初めまして、ご覧いただきありがとうございます。
プロジェクト代表の田中美来です。
まず初めに、私が行うマッサージは、動物用ではなく人間用のマッサージです。
私は、今この日本で、沢山の動物が悲しんでいる事実に焦りを感じています。
その事から、人を対象にしたマッサージサロンを開業して、その先で今後、動物達の幸せに繋がる事を願っています。


それが、私の夢であり、今回クラフアンに挑戦する理由です。
そしてそんな移動型マッサージサロンの開業プロジェクトに
是非目をとうしてください。





改めまして、ご覧くださり有難うございます。
プロジェクト代表の田中美来です。
私は、岡山県在住の動物大好きなシングルマザーです。
現在はブログやライブ配信などで保護犬・保護猫に関する啓発活動をしています。


そんな私は、小学生の時に、不慮の事故で左半身麻痺になりました。
そして、『動物の為に』その思いは、現在も左半身が思うように動かせない状況の私が、見つけた生きる目的です。 



私がクラウドファンディングに挑戦する理由。

それは、人と動物が幸せを共存し合える未来を実現したいからです。

実現したいきっかけは、ある保護施設で老犬の介護に携わった事からです。
当時その犬に対し硬直した体を摩る事しかできなかった私は、ペットマッサージをしたいと思ったのです。
しかし、身体が不自由な私にペットへの施術は難しく断念せざる得なかった。
ただ、そのことが幸いにも自身でその機械を体感するきっかけとなり、私と同じ障害のある方や、そうでない健常者の方、
一人でも多くの人を癒し、感動を実感してほしい。
そして、それを動物の幸せに繋げて行きたい。
そんな思いでクラウドファンディングに挑戦する事にしました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
保護犬保護猫を救うとは?


なので、タイトルにある救うといっても、施設を持って直接保護をしたり、医療行為に携わったり直接、動物の命を救えるわけではありません。
やって行く事は、筋膜リリースの機械メディセルを用いた施術です。
施術内容は一般的なサロンと変わりはないかもしれません。
ただ、普通と違うのは、売上の寄付やマルシェなどを通し
今ある命も、今後生まれる命も、少しでも悲しまない世界にする為、思い遣りの心を育てていきたいと考えています。
私は、発信に重きを置き、保護犬保護猫を始め、全ての動物の笑顔に繋げたいと考えています。




私が叶えたい未来、それは、人と動物が幸せを共存し合える未来の実現です。


では、どのようにするのか?
動物達の幸せとは何か?様々な、考えがあると思います。
今回は動物福祉の5つの自由からお話しさせていただきます。
5つの自由とは、国際的に認められている動物の福祉基準です。


1.飢えと乾きからの自由 2.肉体的苦痛と不快からの自由
3.外傷や疾病からの自由 4.恐怖や不安からの自由
5.正常な行動を表現する自由

そして、幸せとは少なくともこの5つの自由を満たしている事だと思います。

しかし今の日本では、この5つの事由すら得ることの出来ない子達もいます。
個人や団体さんが血の滲むような努力のもと頑張っているけど、レスキューが追い付かないなど、
沢山の問題を抱えています。
しかし、この事実は周知されていない。
動物の法律が追い付いていない今の日本でこの事実は、悲しく恐ろしい事だと思います。
だからこそ、この現状を変える為に、私は思いやりを育てるために自身でリラクゼーションサロンを開業して、
自身で事業を回しながら、その結果一人一人の心をを育て、10年後、今より思いやりのある世界にしたいです。


ではなぜ、マッサージサロンなのか?



『動物たちの為に』
という漠然な思いの中で当初の私は、自分の活動に対し、不安を抱えながら活動していました。
そんな時、ある方にこう言われました。『結局あなたに何ができているの?』
内心分かっていたけど、認めたくなかった事実。
結果全てが中途半端、凄く正論で言葉一つ一つが真っ直ぐ入ってきました。反省と前進の瞬間です。


このプロジェクト以前は自分にできそうなものを探す形でした。
やりたいからやる!というよりは、出来そうだからやる感じです。
とりあえず動物のために、自分のできそうなことを。
なにかしら動物の幸せにつながると信じて。
ただ、
『動物たちの為に』という気持ちばかりが先走っていて、具体的に何をするか?が見えていませんでした。
しかし、あるきっかけでメディセルと出会います。



動物のために何かできることはないか?
気持ちばかりが先走る中で、あることをきかっけに、犬猫の筋膜ケアでお話を伺いに行きました。

実際のところ、正直片手に障害がある私にとってペット用の機械を使いこなせるか課題であり、内心不安もありました。
そんな中、試しにと言う提案を頂き、私自身の体で体験をさせてもらいました。
すると左腕全体が嘘のようにほぐれ、私が驚いていると『この感動をみんなに伝えていったら?』
と言われ、その瞬間に衝撃が走ったような気がしました。
これならできる!わたしにでもできる!
自分に何ができるのかに気付いた瞬間見えて居たものが変わり始めました。


今まで『動物の為に』と固執し翻弄していた私ですが、自身の驚きの体験をきっかけに、
『ペットと飼い主の体の不調はリンクする』 ということを思い出しました。
何よりも、左半身の麻痺がある自分自身が施術による効果を身を通じて実感したからこそ、マッサージでこの世界をより良くできると思ったのです。

そして、これなら私でも施術が可能だし、飼い主を笑顔にでき、更に啓発を取り入れる事で動物達の幸せに繋げることができると確信しました。


飼い主さんは勿論ですが、お客様を飼い主さんに限るわけではありません。ペットを飼っていない方やこれから飼おうと考えている方などもご来店頂き、保護犬や保護施設への理解を深める為の情報発信や、動物達の現状の認知拡大などをサロン経営の一環で行ます。それに加え、メディセルを使用し沢山の方を癒す事で結果として動物達の幸せに繋げていきます。


以上がサロン経営を目指し始めた経緯です。



メディセルは岡山にある会社で、約30年前から人々の健康をテーマに様々な機器を取扱いはじめ、約20年前から筋膜ケア専用機『メディセル』を開発。現在では、有名アスリートやスポーツ選手、整形外科や鍼灸院などへ普及しており、ヒト用と動物用(併用不可)があります。ペット用では日本獣医科学大学から論文等が発表され、その他帝京科学大学や岡山理科大学/獣医学部とも共同研究が現在進行中です。ヒト用ですと、全国約2,500台の出荷実績があり、吉備国際大学、IPU環太平洋大学、岡山大学、兵庫医科大学などをはじめとした全国のさまざまな機関との共同研究を現在も行っています。
メディセル療法とは詳細ページ
当初、ペット用での検討も視野には入れていましたが、片手にハンディがあるわたしにとっては『じっとして下さい』という事が通用しないペット達への安全を担保する事が課題としてありました。

しかし実際に体験してみて、ヒト用であればこの機械を用いる事で、片手しか使えない私にとっても安心して施術を行う事が可能だと感じました。



私は、5年前にボランティア活動と出会いました。
ボランティア活動をしているうちに、見えるものや感じるものが大きく変わりました。

『何かの対価や見返りを求めるのではない』

『助け合いの心』

私はこの感覚がとても好きだと気づきました。
それまで生活をする為だけに働き、中身のない毎日を送っていた私が初めて生きる喜びを知ったのです。(2018年岡山県真備町での写真)

そしてある犬との別れ際に今の活動を決意します。←これが、動物を思う原点です。

ボランティア活動で生きる喜びを知った私は、この1年後に犬猫の保護施設でボランティアを始めます。
そこで私が動物を思う原点となった犬と出会います。出会った当初、その子はまだ走っていました。しかし、犬と人の時間はあまりにも違い、その子の介護はあっという間にやって来ました。日に日に動けなくなるその子を見て、ただただ体を摩ることしか出来なかった私。

その時何もしてあげられない自分にとても悔しく感じたのと同時に、情けなく感じた事を今でも覚えています。

保護犬や保護猫を助ける為に私に何が出来るのか?

野犬で産まれ施設で亡くなったその子は幸せだっただろうか?

という疑問を抱き考えていた頃、ある家族の会話が耳に入ってきました。

子供:「ペットショップの子達は売れ残ったらどうなるの?」

両親:「買われない事なんてないでしょ!可愛いから」

私は、その言葉に対して驚きと恐怖、そして焦りを感じました。
最悪の環境からレスキューされた子、野犬で生まれ事故でボロボロになりながら生きている子、沢山の子がこの日本にはいるのを保護施設で見て来た私は、こんなにも、考え方が違うのかと尚更焦りました。

大人の適当な回答で、間違った知識が子どもに伝わっている。

そして、日本の保護犬や保護猫達は人知れず苦しみ、知らない所では殺処分も行われている。
しかし、その事実すら知らない人達で溢れる日本。
私はその事に気づいた時、行動を決意し、『動物達の為に自分にできる事』を探し始めました。

知らない人が多いなら、知っている私がこの世界の知らない人に届けていく。

私が活動を始めて、同じ思いで活動されている素敵な方々に沢山出会いました。
そして、今度は『動物達の為に』という私の想いが、具体的な形となり動き出し
この世界をもっと良いものに変えて行きます。


ー施術場所ー
①ご自宅へ訪問

訪問の場合は、施術前に一度コンタクトを取り訪問になります。
もしもの事故を防ぐ為、男性への訪問の施術は、お断りしております。
別途交通費や宿泊費ををいただく可能性もございます。
交通費参考価格※起点は岡山駅※1km50円計算になります例)15kmの場合は750円、往復1500円

  • ②レンタルスペース

  • 都合の良いレンタルスペースをご用意ください!
    レンタルスペースの費用はご負担お願いします

  • ③マルシェ会場

  • 様々なマルシェや子ども食堂、チヤリティーイベントや動物の譲渡会などでのマッサージサロンの出展。
    (主に中四国がメインですが、今後、全国のマルシェなどを回る予定です)

  • マルシェなそイベントでのイメージは、グランピングです。可愛くてオシャレな簡易的な施術場所をイメージしています。


ー施術内容ー
メディセルを用いた筋膜リリースや、美容やダイエットコースです。
疲労回復や美容など

ースケジュールー
▪️10月下旬ラウドファンディング終了
▪️1月1日 HP開設
▪️3月中旬助成金や補助金の申請(そこで、足りない分の資金を調達します)
▪️4月中旬商業登記完了
▪️5月下旬リターン発送
▪️6月私が主催のマルシェの開催

ー目標金額と資金の使い道ー
クラウドファンディングの目標金額は50万からのネクストで100万を目指しています。
まずは、50万ご支援頂き達成を願います。
そして、手数料を抜いた額を下記の項目に使います。
▪️メディセルMINIpro8:¥1,350,000
▪️CAREローション:¥30,000
▪️商業登記代金:¥30,000
▪️出店時に必要な備品:¥50,000
合計¥1,460,000


最後までご覧くださりありがとうございます。以上が『動物の為に』私が見つけたやり方です。
皆様の支援を無駄にしない為にも、私には前進しかありません。
この活動に本気で人生を賭けています。
どうか私に力を貸して下さい!!!

心よりご支援お願いいたします。



  • 2024/02/29 10:34

    皆さんお疲れ様です。金融公庫の報告から1週間ほど経ちました。あれから、沢山の方に声をかけ相談をさせて頂きましたが、やはり、次もし落ちてしまったら、3回目はないよとの事で、より一層慎重に進めており、次は確実に借りれるタイミングでと考えております。じゃあお店はどうするのか?そうなって来ると思うので...

  • 2024/02/19 21:53

    みなさんこんばんは。ドキドキの数週間が経ちました!今日金融公庫から連絡があったので急遽投稿しています。その為、本日は漫画ではありません。そして結果から言いますと公庫での借入は出きませんでした!理由は、経験と実績の無さから返済が見込めないとの事でした。お客さんも付かないだろうし、収益も見込めない...

  • 2024/02/11 12:59

    2月に入り金融公庫からの連絡が入りました。面談の日が決まりいよいよです!ただただ、うまく資金調達ができる事だけを祈ります。しかし、2月に入り様々なことが重なって精神的にしんどくなってきております。そんな私の2月始まりの物語です。面談が終わった今だから凄く思うのですが、もっと上手くできた気はしま...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください