
本作の決定稿の台本データをお送りいたします。完成した作品は現場での台詞変更などもあるので、
その違いを楽しめるかもしれません。

オリジナルパンフレット(サイン入りもあり)
クラウドファンディング限定の本作オリジナルパンフレットとなります。登場人物の紹介やオフショットなど盛りだくさん。カラー20ページ程度を予定。
郵送にてお送りさせて頂きます(送料込み)
撮影:JUMPEI TAINAKA


「NOT BEER」オリジナルサウンドトラックデータ
本作劇中で使用されるオリジナル音源のデータURLをメールにてお送りします。
楽曲の内容は現在未定です。本編使用オリジナル音源を数曲予定。
(作品の著作権は制作者に帰属します。無断使用はできません)


「NOT BEER」クラウドファンディング限定メイキング映像
パッケージ特典とは異なる映像を収録した限定のメイキング映像になります。
動画共有サービスにて限定公開しメールにURLをお送りします。
視聴期限はありません。
(作品の著作権は制作者に帰属します。無断使用はできません。)

劇中使用小道具
非売品です。本作の劇中に登場する、鮫島と押切の名刺の現物になります。
郵送にてお送りさせて頂きます(送料込み)


試写会ご招待【限定21名】
映画完成後行う"完成披露試写会"にご招待させて頂きます。試写会では、出演者の舞台挨拶も予定。
最も早く「NOT BEER」を鑑賞することが可能です。
詳細はメールにてご案内します。
※都内にて実施予定(移動費等は支援者様負担となります)
※実施時期の情勢にもよりますが、広さに余裕のある会場で、密集を避けての開催を予定しております。
※2022年夏頃実施予定

メッセージ動画
玉城裕規さん、相馬理さん、永瀬未留さん、伊藤慶徳さんからご支援くださった皆様に向けたお礼のメッセージ動画を送らせて頂きます。
動画共有サービスにて限定公開しメールにてURLをお送りします。
視聴期限はありません。

世界に一つだけロゴ原本
本作のタイトルロゴの原本となります。デザインは落書き家「久住ヒデト」
世界にたった一枚しかない原本となります。
郵送にてお送りさせて頂きます(送料込み)

※ 詳細はリターンの項目でご照覧ください。

実施スケジュール

2022年

5月:映画撮影・編集。プロジェクトスタート。
6月:カラコレ、MAによる仕上げ作業。
  映画館公開のための宣伝材料などの作成、および公開交渉を開始。
7月:字幕など海外映画祭応募のための英語字幕入りバージョンなどを作成。
  映画祭に応募開始

夏頃~:本プロジェクトのリターンの一部開始
    完成試写会の実施

2023年~:映画館公開(目標)   

      映画祭の返答/海外映画祭に参加/ご報告

最後に

演劇界はコロナの影響で、お客様に届けれずに中止を余儀無くされることが少なくありません。 そんな思いを経験した仲間、そして自分達自身も悔しい思いを経験しました。 舞台は、稽古期間が長いですが、本番期間は短く、その上出演者が陽性となってしまったら本番を上演できず、 全てが水の泡となってしまいます。そんな悔しい経験をもう二年間も繰り返してきました。 どうにか作品を別の形で届ける方法がないのか、その方法の一つが、別のコンテンツとして 舞台を作ることにあるのです。舞台を、演劇を諦めるのか?違います。また劇場に戻ってくる 「きっかけ」を作るのです。作品製作という意味では同じである映像化で広く認知してもらえたり、 作品を愛してもらえれば、この作品を舞台でも見たい。別の作品を見てみたい、と思って頂ける 人がきっと増えるはずだと考えました。これはもちろんコロナ収束後にも繋げられるパッケージであると確信して います。今後この作品が成功し、形ができていけば、劇団からの映画化の依頼や、様々なジャンルの作品に挑戦すること も視野にいれています。 私たちはエンターテインメントが好きです。エンターテインメントに育ててもらい、勇気を、活力をもらいました。 だから僕たちはそんなエンターテインメントを止めずに、走り続けることを選択しました。 始まりとなるこの作品をなんとしても成功させたい。 皆様の力を貸してください。 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/07/02 20:00

    祝・支援額100万円突破!!!ありがとうございます!!!ついにここまできました...残すところも約40万円もし達成してもその先の活動のために、ぜひともたくさんの支援をそのためにこのプロジェクトのことをぜひたくさんの方に知って頂きたい。間もなく、NOT BEER からあるものが発表されます。皆様...

  • 2022/06/24 20:30

    第二章"未知連れ"素晴らしいキャストが決まり順調に?進んでいく準備。アレ…美術部いなくねえ?!…スタッフも募集してみる…?オーディションでの一期一会に味をしめたMICHIZUREメンバー。募集してみると、結構な人数からメールが届く。その中で一際目立つ、熱い厚いメールを送ってくれたのが、今回の美...

  • 2022/06/19 23:00

    気がつけば、53%達成!!!!皆様、本当にありがとうございます。想像を遥かに超えるご支援、それにお答えするために…7月頭にとっておきの情報解禁があります!!!!乞うご期待下さいませ!!!!あ、最近スマホをiPhone13に代えたのですが…LINEが流失しました。奇跡ってSHINZIRU?後編オ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください