■はじめに

2007年、東京都葛飾区立石(たていし)の駅前でわずか7坪の店舗でオープンしたイタリアンバル「ABURI(アブーリ)」。多くのサポーターに支えられ11年、順調に営業を続けてきましたが、駅前地区の再開発事業に伴い立ち退きが決定しました。

多くのお客様とともに、引き続き立石でお店を続けていきたい…そんな想いから移転先を探し求め、何とか見つけることができました。

移転に伴い、これまでの「ABURI」のコンセプトはそのままに、パワーアップした「ABURI」にするべく、皆様のお力をお借りしたいと思います。

■なぜ、立石なのか

東京都葛飾区にある、私鉄の各駅停車しか停まらない小さな駅でありながら、駅周辺に多くの老舗、名店といわれる個人飲食店が散在する京成立石駅。昭和時代からタイムスリップしたような街、立石は「下町の酒都」「東京のキング・オブ・下町」などと呼ばれており、数年前からの“下町ブーム”より衰えることなく注目されています。

「ABURI」オーナー自身が葛飾区出身ということもありますが、立石で営業していく点での魅力は飲食店が多いため“競争が激しく、店舗のレベルが高い”“葛飾区外からの来訪者が多い”ところにあると考えております。

11年営業を続けてきた「ABURI」の年間来店者数は1.2~1.5万人。立ち退きを知った多くのお客様から「移転先もぜひ立石で!」というお声をいただき、移転先も立石を選びました。

■ABURI(アブーリ)について

2007年8月1日、京成押上線立石駅前に7坪の広さのイタリアンバルをオープンしました。

内装、外装、設備など、できる限り自分たちでつくりあげました。


ABURI(アブーリ)の店名は、イタリア語で炙り料理=「Aburi Strale(アブーリ ストラーレ)」、イタリアサッカー代表=「Azzurri(アズーリ)」、これを掛け合わせて名付けました。

そして「酒場」と「サッカーBar」をかけているてめ、いつでもお酒を飲みながらサッカーを観戦できます。

地元立石を中心に、多くのお客様に愛されてきました。

●主なメニュー、人気メニュー

本日の鮮魚のカルパッチョ



古白鶏のレバーの炙り焼


黒毛牛のタリアータ 

 

自家製手ごねパン


自家製ローストポーク

 

本日の炙り焼

 

フルーツトマトのマルゲリータピザ

 

呑兵衛の青のりパスタ

●スタッフ紹介

<オーナー:佐藤剛士>

1977年葛飾区出身、高校卒業後、数店の飲食店で料理や経営を学ぶ、2007年立石に「ABURI」を開店、2018年移転予定。

趣味はサッカー、バイク

 

このメンバーで現在営業中です!

■移転先について

移転先は30坪と、これまでの4倍の広さ、これまで通りおひとりさまの利用はもちろん、

10~20名の団体も利用できるようなお店になる予定です。

外観

エントランス

2階部分 

2階テラス部分

1階は、食堂(ダイニングキッチン)のような温かい空間、2階はラグジュアリーな別荘のような非日常的空間へと作り上げていきたいです。

■資金の使い道

~2階を会員制のプライベートラウンジ&テラスにするための内装、設備費用~

移転先の2階は、団体利用のほか、ゆったりくつろげるラウンジ利用も考えています。

「ABURI」は比較的若いお客様の利用が多かったのですが、常連様もオーナーも“オトナ”な世代になりました。

“大人ラウンジ”にするための内装と設備費用に充てたいと考えております。

「立石で一番ラグジュアリーで、くつろげるお店」を目指します。

 

移転先の準備の様子はこちらでも随時ご報告いたします。

 

■リターン詳細

支援額に応じた食事券と、サービス券、パスポートを提供いたします。
リターンはチケットとなっております。
初回ご来店時にお渡しします。

5万円のコースを支援してくださった方には、
記念品お渡しとプレオープンにご招待させていただきます。

■最後に

新しいお店は、みんなの家(隠れ家)をテーマに作っていきたいと思っています。

サポートしていただく皆様に、

居心地の良さを感じていただけるように、

そして、ご自分の別荘や隠れ家のような特別感のあるスペースとなるような空間をつくりあげていきたいと思います。

是非力を貸してください!

■店舗概要

イタリアンバル「ABURI(アブーリ)」(現店名)

<旧店舗>(9月20日まで)

住所:124-0012 東京都葛飾区立石4-25-1 第2タマヤビル1階

定休日:月曜日

TEL: 03-3695-7731

 

<新店舗>(10月中旬~オープン予定)

新店名は只今検討中

住所:東京都葛飾区立石7-4-15

営業時間:未定

定休日:未定

 

Facebook

Instagram

  • 2018/09/19 12:59

    現店舗での営業も今日、明日で終了となります。 そこから新店舗の準備を毎日行っていきます。 …が、 もちろん営業と併行して、準備を行っています。 抑えられるコストは抑えるため、 元々キレイな白い壁はそのまま使用していきますが、 全部真っ白じゃつまらないので、 少し遊びを加えて一部だ...

  • 2018/09/15 14:19

    厨房の床が完成しました! 油や粉などが配管をつまらせないように、 そして毎日床をゴシゴシと磨けるように、 今回、新店に向けて1番大変な工事が完了しました! ここから、お客様にお使いいただく、 客席部分、テーブルやイス、照明などに取りかかっていきます! 今後も応援よろしくお願いいたし...

  • 2018/09/11 23:22

    今までの人気メニューも引き継ぎつつ、 新しいメニューも作っていきたいので、 営業や新店準備のスキマ時間に 試作を少しずつ! 美味しいと感じてもらえるのはもちろんですが、 見た目も香りもお値段もおいしいと、 お客様に満足していただけるものを考え中です!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください