Logo

ジェンダーで考える、やさしい社会

38668198 2153779348200734 5450416345910870016 n
現在の支援総額
86,000円
パトロン数
17人
募集終了まで残り
26日

現在34%/ 目標金額250,000円

男らしさ、女らしさって、何でしょうか? 男は強くなくてはならない、成功しなければならない。女は優しくいつも笑顔でなければならない。そんな「当たり前」に、もう限界がきていませんか? 男らしさや女らしさに縛られるのではなく、自分らしさで対話していける社会とは、どんな社会でしょうか?

 

◇はじめにご挨拶

強くなければならない、成功しなければならない ー 男性のみなさん、そんな風に感じたことはありませんか?
いつも優しく笑顔で、場を和ませる存在でなければならない ー 女性のみなさん、そんな風に感じたことはありませんか?

私たちは、たくさんの「男らしさ」「女らしさ」に縛られて生きている。そう考えたことはないでしょうか?
空気のように当たり前になってしまったけれど、どこか息苦しい・・・そんなもやもやを、私たちのイベントで、男性学、女性学のプロフェッショナルも交え、一緒に考えてみませんか?

◇このプロジェクトで実現したいこと

・ 日本が、「男らしさ」「女らしさ」ではなく、「自分らしさ」を大切にできる社会になる、そんなきっかけになること。
・「ジェンダー問題」というと、女性や、LGBTの問題として捉えられがち。だけどそうではなく、男性の問題でもあるという考えを1人でも多くの人に広めること。

・そうすることで「強い男」「稼ぐ男」という単純な理想像ではなく、男性にも多様な生き方がある、女性にも多様な生き方がある、と参加者のみんなが実感できること。

◇プロジェクトをやろうと思った理由

 

実行チームのほとんどは、イギリスの大学院で「ジェンダー学」を修了しました。

「ジェンダー」というと、どこか、「後でやればいっか」と考えられがちな日本。その「後で」は、いつになっても来ていないような気がします。

「ジェンダー」のこと。どんな自分でありたいか、誰を愛するか、どんな風に愛するか、どんな風にコミュニケーションをとりたいか。100人いれば100通りの、生き方がある。でも、日本で生きる私たちはまだ、「男の生き方」「女の生き方」この2つに分けられているような気がして、なりません。

 

男性はスーツを着て、毎日電車で通勤し、転職したいと思っても、家族を支えていかなければいけないため、イヤな会社にも我慢して通い続ける・・・

女性は少々のセクハラも、笑ってやり過ごさなければ、面倒なやつだと思われて上司や先輩に嫌われる、と我慢する・・・

 そのうち、「自分らしさ」を、そして自分とともに生きてくれる大切な人の「その人らしさ」を忘れ、男らしさや、女らしさでしか、見れなくなるのでしょうか?

 

イベント当日は、プロの方々をお招きし、改めて、ジェンダーを通して、人がその人らしく生きることのできる、そんなそれぞれの「らしさ」を受け止めることのできる「やさしい社会」について、みんなで考えませんか?

◇イベント詳細

日程:2018年9月16日(日)14:00~17:00

場所:THE FLEMING HOUSE (都営大江戸線・半蔵門線 清澄白河駅徒歩6分)

参加:一般 1000円 学生 500円

====ゲストスピーカーの方々=======

 


・多賀 太さん 
(関西大学教授 男性学、教育社会学専門
 一般社団法人ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン(WRCJ) 共同代表)
著書に『男子問題の時代』『男性の非暴力宣言』や『男らしさの社会学』

・諏訪原 健さん  (元SEALDs、現在は大学院で教育社会学を専攻)
twitter @swa_swa_swatch
日本の民主主義や教育を中心に執筆や講演を行い、AbemaTV等にも出演。

 AERAdot.連載『20代の処方箋』で
・「女性専用車両は男性差別という社会風土の弊害」https://dot.asahi.com/dot/2017090500012.html?page=2
・「元SEALDsの諏訪原健が炎上したTwitterの「女性だけの街」論争に参戦」
https://dot.asahi.com/dot/2018012900101.html

・コーディさん (クィア、フェミニスト)
twitter @PumpkingJack英国大学院ジェンダーとメディア学修了。
#0428私は黙らないでのスピーチなど、フェミニストとして活動や発信を続ける。

・TORJA Toronto+Japan
VOL.85 AUGUST 2018
pp26-27 「人生のBefore & After」http://torja.ca/kody/
・毎日新聞:セクハラ「私は黙らない」新宿駅前で抗議集会
https://mainichi.jp/articles/20180429/k00/00m/040/070000c
・#私は黙らない0428 ◎ Kody
https://www.youtube.com/watch?v=DfGsb4mOQCY

・鈴木みのりさん 
ジェンダー、セクシュアリティへの関心を通して『wezzy( messy)』『i-D Japan』『東洋経済』等に映画、ドラマ評を執筆。 2017年『週刊金曜日』書評委員。クィア。

・北村 文さん (津田塾大学 学芸学部英文学科講師)
専門は社会学、ジェンダー研究、アイデンティティ論。
著書に『日本女性はどこにいるのか』『英語は女を救うのか』『合コンの社会学』

<他1名調整中>

▼資金の使い道

みなさまにいただいた資金は、イベントを実行させるために欠かせない、以下のことに使わせていただきます!

・当日の会場レンタル費

・ゲストスピーカーの交通費ならびに報酬
 (みなさん、プロの方。きちんと報酬をお支払いしたいと考えています)

・リターン制作費ならびに発送料

・PR費 (デザイナーさんへの謝礼、印刷代)

▼リターンについて

①3000円:お礼メール+当日の映像 
②5000円:当日の映像+当日入場無料(本人+一名様)
③10000円:当日の映像+当日入場無料(本人+一名様)+本一冊

※リターン在庫制限=ナシ

※パトロンの方へのイベント参加の交通費は支給できないのですが、

5000円以上のご支援を頂いた方には、ご本人さま及びご友人お一人のイベント無料参加券を差し上げます。


本はゲストスピーカーの多賀太先生の著書を予定しておりますが、
今後のゲストにより選択肢が増える可能性があります。

・男子問題の時代(多賀太先生)


▼最後に

実行チーム一同、日本のジェンダー規範や、そこから来る生きづらさを変えたいという強い気持ちを持ち
ここまでやってきました。
どうか実行できるよう、お力添えをいただけましたら幸いです。