ボルネオの森林火災を現地NGOと協力して止める!

集まった支援総額
¥447,099
パトロン数
81人
募集終了まで残り
終了

現在44%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2016/06/14に募集を開始し、81人の支援により447,099円の資金を集め、2016/07/19 23:59に募集を終了しました

2015年、インドネシアのボルネオ島などで大規模な森林火災が発生し、東京都9つ分の森が焼け、多くの野生生物の命が奪われました。被害にあったタンジュン・プティン国立公園では、現地のNGOや村人を中心に消防チームを結成、森林火災に立ち向かいます。日本からは消防用具の支援等行いますのでぜひご支援ください!

 豊かな熱帯林 多様な生きものの命を育む美しい島、ボルネオ

  

 

ウータン・森と生活を考える会は、ボルネオ島のインドネシア中央カリマンタン州タンジュン・プティン国立公園で熱帯林を守る活動を続けてきました。かつて違法伐採や火災で失われた国立公園内の森を再生するために、現地NGO・Friends of the National Parks Foundationや村人と共に植林を行ってきました。

 

 

生活のために違法伐採に関わっていたが、未来の子どもたちのために森の再生をはじめたハドランさん。森をなんとか再生したいという村人の意思に感動して、この地に移住してきたバスキさん。皆の気持ちを理解し、若きリーダーとして次世代を担うアドゥさん。村人主体で原生種にこだわった苗作りと植林を続け、オランウータンが巣をつくるほどに森は回復してきました。

(左から、バスキさん、アドゥさん、ハドランさん)

 

2015年の後半、ボルネオ島をはじめインドネシアで大規模な森林火災が発生し、およそ東京都9つ分近くの森が失われ、多くの生きものの命が奪われました。煙害(ヘイズ)は村人を襲い、人々の暮らしにも被害がでました。ウータンの支援してきたタンジュン・プティン国立公園内でも、植林地の多くが被害にあってしまいました。

 

 

「これまで植えてきたたくさんの木が焼けてしまった…でもまだスピリッツは無くしていないよ」バスキさんは言います。被害にあったタンジュン・プティン国立公園では、いま現地のNGOや村人を中心にした消防チームが結成され、今後の森林火災に立ち向かおうとしています。

  

(昨年の火災で果敢に消火活動に携わったフェブリーさん)

 

日本からは消防用具の支援や消防チームのサポートを考えています。特別なトレーニングを受けた消防チームメンバーは12名。彼らのために、今年初めには写真のジェットシューター(背負式消火水のう)をウータンから寄贈しました。今後さらに、チームが必要とする資材や資金をサポートしていく予定です。彼らの熱い思いを後押しするために、ぜひご協力ください!

 

 

▼資金の使い道

消防ホース・ポンプや消防服・靴・鞄・ヘルメット・トランシーバー等の消防用具の物品購入及び輸送費

現地での交通に必要な燃料代

最前線でがんばっている消火隊の食費等

  

 

▼リターンについて

リターンでは、現地からの素敵な贈り物をご用意しています。

1つ目は、森の再生に欠かせない原生種の苗をあなたの代わりに植えるというもの。特別にあなたのお名前を書いた立て札を共に立て、写真をお送りします。

 

 

2つ目は、現地の村人手作りのグッズです。森の中でできる農法(アグロフォレストリー)により育てた栄養たっぷりの美味しいロセラティを村人が編んだプチバッグにいれました。その他、手彫りのオランウータンや、現地の植物からつくった手編みの雑貨などがあります。

  

 

▼最後に

インドネシアの最規模森林火災の大きな原因にスナック菓子やインスタント麺、アイスクリーム、マーガリン、石鹸、洗剤、化粧品など多様に使われる「パーム油」のためのプランテーション開発があげられます。昨年の煙害では人々も健康被害にあいました。私たちの日常の消費と無関係ではないこの問題、一緒に考えてサポートしませんか?

 

(プランテーション開発で失われる熱帯林)