「ゼンダマ」とは未来を考えて立ち上がり、自らの願いを託した候補者を「選ぶ」すべての有権者たちをイメージ。そんなゼンダマが増えることを願い、みんなが楽しめる音楽フェスを開催します。どうぞご支援のほどよろしくお願いします!

プロジェクト本文

▼ご挨拶
選挙に参加することの意味を、たくさんの人と共に考えたいと願う市民有志で実行委員会を作りました。みんなが楽しめる音楽を通して、選挙に行くことを呼びかけたいと考えています。

▼実現したいこと
7月に行われる参議院選挙に向けて、6月18日(土)に「選挙に行こう!」がテーマの市民音楽フェス「ゼンダマフェス in YOKOSUKAを開催します。その運営資金のために、クラウンドファウンディングを行うことにしました。

▼イベント開催に至る背景
2011年3月11日の東日本大震災以降、多くの人たちが生き方の変換点に立たされ、意識や行動を変えてきたと思います。
また、刻一刻と変化する世界情勢の中、日本の仕組みも様々な変化が見られるようになりました。

国や地方自治の仕組みに参加するには「選挙」に行くことが最も直接的な方法ですが、残念なことに国政選挙でさえ投票率は5割程度。つまり有権者の約半数が自ら未来の創造を放棄していることを意味しており、これでは有権者の総意とは言えない選挙結果になってしまっています。

投票は各自の想いを表現する手段であり、隣の人の意見と異なることを恐れる必要はありません。むしろその違いを理解し合い、多様性を認め合うことで成熟した社会が実現すると私たちは考えています。

各々が理想とする明日に向け、意志を持って明日を選ぶ行動、それが選挙への参加です。
そのきっかけ作りこそが、この「ゼンダマフェス」の開催目的でもあります。

▼ご協力へのリターン内容

①出演者からのアイテム

イベント関連の独自アイテムの他、ゼンダマフェスの参加アーティストの皆さんがお礼の商品をご提供くださいました。ご希望内容を確認の上お選びください。フェスご来場者には、会場の特設受付で手渡します。
※商品の数が揃わない場合、不足となった場合は後日発送いたします。

★中川五郎さん(フォークシンガー)から:新譜CD 『中川五郎ライブ at 風』

★ウォン・ウィンツァンさん(ピアニスト)から:新譜CD 『光を世界へ 〜Yes All Yes〜 』

★JIINOさんから:CD 『MY SOUL IS BACK』& ステッカー

★Rose in many Colorsさんから:CD 『彼は緑の光に彼女を想う』& ステッカー

★ロバート・ハリスさん(作家/ DJ)から:著書 『世界を50年間も放浪し続け学んだCOOLで自由な人生哲学』

★丹下紘希さんから:ピンバッジ『概念ガチャシリーズ・九条バッチ』3色セット(色は当方で組み合わせてお送りします)

★丹下紘希さんから:DVDアニメーション『戦争のつくりかた』

②イベント特製アイテム
★ミールクーポン(飲食引き換え券)
ゼンダマフェス会場内飲食ブースに限り利用可能の500円クーポン。
当日会場受付にて確認画面もしくはプリントのご提示をいただき、お引き渡し致します。

※お釣りは出ませんのでご了承ください。また、ご遠方の方など当日ご来場が難しい場合は、出演者または会場ボランティアスタッフへのプレゼント(ペイフォワード)も可能ですので、その場合はお手数ですがメッセージにてお知らせください。

 
ミールクーポン画像(サンプル)

★スペシャルDVD
当日のイベント内容を編集収録し特別制作するDVD。
ご協力者様のお名前(登録時のお名前)を掲載させていただきます。
※発送はイベント終了後約2ヶ月後となります。


スペシャルDVD(サンプル)

★特製ステッカー/缶バッジ
フェスご来場者には会場の特設受付にて手渡しします。


特製ステッカー/缶バッジ(サンプル)

▼運営資金内訳

出演者交通費:100,000円
音響/照明設営費: 1,200,000円
チラシ/ポスター印刷費:200,000円
機材/技術協力費:150,000円
テーブル/椅子/ゴミ箱/会場設備費:150,000円
イベントスタッフ弁当代 50,000円
映像制作/スチール写真費 200,000円
郵送費他: 50,000円
合計 2,100,000円

▼最後に
ゼンダマフェス in YOKOSUKAは、横須賀市に正式に開催後援をいただきました。
地元事業者様の多大なる応援のもと、クラウドファウンディングの達成率に限らず開催は確定しておりますが、現状の運営資金は実行委員会で自己負担しながら開催準備を行っています。

ご出演者アーティストの皆様も、プロアマ問わず、市民の一人としてイベント趣旨に賛同してくださり、素晴らしいステージの準備をしてくださっています。

どうぞ一人でも多くの方のご賛同とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

ゼンダマフェス実行委員一同



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください