ありえないと言われ続けましたが、皆さまのおかげで、パクチーハウス東京は超人気店になりました。今年3月に閉鎖した今は無店舗展開中。「ありえないから繁盛店へ 世界初のパクチー料理専門店元オーナーが語る「本当の」つながりの仕事術(仮)」の出版と「起業オンラインコミュニティ設立」を目指すプロジェクト。

プロジェクト本文

▼こんにちは、佐谷恭です。

こんにちは!佐谷恭です。今年の3月まで世田谷区経堂にあった世界初のパクチー料理専門店「パクチーハウス東京」のオーナーをしていました。お店を開く前は「パクチー専門店?なにそれ?!ありえない」と言われ続けたにもかかわらず、強烈なパクチー愛と執念でパクチー普及に“全緑”を尽くし、毎日満員のお店にすることができました。応援していただいた方々には本当に感謝です。10周年の直後に電撃発表で閉店を告げ、その89日後の3月10日にお店を閉鎖したあとは国内外でパクチーとパクチー料理の普及やパクチーハウスをポップアップ営業しています。「無店舗展開」と呼んでいます。また、東京初のコワーキングスペース「PAX Coworking」の創業者でもあります。

店の仕事のほかには、ランニングでも事業化に成功。毎月100キロ走った社員にはランニング手当(8900円)を出していましたし、自分もランニング歴は8年を超えました。自らのチャレンジとして月間300キロを現在20ヶ月連続で達成中。メドックマラソンに8年連続で出場のほか、サハラマラソンバイカルアイスマラソン(シベリア)、北極マラソンなど、いわゆるエクストリーム系のウルトラマラソンを経験して世界の極地を旅しています。また、スタートを決めず、コールだけを決めるというユニークな「シャルソン」をいうイベントを発案し、まちおこしイベントとして普及。6年間で全国で200回ほど開催されています。

時代を遡れば、大学時代は旅に魅了される日々でした。多くの魅力的な人と出会い非常に刺激を受けましたが、出会いより「再会」がより重要と気づき、当時まだ利用者の少なかったインターネットを再会と日常(オフライン)を豊かにするツールとして捉え、情報発信と旅を続けてきました。やがて「つながり」を作ることが趣味となり、仕事となり、人生のすべてとなりました。常識の殻を容易に破ることができるのは、常識は時代と場所によって異なることを旅を通じて身を以て知ったから。経営者となり「ありえない」ことを十年やったら、「怖れ」と「疲れ」と「心折れる感覚」をなくすことができたのです。

▼このプロジェクトで実現したいこと

自分を少しでもいいから変えたい、今いる環境を少しでもいいから変えたいと思っている人に、「怖れ」「疲れ」「心折れる感覚」をなくすために必要な気持ちとノウハウを記した書籍(書き下ろし+共著で書いた『つながりの仕事術』洋泉社新書の1部を再録)を発行して、それに共感してくださる方々とコミュニティを作りたいと思っています。

アウトプットとしては「書籍の刊行」がメインですが、真の目的は自分らしく起業したい人のコミュニティを作ること。そして、「いつか・・・」と思っている人が実際に自分の意思で生きるよう促すことです。より多くの人に僕の気持ちを伝えるために、クラウドファンディングという形を選びました。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

人からよく「尖っている」と言われるのですが、僕自身はそんな自覚はありません。ただ、僕を目指して集まってきた人とのつながりや、お客様同士のつながりを意識してきただけのことです。そして、自らの意思でパクチーハウス東京に区切りをつけたことで多くの時間を手にし、自分の仕事観、起業術を整理することができました。

今回、自分の仕事観を思い切り表現した書籍を発行し、その本を教科書として起業・独立を希望する人たちへのセミナー、起業したい人たちの相談にのることで、新たな一歩を踏み出すことのお役にたてることができると思いました。僕の仕事観に共感した人たち、仕事や人生でブレイクスルーを起こしたい人たちとコミュニティを作りたいと思っています。このコミュニティが立ち上がり、つながりの力を感じて、ひとりでも多くの人が、自分らしい生活、仕事を見つけることを願っています。

▼僕の「つながり」の人生

僕はこんなつながりの人生を送ってきました。これからもたくさんのつながりが生まれるでしょう。今までのことを少し紹介します。

・パクチーハウス東京でこんなことをやってきた「つながり」

「追パク」で声を出させることに始まり、店内はアクションを起こすきっかけが満載。パクチーハウスでの出会いをきっかけに転職や起業した人、ファンを見つけた写真家やミュージシャン、一緒にアジア料理を食べる会をつくった人など枚挙に遑がありません。事例の多くを『89の証言集』でお客さん自らが語っています。コワーキングやシャルソンができたのも、パクチーハウス東京での「つながり」によるものです。

・PAXCoworkingでやってきた「つながり」

音楽アプリの「nana」など、投資を受けた一般的な成功例を挙げることもできますが、本当に大事なのは日々の変化。PAX Coworkingでの出来事がきっかけで会社を辞めた、事業を始めた人は300人以上。メンバーと常連中心に行なっていた「フルボッコ」の会では、事業開始前に複数人が遠慮なくダメ出しをすることでありきたりのアイデアを捨てエッジを効かせる勇気を事業家が得るようです。代表例は原宿のHappy Printers。

・ランニングでやってきた「つながり」

ワインを飲みながら走る酔狂なメドックマラソン出場から始まったパクチー・ランニング・クラブのメンバーが相互に高め合い、お客さんと店主でTeam PAXiとして砂漠を約250km走るサハラマラソンを完走しました。その後、多くのサハラ志望者が来パクするようになり、一部で「サハラマラソンの聖地」とまで言われるようになりました。世界で近年普及して来たステージレース制のウルトラマラソンの最初のきっかけをつくったとも言われるサハラマラソン創始者のパトリック・バウワー氏も来パク。

・サラリーマン時代の「つながり」

あまりに飲み会が多く毎日予定が入っていたため、サラリーマン当初は上司からの誘いを断らざるを得ませんでした。申し訳ないと思い、友人との約束に上司を連れていくなどしたことで、閉鎖的な飲み会よりオープンな会合が楽しくてアイデアが生まれやすいことに気づきました。相席はもちろん、パクチーハウス東京の店舗に仕切りがなかったのは、「愚痴を言わせない」ため。明るい店内では笑顔が伝播するのです。

・学生時代の「つながり」

旅先での出会いが楽しくて、しかも再会がより重要だとの認識から、旅先で会った人と再会できる仕組みとして世界最大の一人旅サークル(と言われていました)「海外放浪ネットワークBEENMAN」を設立。旅先のゲストハウスと同じような出会いと再会の空間を日本国内でも作れることを確認するとともに、世代や立場・国籍を超えた人とのつながりが人生を豊かにすることを、多くの人たちとともに実感しました。

・パクチーハウス東京閉店後の「つながり」

閉店から約半年間、つまりこのプロジェクトが終了する頃までは、パクチーハウス東京やPAX Coworking、そしてシャルソンを通じた20万人以上のお手伝いをすると宣言し、日々を過ごしています。2つの店舗を閉じるまで、毎日新たに刺激的な人たちと知り合う毎日でした。それはそれで楽しかったですが、そのまま続けていると「お客さんを消費してしまう」のではないかという危機感もありました。旅とさまざまな事業を通じて「出会い」より「再会」の価値を痛感してきた僕は、10年間で出会った人と再会し、何か一緒にやるための助走期間として捉えて日々を過ごしており、必要となれば日本中どこへでも、そして時々世界へ出かけています。

飲食店を営む知り合いも増えたので、彼らのお手伝いをしつつ、僕の非常識的(革新的とも言われますがこの言葉を好んでいます)な方法論を紹介。「パクチーハウス◯◯」という形でポップアップ営業やコラボレーション営業をしています。過去89日に、松陰神社、三軒茶屋、銀座、京都、名古屋などで開いてきました。また、僕自身の経験を多くの人に知っていただくため、月3から4回のペースで講演やワークショップをしています。元々旅が好きなので、基本的に呼ばれたらどこにでも行くことにしています。

▼電子書籍『89の証言』(Paxi Publishing)

パクチーハウスで体験したこと、考えたこと、感じたことを89人に語ってもらっています。2018年8月9日発売。購入はこちらから。

 

▼目標資金 189万円

・編集・印刷・製本:約130万円

・セミナー・起業相談・リターン実費:約20万円

・その他手数料 

▼書籍概要

タイトル(仮) 【絶版新書】ありえないから繁盛店へ 

世界初のパクチー料理専門店元オーナーが語る「本当の」つながりの仕事術

本文2色/四六版/160ページ(予定)

※書き下ろしに加え、すでに絶版になっている『つながりの仕事術』(洋泉社新書)より僕が執筆分の1章を再録。

▼スケジュール

2018年8月9日 クラウドファンディング開始

2018年10月1日 クラウドファンディング終了

2018年11月20日 書籍刊行 ※パクチーハウス11周年記念兼出版記念パーティ開催予定

2018年12月11日 書籍書店発売 ※パクチーハウス東京閉店告知から1周年

▼書籍の制作・出版・流通について

出版社は、東京・田園調布で小さな出版社を営んでいるソーシャルキャピタルさん。この会社を通して、全国の書店に流通させます。ソーシャルキャピタルは、トランスビューという書店さんと直取引によって新しい本の流通の構築にチャレンジされている会社を通して、全国の有名書店、オンライン書店に本をおいてもらっています。代表の吉田さんとは元大手出版社の編集者であり古くからの友人です。本プロジェクトの出版企画について制作・販売ともに了承済み。このプロジェクトの共同運営者になってもらっています。

・出版社ソーシャルキャピタルについて:英語教育書から中小企業オーナー本まで幅広いジャンルを手がけるほか、「かつて出された書籍の中に今読むべき本がある」とのコンセプトで「絶版新書」シリーズを立ち上げ、名著を復刊をしている東京・田園調布にあるひとり出版社。『広告に恋した男』(1984年刊)、『ランニング登山』(1986年刊)などの復刊本を発刊。ソーシャルキャピタル=社会関係資本の社名のとおり、書籍で人とのつながりが生まれることを喜びとして本作りをしています。

▼最後に

世界初のパクチー料理専門店を開くときにも東京初のコワーキングをオープンするときにも、各方面から「ありえない」と言われましたが、自分の信念を貫いた結果、今があります。今後も一般的にはありえないと言われようとも、真にしたいこと、必要だと思うことに次々チャレンジしたいと思います。

「いつか」と思いながら日々を過ごしてしまっている人の背中をドンと押し、自らの意志で生きる人を増やします。つながりを感じて、つながりを楽しみ、つながりとともに成長する、そんなコミュニティを作ります。共感していただける方はぜひ支援をお願いいたします!

  • 1 p0ttauljazl5vulc 0p0jq.jpeg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    パクチーハウス東京の原点:めぐろパーシモンホール

    2018/10/01 08:27

    人との出会いも再会も偶然。その偶然が一人の人の人生を変えることがある。自分の身の周りにいる人は奇跡の出会いかもしれないとも思う。一期一会という言葉もそんなことを伝えているのだろう。つながりはいつも偶然と少しの勇気から生まれる。 以下は、佐谷さんの有料メルマガからの引用。超人気店にしたパクチハ...

  • 42710874 352883378782501 6917321516296175616 n.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    「カニちゃん」と僕の結婚式のこと

    2018/09/30 13:38

    佐谷です。昨日はフラメンコギタリストのフアン・マニエル・カニサレスの来日公演に行ってきました。世界が注目するギタリストですが、縁あってご来パクいただいたこともあります。 出会いは14年前の今頃。僕自身の結婚式でした。 カニサレスの演奏は素晴らしく、というか圧倒的で、ギターからあんな音が出るの...

  • 2018 09 29.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    クラファンポスティングって?!

    2018/09/29 16:41

    クラウドファンディングなのにポスティング!   クラウドファンディングもいよいよ終盤に差し掛かっている。8月9日から始めた このプロジェクトもあと3日。 先日は佐谷さんとオンライントークライブを敢行。楽しかった。 クラウドファンディングをやりながら、オンライントークライブを やると...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください