活動報告

【ReBuilding Center JAPAN】現場はみんなでできている

こんにちは、りょうこです。

リビセンもオープンまで残すところあと、5日となりました。(9/28オープンです。)

現場の作業も最後の仕上げや、最終のお掃除の段階に入ってきてます。


7月の終わりから始まったリビセンの改装工事。
もうすぐ2ヶ月になります。

私たちは毎日、改装をお手伝いしてくださる方々を募って(その名もリビセンお助け隊!!)と一緒作業してきました。全国各地から集まったお助け隊のみなさんは、おチビちゃんからお父さん、お母さん世代までと本当に様々な方が参加してくれています。

今、現場のどの部屋、どの部分をみても、
お助け隊のみなさんの顔やストーリーが頭に浮かびます。

「ここのタイルカーペットはがすの難しくてみんなで苦戦しながらはがしたなあ」

「ここの壁は初めて工具使った子がキラキラした顔で、できたよ!できたよ!って興奮気味に作ってくれたなあ」

、、、、なんて○


この間もご家族で参加してくれて、お子さんがいつも家でみる姿とはまた別の、ドキドキしながらもいろんな大人たちと関わって進んで作業していく後ろ姿をみて、
わたしは親でもなんでもないけど、
涙でそうになるくらい嬉しくなります。

 

ここには毎日いろんな景色があります。

大工できるできない関係なく、
共に同じ空間で作業して、
汗を流して、
笑いあって、励ましあって、
同じ釜の飯を食べて、
銭湯で疲れを癒して、


この2ヶ月間、わたしたちが駆け抜けたすぐ横には
必ずお助け隊のみなさんがいました。

今ここまでカタチになっているのは
他でもなく、みなさんのおかげです*

いつも元気を、励ましの言葉を、
そしてどんな作業でも楽しくやってくれて

本当にありがとうございます!!!

残り5日も、たくさんの方が来てくださいます。
一緒にラストスパート駆け抜けましょう!


この場を借りて、お助け隊のみなさんにありがとうとこれからもよろしくお願いしますを。

これからリビセンに訪れてくれる方や、キャンプファイヤーに支援してくださった方、応援してくださる方々にお助け隊のみんながいて、今があることを知ってもらえたら嬉しいなあと思って
この文章を書かせてもらいました。

今日もみなさんありがとーーー!!!
明日もがんばるぞー!

 

コメント