9月に創立85周年を迎えるプロレス界最古の歴史を持つ団体、メキシコのCMLL(コンセホ・ムンディアル・デ・ルチャ・リブレの略)。CMLLと1996年からパイプを持つミステル・カカオが率いる「覆面MANIA」の大会が11月25日に行われます。その大会へCMLLから選手を呼ぼう!というプロジェクトです。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

 

覆面プロレスラーのミステル・カカオ(MISTER CACAO)です。

国内だけでなく、メキシコ、アメリカ、カナダ、フランスなど海外マットでも闘っています。

創立85周年を迎える世界最古の歴史を持つプロレス団体CMLLコンセホ・ムンディアル・デ・ルチャ・リブレ)とは1996年から関わりを持ってまいりました。

CMLLのルチャを日本に紹介したいという強い思いから1997年に「CMLL・JAPAN」という団体を立ち上げました。

参戦する選手達の大半は本場メキシコのルチャドール(プロレスラー)達でした。ミル・マスカラス、ドスカラス兄弟、エル・イホ・デル・サント、ネグロ・カサスを始めとする錚々たる面々でした。

2001年に解散するまでの四年間におよそ100名以上のルチャドールを招聘し、CMLLの日本ツアーとして年間約3度のシリーズを開催しておりました。

2006年から始めた「覆面MANIA」にもこれまでの12年間で数多くCMLLやフリーのメキシコ人選手達が参戦してまいりました。

インディア・シウクス、スタルマン、アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ、アパレシード、ラヨ・デ・ハリスコJr、トルトゥギージョ・カラテカス、シクロン・ラミレスJr、フィッシュマン、イホ・デ・フィッシュマン、ストゥーカ・Jr、フエゴ、スカンダロ、リスマルク、キルバン、ヨルバ、ビオレント・ジャック、ローリンJr、シクロペ、エウフォリア、レイナ・イシス、シルエタ、ハロチータ、プリンセサ・スヘイ、ラ・コマンダンテ、ヒタナ、ストゥキータ、アルコンスリアーノ・Jr、プーマ、パンテーラ・ブランカJr、ヘメロ・パンテーラ1号&2号(順不同)

 

「覆面MANIA」とは<このような>世界観を持った団体です!

12年間の活動を動画(3部)でまとめてみましたので、是非ご覧ください。

(動画)覆面MANIA ダイジェスト(2006年 ~ 2011年)

(動画)覆面MANIA ダイジェスト(2012年 ~ 2015年)

(動画)覆面MANIA ダイジェスト(2015年 ~ 2017年)

 

写真上:メキシコ・CMLLのメイン会場「ARENA MEXICO/アレナ・メヒコ」にて

写真上:「覆面MANIA 36」覆面MANIAの10周年大会(会場は東京・新木場1stRING

 

覆面プロレスラー、大会の企画・開催を続けながら、職人歴26年のマスク製作者としても現役で続けています。

 

▼このプロジェクトで実現をさせたいこと

今大会には、CMLLで一番のプロフェソール(指導者)、ヴィールス(VIRUS)選手の来日が既に決定しています。

大会には、彼以外にもCMLLから選手を招聘し、本場のルチャリブレを皆さまに御披露したいと思っています。

 

 

▼今回のプロジェクトをやろうと思った理由

最近の大会では、「京都ルチャ・マニア」にはエウフォリア。

覆面MANIA 38」にはストゥキータ、アルコン・スリアーノJrの親子。

覆面MANIA 39」は往年の名ルチャドール、フェリーノ選手の息子プーマ。

覆面MANIA 40」はパンテーラ・ブランカ・Jr、ヘメロ・パンテーラ1号&2号。

らが「覆面MANIA」への参戦を果たしました。

11月25日に行います41回目の今大会「覆面MANIA 41」。

11月27日に行う「ルチャリブレ教室」のイベントもVIRUS選手の参戦が決定しています。

さらに数名のCMLLのルチャドールの参戦を実現させたいと思っております。

それにより、本場メキシコの会場アレナ・コリセオやアレナ・メヒコに近い雰囲気をお客様に楽しんでいただきたいと考えまして、このプロジェクトの実現したいと思った次第です。

 

▼これまでの活動について(1997年〜2018年)

私は、CMLLのルチャを日本に紹介したいという思いから1997年に「CMLL・JAPAN」を立ち上げました。

2001年に解散するまでの四年間、東京、大阪、京都、福岡、三重、名古屋、宮城、石川、神奈川などの会場で興行を行いました。

当時、毎シリーズ15名〜20名近いメキシコ人選手をスポンサー無しでメキシコから招聘するという事はとても困難な事でした。しかし、その実績によりCMLLやメキシコのルチャドール達からは大きな信用を得ました。

5年の充電期間を経て、2006年9月から、私を含めた日本人マスクマンを中心に「覆面MANIA」という新しいブランドを立ち上げました。

以来、スポット的にCMLL所属選手を始めとするメキシコ人選手、初代タイガーマスク獣神サンダーライガーグラン浜田、スーパー・ストロング・マシン選手らレジェンドの方々も多数参戦しています。

以来、12年間に渡り「覆面MANIA」の開催を続けています。

 

 

▼集まった資金の使い道について

CMLLの選手を招聘するための資金(選手の航空運賃、ギャランティ、宿泊費、食費)として使用させていただきます。

選手一人分の経費を見込んでおります。

最終的に集まった予算次第では、数名のルチャドールの招聘が可能になります。

 

 

▼リターン商品について

CMLL、覆面MANIAの限定ウェア、マスクなど、オリジナル商品をたくさん御用意したいと思います。

他にも大会協賛として、リングのキャンバス、リング四方のエプロン幕/一面×6m×1m)など。

会場(新木場1stRING)内に企業様のロゴや応援される選手の応援幕を製作し掲示させていただきます。

 

写真上:メキシコ・CMLLのリングキャンバス(スポンサー:コロナビール)当時

 

▼最後に皆様へ

12年に渡り続けてまいりました「覆面MANIA」ですが、ようやく日本人選手の陣容も整いつつある今、次のステップへ進む準備をする時期であると考えています。

かつて率いた「CMLL・JAPAN」と「覆面MANIA」が合体した大会実現のため、さらに大きく盛り上げ、「覆面ムーブメント」を作って行きたいと思います。

18年の時を経て、CMLLのルチャドール達と再び、後楽園ホールのリングで闘う姿を皆さんに観戦していただき応援していただくこと、そして感動と興奮を皆様と共有できることを目標にしています。

そのためには、選手とスタッフが一丸となり、興行ごとに着実に前進して行きたいと思っております。

 

皆様のご支援と御協力をどうぞ宜しくお願いいたします。

 

覆面MANIA / MISTER CACAO

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください