Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

もったいない、一流チョコ!食品ロスを減らしつつ、カンボジア支援の資金を作りたい!

5a9cb81f 2d4c 441d a463 06540ab91ef9.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
1,507,384円
パトロン数
178人
募集終了まで残り
終了

現在150%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2018-02-19に募集を開始し、178人の支援により1,507,384円の資金を集め、2018-03-24に募集を終了しました

【ストレッチゴール挑戦中】創業83年の高級チョコレート会社さんから「カンボジア支援に協力したい」と不ぞろいチョコの提供がありました。みんなで食べて日本のフードロスを減らしませんか。「もったいない」「美味しそう」「お得」「それがカンボジア支援になれば」など、動機は人それぞれ。ぜひ仲間になってください!

 (3月5日12時追記)

みなさまのご支援のおかげで、3/4目標金額100万円を達成しました。ありがとうございます!結果として159kgのチョコがロスになることなく、お届けできることになりました!

そして新たな目標(ストレッチゴール)を150万円とさせていただきました。

100万円までと同じ比率でチョコがリターンに選ばれるとすれば、新たに約80kgのチョコがロスにならずに済みます。同時にカンボジアに使えるお金も約20~25万円ほど増えるでしょう。※詳しくは活動報告をお読みください。

そうなると、優先順位としてあげていた(1)教材の購入(2)トイレセットの設置をきちんとしたグレードで行えるとともに、端数を(3)に掲げていたPSE(教育と職業支援プログラムを一貫して行うNGO)に寄付するお金にまわせるはずと計算しています。

これは、チョコを選ばないでください!という意味ではないです(笑)

フードロスの削減とカンボジアの支援を同時に叶えることが「ロスゼロ・プロジェクト」の本意ですので、チョコもたくさんリターンに選んでいただき、たくさん召し上がってください!!

引き続き、たくさんの笑顔があちこちで生まれるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

はじめまして!文美月(ぶん・みつき)と申します。よろしくお願いします!

 

私は17年前に起業し、リトルムーンインターナショナルという会社でヘアアクセサリー

製造と卸、販売をしています。ネットショップ5店舗でも販売しています。

また自分の起業の経験を活かして、ビューティフルスマイルという会社で女性や若者の

自立支援につながるような活動や全国の行政機関や大学などでの講演、執筆活動をして

います。プライベートではスポーツ大好き人間!2人の息子の母。

今回のクラウドファンディングのリターンはチョコレートです。その前に、私の話を

少しさせて下さいね。チョコにつながっていく経緯を説明します。

 

 

私が経営するリトルムーンという会社は、ヘアアクセサリーに特化しています。「その

強みを活かして何かできないか」と2010年から始めたのが、日本で使われなくなった

ヘアアクセを集めて、カンボジアなどの発展途上国の少女に寄贈する、という活動です。

日本には「子供が大きくなった」「髪を切った」「趣味が変わった」という理由で処分

されるヘアアクセがたくさんあります。でも実は集まったヘアアクセはまだまだ使えます

活動を始めて7年超、年間4000個ほど集まります。途上国の少女に寄贈したヘアアクセ

は、累計で2万5000点以上。おしゃれをする余裕がない田舎を中心に訪問しています。

 

眩しい笑顔!可愛くなってテンションがあがるのは世界共通だと気づきました。

ヘアアレンジをしてあげると、人だかりができるほどの人気です。

 

ここ数年、集まったヘアアクセを寄贈する以外に販売をしています。現金化したほう

支援方法が一気に広がるからです。そしてその売上をカンボジアの若者の職業訓練

プログラムへ寄付しています。

【参考】ヘアアクセの回収と寄贈の仕組みはこちら

 

カンボジアが求めているのはモノではありません(いえ、モノもまだまだ必要です

けれども)。それより一人でも多くの子供が学習する環境を得ること、若者が社会で

役立つスキルを得ること、働ける場所があること。長期的にみるとそれが不可欠です。

カンボジアは、ポルポト政権時代の悲しい歴史がもたらす独特の社会の歪みがあり

ます。私は次第に教育支援や就業支援の大切さを痛感するようになりました。

下の画像は、美容師育成のコースでヘアアレンジなどをさせてもらっているところ。

チャリティーイベントでヘアアクセを販売したときには、セールスの実践を学ぶ

訓練生が手伝ってくれました。

ただこれらの活動はあくまでヘアアクセサリー会社のCSR活動の域を出ていません。

7年でカンボジアでのご縁や人脈がたくさん出来た今、ヘアアクセに関わらず

会社の枠を超えて教育や就業の機会を増やす活動に関わりたいと考えています。

 

次に、なぜ私がチョコレートに関わりなぜ今回クラウドファンディングをすることに

なったのかという点を説明させてください。

今回チョコをリターンとして提供してくださるのはサロンドロワイヤル社といいます。

83年の歴史があるチョコレート製造販売会社(大阪本社、京都本店)です。 

【参考】サロンドロワイヤル京都HP

前内真智子社長(通称ショコラさん)と私は、経営者向けの勉強会の同期生として

出会いました。ショコラさんが「文ちゃんのカンボジアでの活動に共感している。

サロンドロワイヤル何かできることがあれば協力するよ」と声をかけてくれたの

です!それとはまた別の会話でショコラさんから「形が不揃いなチョコが毎月

けっこう出てしまう」という話を聞いたことがあって、あれだけ美味しいチョコが

もったいないと感じていました。私はカンボジアの活動に協力したいというショコラ

さんにこうお願いしました。「ショコラさん、この前、形が不揃いチョコレート

が毎月出てくるって言ってましたよね。それを私に託してもらえませんか!」

 

  

サロンドロワイヤル社のチョコレートは日本でも数々の受賞をしているほか、直近

では昨年の秋に開催されたチョコレートのミシュランとも言われる、世界最大の

祭典2018年「サロン・デュ・ショコラ」にて金賞を受賞しています。

(写真左)2018年度のサロンデュショコラ・ブックに掲載されています。

鴨川を眺めつつジャズピアノの生演奏を聴きながら、パティシエが作るスイーツや

チョコレートを楽しめます。季節によっては京都ならではの床も。

事前にお願いしておけばスイーツ以外の食事や舞妓さんの踊りを楽しむこともできます。

 

ショコラさんとは、阪本啓一氏( 前列中央 )が主催する勉強会MAIDO-international

の同期です。前列右から二番目がショコラさん。サロンドロワイヤル京都にて和装姿

(着物のレンタルができます)で勉強したあと、ジャズピアノを聴きながらみんなで

食事、そのあと舞妓さんの舞踊を堪能したときの写真です。サロンドロワイヤル京都

さんは、美味しいチョコレートはもちろんですがそれ以外に「粋で格別な時間を

提供する空間」でもあるのです。 ※今回のリターンにもこの体験があります。

 

多くの食品メーカーでは製造ラインで、形が不揃いになるものが発生します。サロン

ドロワイヤル社の検品も厳しく、規格外チョコが生まれます。「えっ!これも検品

ではじかれるの!?」というものも。徹底的に品質にこだわりぬいているからこそ

検品基準も高く、仕上がりの品質に厳しいのでしょう。だからこその一流品なのだ

と思うと私たち消費者も納得がいきます。

しかし味は超一流でありながら市場に出回らないのは、やっぱり勿体ない・・

たとえば、このようなものがあります。ナッツに大小差があるもの、ナッツの一部が

欠けたもの、チョコのコーティング後に2つくっついたものなどです。

↑3種類の例を挙げましたがチョコは20種類以上。規格外になった理由はさまざまです。

正規のものと遜色がないもので、ぜひ自宅用や会社などグループ用で食してほしいです。

 

文美月、サロンドロワイヤル社の工場に潜入!足を踏み入れた瞬間、甘い香りが!

製造過程は企業ヒミツで写せないですが、子供のようにワクワクしました。検品

レベルもチョコレートを作る衛生管理のレベルも、とても高いと感じました。

 

日本の大きな社会問題の一つに、日々大量に生まれる食品のムダがあります。いわ

ゆるフードロス問題。日本は簡単に食べ物を捨ててしまいますよね。つい先日も節分で

売れ残った恵方巻の大量廃棄がニュースとなりました。

我が家にも育ち盛りの息子が二人います。家庭と仕事をこなすのに精いっぱいな日々の

中で、どうしても食材を買い込んだり、フレッシュなうちに上手に使い切れないという、

胸の痛い経験が私にも少なからずあります。いち消費者としてもフードロス問題に

無関心ではいられません。農林水産省の推計によると、平成26年度における食品廃棄

物等は約2,775万トン、そのうち本来食べられると考えられる量は年間約621万トン

です。今回の規格外食品この一部にあたります。621万トンは、飢餓に苦しむ人々

への世界の食料援助量が年間約320万トンであるのに比べると、2倍近い数字です。 

 【参考図】食品廃棄物等の利用状況等(平成26年度推計)概念図 ※出典 農林水産省サイト

 

 

しかし実情は一流と呼ばれる食品メーカーは規格外食品のセールなどに積極的とは

言えない状況です。価格にとても敏感で、長年積み上げてきた付加価値を自ら下げたく

ないという本音があります。食品メーカーによって異なる事情がありそうです。

 

私はネットショップを16年やっていて、ネット販売の道ではプロです。しかし私は、

このクラウドファンディングで物販しかもセールをしたいわけではないのです。私に

83年の伝統があるサロンドロワイヤル社のブランドを壊す権利はありません。

 

サロンドロワイヤル社の気持ち、文美月の気持ち、そしてそれをサポート(応援)して

くださるみなさんの気持ち、これらぜんぶ乗せたクラウドファンディングをさせて

ください。サロンドロワイヤル社はむしろブランド価値が上がると確信しています。

 

そこでロスをゼロに近づける≪ロスゼロ≫というプロジェクトを立ち上げました。

それ自体がソーシャル的なブランド価値を持てるようにしたいと思っています。 

 愛と笑顔が循環するイメージ!

 

 

消費できるものは消費し、ロスをできるだけゼロに近づけよういうものです。

まさに名前そのままですが。

今回、資金を出してくださる方へのリターンを、サロンドロワイヤル社のチョコ

レートに設定し、集まったお金の一部をカンボジアの活動に使わせていただきます。

 

フードロスの削減とカンボジア支援を同時に叶えたい!と考えています。

 

≪ロスゼロの仕組み≫

ロスゼロは社会課題を二つ同時に叶えるというビジョンに基づき、「活用されない

食品に光をあてて、サポーターへのリターンとしてお送りする」場を提供します。

これに共感して資金を出してくれる人は「社会をよくするサポーター」であり、

チョコを提供してくれたサロンドロワイヤル社もまた「社会をよくするサポーター」

と言えそうです。

 

資金提供者(みなさま)・食品提供メーカー(サロンドロワイヤル社)・

カンボジアの子供たち・ロスゼロ、そして社会全体。

「三方よし」はWIN - WIN - WIN の状態を指しますが、ロスゼロのプロジェクトは

それを超えて、

HAPPY - HAPPY - HAPPY - HAPPY - HAPPYという5つの連鎖を目指します。

 

 

正直なところ、リターンへのニーズは「美味しいものを食べたい」「ブランド食品を

低価格で楽しんでみたい」というのも大きいと私は思っています!その動機は大いに

アリ!でしょう。食べるという行動の結果が、自然と社会貢献につながるのですから

気負うことなく、ナチュラルだと思います。

 

必ずしも社会貢献をしたいから食べる、サポートをしたいから食べるという順番で

なくてもいいのです。カンボジアは可哀想だから支援しよう、と思わないでください。

彼らは今を存分に生きています。可哀想ではありません。

 

みなさんには、このクラウドファンディングを(語弊があるかわかりませんが)、

いい意味で「面白いプロジェクトじゃないか!」と楽しんでほしいのです。

リターンを楽しむ!それが一番長く続く秘訣なのではないかと思います!

そして、面白いプロジェクトだな、面白い人がやっているな、と感じたら

応援してほしいのです。

 

 

昨年訪れた、Kompongtria Elementary school, Preyveng Province(プレイベン州

コンポントラ小学校)。著しい発展を遂げるプノンペンから車でわずか1時間強ですが

暮らしぶりは一気に変わります(プノンペンにもまだまだ解決すべき問題はありますが)。

ここには児童の教科書が全く足りていません。図書箱もスポーツ遊具もありません。

ここに小・中学校の生徒・約200人分の教材を購入して寄贈します。 

 

お金の内訳の前に、まずこの小学校を取り巻く環境を説明させてください。

↑赤い部分がプレイベン州。プノンペンからほど近いのが分かると思いますが

郊外に少しでるだけで道路が舗装されていない農村の風景が広がります。

小学校の卒業生のおうちに宿泊させてもらいました。井戸がないのでお米や野菜は

雨水で炊きます。洗濯や食器の洗い物は、裏にある池の水でした。

蚊帳の中で寝ました。川の水を溜めたカメでのシャワーとお手洗いは、日本で育った

われわれには少しキツいかも(特に女性)。民家も学校もお手洗いの環境が悪い

です。ましてや暑いので、衛生的でもなく・・。

魚は川で自分で釣り、野菜と調味料は近くにある野草、生きたニワトリを調理、デザート

はマンゴーを木から振り落としました。※今回のリターンにこの民泊があります。

 

次に小学校の環境を説明します。

2017年の2月に訪問した際、私は個人的に一冊だけ英語の本(英語で書かれた、ごく

初歩的なもの)を持っていました。すると先生方が全校生徒を集合させ、中学校で一番

成績のよい少女にみんなの前でプレゼントされたのです。「みんな、彼女のように勉強

するように」と。彼女はみんなの前で照れくさそうにしながらも、目をキラキラさせて

喜んでいました。私はたった一冊しか持っていなかったことに少し胸が痛みました。

しかしほどなくして、実は先生方も英語をあまり知らないと分かったのです。

カンボジアはポルポト政権時代の大虐殺で、知識層から順番に殺害しました。教師も

その対象でした。現在も40代以上の教師が不足しており、若手の人材教育の質が

上がらない状態が続いています。※ちなみに芸術や音楽も破壊されたので子供たちは

スキップやリズム体操がほとんどできません。

遠方の子はトゥクトゥクバスで学校に通っているのですが、そのお迎えが17時まで

来ません。授業は午前で終わってしまうので、5~6時間ものあいだ児童は学校

トゥクトゥクバスが来るのを待つことになります。しかしこの学校には待っている

間に読めるような本がありません。時々ボールを蹴って遊んでいますが、それでも

子供たちは時間を潰しきれない状況で、ただ集まってしゃべっているだけなのです。

私は、「待っている間に勉強をしたり、もっと校庭で体を動かして過ごせたら」

強く感じました。

「学校に行かせるよりも、家の手伝いをさせるほうを優先」という親が多い中で、

せっかく学校に通えているのに、これは本当にもったいないことです。※後述参照

しかし、先生たちもそれぞれの生活があるため午後からの子供たちの勉強には付き

合えないそうです。この村の近くには、先生の代わりに子供に何かを教えられる

知識のある人も残念ながらいませんでした。プノンペンから1時間半の距離だと

いうのに、子供たちは教育から取り残されている状況なのです。

 

教材がもっとあれば状況も変わっていくと思う。少しずつ変えていきたい」と、

先生方も力強くおっしゃっていました。

 

雨季の農村。冠水した道路に出くわすことも。補導されていない道路ではすぐに

ぬかるみができます。ぬかるみが深いと、車を降りて自分で歩くように言われます。

私は車を降ろされたことが今まで3回。通りがかった牛の大群と歩きました。

 2013年の外務省の調べによると、カンボジアの小学校の就学率は約69%、中学校は

約17%。小学校までは徒歩か自転車で通えても、中学校まではかなりの道のりとなり

ます。国民の大半が農業従事者のため、子供は貴重な労働力。親自身が「学校に行く

より家の手伝い」を優先するよう育てられてきたので、やはり子供にも同じように

考えてしまいます。勉強して職業スキルをつけて将来働くことが、長期的に見て豊か

な生活をもたらすという考えにはなかなか至りません。

 もちろん自給自足が出来る村もあり、人々が幸せであれば私が何を煽ることもないの

ですが(実際に人々はいきいきしています)、生活が豊かというにはほど遠い状況です。

長期的にみると教育の遅れは産業医療の発展をもたらすので、内需は拡大しません。

結局は生活用品をタイやベトナムなど近隣国からの輸入に頼ることになり、いつまでも

買い物が高くつくという悪循環に陥ります。都心のスーパーに行ってもカンボジア製

の製品を探すのが、正直難しいです。

 

 

(リターン選択の際、金額をプラスしてもらえたら本当に嬉しいです!)

 

集まった金額からクラウドファンディング手数料や、サロンドロワイヤル社への

梱包委託費(※a)、サポーターへのリターンチョコ送料・消費税を除き、

下記(1)から優先的に使わせていただきます。

 

(※a)リターンを出荷する際にかかる、梱包委託費。

一旦「市場に出ないもの」として管理していたものを、サロンドロワイヤル社が

厳正な衛生管理のもとロスゼロ用に一袋500g単位で新たにパッキングします

それらにかかる梱包委託費をサロンドロワイヤル社に支払います。

 

Kompongtria Elementary school, Preyveng Province (プレイベン州

コンポントラ小・中学校)の生徒約200人に、学年の状況に応じた教材を購入

国語、算数、理科など基本教科を優先して購入。

 

Kompongtria elementary schoolにほど近いMemol elementary school。

ここはお手洗いの状態が悪く、Kompongtria校より不衛生な状況です。トイレが

実質的にないというのに等しいです。この学校にトイレの環境をきちんと整えるの

には約5000ドル程度が必要となります。

このクラウドファンディングでいくら資金を確保できるかわかりません。大きな

資金がまとまって確保出来ない場合は、より規模の小さいものに変えるか、それとも

それもできないか・・資金の集まりを見て現地小学校と相談します。

しかし、しかし、しかし!必ず設置したいので、達成したいです!!

 

フランスがカンボジアで運営する児童施設で、約6000人の児 童が在籍。教育を受け

るのが困難な環境にある子供に学習の場を提供し、社会で活躍する大人の育成を

目指して多の職業訓練プログラムを運営しているNGOです。

 【参考】PSE公式サイト(英語)

 PSE(Pour un Sourire d'Enfant)はフランス語で子供たちの笑顔という意味

学習する環境にない児童をカンボジア全土から調査・面接して選びます。何歳からでも

どの程度の学力でも細やかに学ぶ機会を提供。そのあと児童たちは職業訓練を受けます。

職業訓練は20のコースがあります。PSEは社会で活躍する人材を多く輩出しています。

2017年4月、PSEが開催したチャリティーセールでヘアアクセを販売。セールス

スキルの磨き方を学んでいるチームが手伝ってくれました。

 

 チョコレートはサロンドロワイヤル社の厳重な衛生管理のもと、一種類につき500g

単位でパッキングします。1kgのリターンだと2袋、5kgだと10袋はいります。

 

※規格外チョコは、自然発生のものです。リターンとしてお届けする際、一部の

内容が重複したり、お届けの時期がずれることがあります。ご了承ください。

簡易包装でお届けします。なお、出荷はロスゼロ責任者の文美月から行います。

 

チョコレートはできたてが一番おいしいですので、規格外チョコも新鮮なうちに

お届けできます!

 

 

長いにも関わらず読んでいただき、ありがとうございました。

 

今すぐできる行動、それはチョコを食べること。

今や世界共通語になっている “MOTTAINAI” もったいないという言葉の意味や

フードロスという日本の大きな社会問題を、今いちど考えてみるきっかけに

なれば嬉しいです。

そしてそれがカンボジアの子供たちの笑顔を創り出すことにもつながります。

どうぞよろしくお願いします。ぜひ仲間になってください。

文美月