はじめに・ご挨拶

MSXは私、西和彦が1983年に提唱した8ビットパソコンの共通規格です。世界中のメーカー、ソフトウェア会社を巻き込んで大きく発展・展開する予定でしたが、16ビットのIBMパソコンの成功のため、90年代末には勢いを失ってしまいました。

しかし、その後も特定のメーカーやユーザー、マニアの方々が新しい試み(MSX Player、ワンチップMSXなど)やサポートを続けてきてくれました。今回、約40年の時を経て、あらためてMSXを発展・展開させていきます。

その第一弾として、IoT向けのコンピュータとしてM5 StackをベースとしたMSX0 Stackを用意いたしました。特別仕様として、筐体をスケルトンブルー(MSXブルー)にしてなつかしさを誘うガジェットに仕上げました。

ぜひこの機会に、クラウドファンディングに参加し、使っていただきたいと願っています。

プロダクトのご紹介

M5 StackをベースとしたIoT向けの特別仕様のMSX0 Stack(筐体はスケルトンブルー)の基本モジュール

MSXエミュレータ、MSX-BASICインタープリタ、MSX-DOS、MSX-BASICコンパイラ、MSX-C、MSX-Cライブラリ、ゲームを入れて提供。

こだわり・特徴

MSXエミュレータ(8ビット)で、MSX、MSX2、MSX2+で作られた資産(ROMカートリッジ)を動かすことができる。また、MSX-DOS、MSX-BASIC、MSX-Cで自由にプログラミングを行うことができる。


リターンのご紹介

※西和彦がTwitterで情報公開した時には、2023年3月31日締切、4月20日発送の予定でしたが、中国での部品調達が難しくなっているため、発注から製造までのリードタイムが2~3か月必要ということで、リターンの発送は2023年7月以降に変更となっています。

※提供のハードウェア・ソフトウェアは出荷時の状態を保証するものですが、ユーザーによって改造されたものは保証の対象とはなりません。実費での修理を申し受けます。


●基本セット(PLAN A)

【1.基本モジュール】

M5Stack Core2(底筐体、電池、マイク、IMU無し)

M5 Faces II V1.1ボトムベース(600mAh電池付き)

M5Stack Faces⽤QWERTYパネル

M5Stack Faces⽤ゲームパッドパネル

FaceII充電ベース

M5 Stack電池モジュール

USB typeC to typeAケーブル1本

FaceII V1.1⽤ストラップ

シール1枚、固定⽤六⾓ネジ6本と六⾓レンチ1本

個装箱

【2.ソフトウェア】

MSX-BASICインタープリタ

MSX-BASICコンパイラ

MSX-DOS

MSX-C

MSX-Cライブラリ

MSXエミュレータ

【3.Groveセンサー】

センサーキット(10個)

【4.ゲーム】

ザナック MSX版(D4エンタープライズ) 

麻雀(アスキー)

その他別タイトルも提供予定

株式会社D4エンタープライズ プロジェクトEGGの利用券(登録月無料)

※クレジットカードの利用が不可欠、利用できるタイトルは選定中

株式会社D4エンタープライズ プロジェクトEGGとの連携に関する詳細は下記サイトからご確認ください 

MSX0 プロジェクトEGG 特設サイト


※下記はプロジェクトEGG メインサイトです。


【5.おまけ】

ストラップ

シール

有料オプション

(PLAN B):(PLAN A)+ MSX0 Stack core2 MSX開発キット 

(PLAN C):(PLAN A)のセンサーキットを20個に変更 Grove Creator Kit 20 

(PLAN D):(PLAN A)のセンサーキットを40個に変更 Grove Creator Kit 40

(PLAN E):(PLAN A)+ LTE通信モジュール(センスウェイ社製

(PLAN F):(PLAN A)+ LoRaWAN通信モジュール(センスウェイ社製

(PLAN G):(PLAN A)+ POEモジュール 

製品情報・仕様

技適認証あり

※本製品は電波法に基づく「技術基準適合証明」を取得しております。


メディア掲載

【メディア掲載:クラウドファンディング開始後の記事】



【メディア掲載:クラウドファンディング開始以前の記事】




会社・チームの紹介

西和彦は、1956年生まれ。75年早稲田大学理工学部入学、在学中にアスキー出版創業。草創期の米マイクロソフトにて、創業者であるビル・ゲイツの下でボードメンバー兼新技術担当副社長としてパソコンの開発に従事。1983年に年にパソコン共通規格MSXを提唱。99年工学院大学大学院で博士号(情報学)。2000年~03年米国マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員教授。17~21年東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻IoTメディアラボラトリーディレクター。21年より特定非営利活動法人IoTメディアラボラトリーを設立、東京大学IoTメディアラボラトリーで行なっていた研究を引き継ぎ、東大での基礎研究をより深く発展させている。


特定非営利活動法人IoTメディアラボラトリーは、意欲ある専門技術者を広く一般より集め、特定の企業に縛られずに情報通信要素技術の研究と開発、標準化の推進を行い、我々の考えるIoTの応用例を広く社会に技術移転することを目的に設立されました。そして誰でもがそのIoTサービスを享受できる社会インフラの構築、次代の高度情報化の研究活動を行い、日本発の世界に貢献できる、IoTを応用した企業活動に寄与することを目的のひとつとして活動しています。


特別協力・友情出演

株式会社D4エンタープライズ 代表取締役 鈴木直人 様


センスウェイ株式会社 代表取締役 神保雄三 様

このたびは、MSX0 Stackのクラウド・ファンディングに対し、センスウェイは、IoTの通信環境を提供させていただき、応援をさせていただきます。

センスウェイは、IoTスタートアップとして、LPWAのLoRaWANを主体に、IoTに特化した通信インフラとソリューションを提供させていただいております。IoTメディア・ラボラトリー様とは、全国の大学でのIoTセミナーでのIoT通信及び、通信モジュールの提供などで協力をさせていただいておりました。今回のMSX0Stackは、個人ユースだけでなく、理科系大学や専門学校などのIoT通信の教育向けにも有効であり、応用範囲は広いのではないかと思われます。日本のIoT利用の促進のためにも今後とも協力をさせていただきたいと思います。

センスウェイ株式会社 代表取締役 神保雄三


【Q&A】

Q:MSXとは?

A:1983年に西和彦が提唱した、パソコンの共通規格。アスキー、マイクロソフトを中心に世界への普及を目指した。2020年から第三世代MSXとしてスパコンを含めた新たな規格が西和彦によって構想されている。

Q:MSX0 Stackとは?

A:M5 StackのMSX0版特別仕様で筐体がスケルトンブルーになっている。M5core2で実行可能なMSXエミュレータが付属する。MSX-BASICインタープリタ、MSX-BASICコンパイラ、MSX-DOS、MSX-Cが動く。またMSXエミュレータに画像表示(9918や9938、9958)をエミュレートして、MSX、MSX2、MSX2+で作られた資産(ROMカートリッジ、ゲームなど)を動かすことができる。

Q:M5 Stackとは?

A:ESP32(CPU+無線)をコアにした約5cm×5cmの正方形の小型マイコンモジュール。

無線はWi-Fi、Bluetoothに対応し、モジュール内にカラー液晶ディスプレイ・タッチスクリーン・スピーカ・microSDカードスロット・バッテリーなどが含まれる。

主な使途としてIoT機器の開発に適している。

Q:外部出力はありますか。

A:M5bus(25ピン)でESP32のGPIO (General-purpose input/output"の略で、「汎用 入出力 」)が出ている。また、GroveコネクタにてGPIOが出ている。

他に、スピーカにより音の出力、USBコネクタにてESP32マイコンの書き込みなど。

Q:USB_Cの用途は何ですか。

A:電力供給とESP32書き込みなど。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください