Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

『プロといっしょにミュージアムをつくる仕事』で子どもの【自己肯定感】を育みたい!

現在の支援総額
171,000円
支援者数
18人
募集終了まで残り
終了

現在56%/ 目標金額300,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2018/08/04 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2018-06-28に募集を開始し、18人の支援により171,000円の資金を集め、2018-08-04に募集を終了しました

夏休み仕事経験プログラム「キッズプロジェクトM」は、プロといっしょに日本美術を学び、創作された時代と同じ環境で「触れて」「見て」「使って」学んだ子どもたちが創作活動を行い、作品を表現するミュージアムも作ります。「考えてやった」「できた」「周りに認められた」経験をして自己肯定感を育むプログラムです。

【はじめに】

キッズプロジェクトM「プロといっしょにミュージアムをつくる仕事をしよう!」は、小学生の子ども達が自分たちで作品とミュージアムをつくるプロジェクトです。

「ものづくり」をプロから学び、自分たちの考えで創った作品とミュージアムを展示してもらいます。

プロジェクトの成功に向けて、是非皆さまに子どもたちの「どきどき・わくわく」をサポートしていただきたく、クラウドファンディングを立ち上げました。

 私たちは、このプロジェクトで、子どもの自己肯定感を高め「主体的にチャレンジする力」を育くみます。そこで、多くの方々にキッズプロジェクトMを知ってもらい、子どもたちが参加できる機会を提供したいと考えています。今回は、このキッズプロジェクトMを運営するにあたり、不足している運営費の一部の援助をお願いいたします。

 

【本 文】

みなさま、はじめまして。キッズMの代表理事 野垣と申します。私たちは、母親として、社会人としての経験から、子どもたちが「主体性」を育める場を創りたいと思い、小学生を対象としたキャリア教育教室「キッズM」を立ち上げました。

キッズMに通う子どもたちは、「自分で考えたことができた・認められた」という経験をたくさん重ねていきます。この経験が子どもの自己肯定感を育み、「やってよかった!」「また、チャレンジしたい!」という自分で取り組む意欲=「主体性」を伸ばしていきます。

 

*子どもたちがやること=やりたいことを追加で記入しています!内容は・・・内緒です(笑)

*自分たちで作った企画を大人に説明し調査しています。恥ずかしがり屋さんもがんばりました。

 

*自分たちで研究した結果から新しいアイデアを考えています。

 キッズM https://peraichi.com/landing_pages/view/kidsm

 

今回のプロジェクトでは、夏休みの期間を使って「プロといっしょにミュージアムをつくる」仕事を経験します。                                               

ミュージアムづくりの講師として、デジタル復元師であり日本美術の専門家でもある小林泰三先生をお招きします。

 

【小林泰三先生 (デジタル復元師)】

 大学卒業時に学芸員の資格を取得。大手印刷会社で美術のハイビジョン番組を手がけ、美術の知識と美術業界のノウハウを駆使して、美術品のデジタル復元を手掛ける。その先駆けとして高く評価され、ハイビジョンアワード、マルチメディアグランプリ、ユネスコシネマフェスティバル等で数々の受賞。

04年に小林美術科学を設立し、本格的にデジタル復元の活動を開始。

小林美術科学 http://kobabi.com/prof/

 

小林先生に直接指導を受けながら、子ども達は「創られた当時の色や形に復元された日本美術」を、創られた時代と同じ環境で、「見る」「触る」「使う」体験を通して、「日本美術の本質」を学びます。

  プロから「本物の日本美術」を学んだあとに、自分たちでも「ものづくり」をしてみます。「ものづくり」は単なる工作に留まらず、なんのために使うのか?どんな機能があるのか?など、使う場面を探求しながら「ものづくり」の真髄にもふれていきます。そして、最後に自分達で創ったものを表現するミュージアム自体を自分たちでつくり、多くの人に自分たちが考えたことを伝えます。

 

*自分で考えたアイデアを形にしていきます。子どもたちはいつも夢中です。

 

【プロジェクト概要】

**********************************************

◆対象  小学生

◆期間・実施内容

     7月15日     小林先生の日本美術ワークショップ

     8月2日〜23日  作品・ミュージアムづくり ※火・木曜日開催

     8月25/26日   ミュージアム開催

◆会場  iDen麻布サロン

◆主催  キッズM

 *プロジェクトの詳細はこちらのリンクをご参照ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/kidsmnatu

********************************************* 

 

【使用用途】

今回いただきますご支援は、以下運営費の一部にさせていただきます。

 ・小林泰三先生の講師費用

 ・会場費

 ・作品・ミュージアム材料費

 ・ミュージアム運営費(広告宣伝・チケット印刷)

 

 【リターン】

今回のプロジェクトをご支援いただいた方々には、以下のリターンをお渡しします。また、支援いただいた全員の方にミュージアムご招待状をお送りたします。(交通費・宿泊費はご自身でご負担いただきます。)

 

  3,000円  Thanks Cardをプレゼント

  5,000円  Thanks Cardと子どもたちの作品を使った絵葉書(3枚)をプレゼント

   8,000円  キッズプロジェクトM 1日参加チケット(1枚)をプレゼント

   10,000円  iDen麻布サロン*で開催する「ベーシック講座」1回受講チケット(1枚)をプレゼント

 

*iDen麻布サロン及び開催する講座の内容についてはこちらのリンクをご覧ください。

 iDen麻布サロン https://iden-azabu.blogspot.com

人財育成事業を主催するシン・コンティニューLLPが運営管理する多目的スペース。「iDen伝える技術」を中心としたセミナーの開催の他、様々なコラボレーション・イベントを実施。

 

【最後に】

新しいことや、やりたいことにチャレンジしている子どもの目はキラキラ輝いています。興味をもつと探求心が止まりません。夏休みという期間を使って、子どもたちの「やりたい」を叶える場所を創りたいと思います。

 自分で考え実践し、実践してきたことを多くの人に見てもらえることは、自己達成感だけではなく、これからの人生を生き抜く力の基礎になる「自己肯定感」を育みます。

自己肯定感は自信につながり、へこたれない強さ、自らのやる気の源になります。

この意欲こそが、親が子供に、社会が社会人に強く望んでいる力です。

キッズMは、今回の夏休み仕事経験プログラム「キッズプロジェクトM」に賛同していただく皆さんとともに、子どもたち自身が「自分で考え実践する」を貫けるようにサポートし続けたいと思っています。

一人でも多くの子どもたちの「チャレンジしたい!!」を育むために、「チャレンジできる!!」仕事場の提供に、ご支援をいただきたくよろしくお願いいたします。

 

なお、本プロジェクトは目標金額達成の可否に関わらず必ず実行させていただくため、ご支援をいただく皆さまには確実にリターンをお届けします。

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください