活動報告

シン・ラジオ開発日記 その4

こんにちは。Cerevo開発チームによる開発日記、その4です。

今日はアンテナ・外部出力端子について解説します。

 

ラジオのアンテナは、一般的にロッドアンテナと言われる伸縮が自在な棒状のアンテナが取り付いています。

しかし、Hintは、内蔵式のアンテナを採用しています。ラジオを聴くときに、何かを取り出す必要はありません。電源をオンにすると、すぐにラジオを聴くことができます。

 

Hintはアルミニウムの部品とプラスチックの部品が使われています。中央の部品がアルミニウム、上のダイヤルと、下の台座がプラスチックです。アンテナは下の台座の内部に収納されています。

種類としては、コードアンテナです。一定の長さで収納されています。

この内蔵式コードアンテナによってFM波を受信して、ラジオ番組の音を流すことができます。

 

ただ、場所や周囲の環境によっては、どうしても受信感度が良くない状態が存在します。

そういう状況ではFM波を受信することは難しいです。この問題を解決するために、Hintは内蔵アンテナに加えて、F型コネクタの外部アンテナ出力端子を採用しています。

 

写真がその外部アンテナ出力端子です。左側の大きな穴が開いているものがF型コネクタと呼ばれる端子です。もしご家庭にFM受信対応のVHFアンテナが設置されていれば、テレビのF型コネクタ用ケーブルをHintに差し込むことで、受信することが出来ます。

また、FM受信対応の屋内用VHFアンテナについてもF型コネクタであれば、差し込むことが出来ます。

最後に外部出力端子としてイヤホンジャックについて説明します。上の写真でいう、右側の小さな穴のことを指します。

Hintは一般的なイヤホンを差し込むことができるφ3.5イヤホンジャックの外部出力を搭載予定です。

皆さんお手持ちのイヤホン・ヘッドホンをHintに差し込むことで、Hintのスピーカーからは音が鳴らなくなり、用意したイヤホン・ヘッドホンから音が鳴ります。

いわゆる、Line Outと呼ばれる機能です。※Line Inではありません。

イヤホン・ヘッドホンから聞こえてくる音はモノラルとなりますが、左右のイヤーパッドの両方から音が鳴る仕様になります。

 

Hintの構造を理解してもらったでしょうか?まだまだクラウドファンディング実施中です!みなさまのご支援何卒宜しくお願いします。

 

コメント