Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

1件のパトロンと1件のプロジェクトオーナーになっています

  • 現在地:京都府
  • 出身地:未設定

# 大学院でしたい・したかったこと 計算可能性理論と計算複雑性理論の研究。 # 嘘っぽい経歴 2005年灘高校入学、 以降受験勉強を全くせずに、 相対性理論、量子力学、流体力学に熱中し、 見事、京都大学理学部受験失敗。 物理学でしか点を取れなかった。 ちなみに相対性理論も量子力学も流体力学も今やまったく覚えてない。 2008年郷里に戻り、 受験勉強を始めるつもりが市内唯一の予備校の入学手続き時に事務員と大喧嘩し、 けっきょく映画館に通い詰める日々を過ごす。 でも、予備校はもともと評判が悪かったし、 事務員はほんとうに失礼だったと今でも思っている。 喧嘩したのは、よろしくなかったと反省はしているけれども、、、 ちなみに当時みた映画でのベストは、 Across the Universeと頭山です。 2009年再び、京大に落ち、東京理科大学理学部数学科入学。 ちなみに京大にはA判定を出し続けていたので、 合格できるとたかをくくっていたのに落ちてしまい、 京大以外に出願していたのは、東京理科大学のセンター利用だけだから、という理由で、 東京理科大学に入学。 東京理科大学を2012年に双極性感情障害の悪化により退学。 郷里に戻る。 2013年郷里で療養のつもりが、 両親のあまりにも無理解・無協力のせいでむしろ悪化。 自殺しようかと思いつめ、京都に家出。 以降、京都のコンビニでバイトをしながら、 同志社大学に変転入に向けて受験勉強。 この受験勉強が初めての受験勉強であり、勉強。 このとき、勉強・学習のしかたを知る。 ちなみにぼくは「勉強」ということばを「やりたくないことを無理して学ぶ」という意味で使い、 一般に「勉強」と呼ぶものを「学習」と呼びたい。 2014年同志社大学文学部哲学科に入る。 このとき、25才。 一回生の講義も受講する必要があったが、 年齢差からまったく馴染めず。 同志社大学で友人になれたのは一人だけでした。 英米系哲学の研究室で学ぶ。 ちなみに受験勉強自体を前年度にその研究室の先生・先輩に教えてもらうことで行なっていたので、 自動的に配属。 同志社大学を卒業するも、金銭的問題から院試受験を断念していたので、路頭に迷う。遅くに求職を始め、某中学受験専門塾の個別指導受託講師職に就くも、小学生に二次方程式の解法を導出させるように誘導するなどして解雇。 今に至る。

世界一周したYouTuberが創る「人を繋げるスパニッシュバル」

スペイン北部、サンセバスチャンのピンチョスに魅了されたYouTuber、ゆとり会議室代表、安芸。美味しい料理と素敵な空間、そして馬鹿でかい夢を持った店員さん達が創り出すスパニッシュバルを東京の学芸大学駅で始めます。大きなコの時のカウンターで楽しむコミュニケーションこそ飲食店の醍醐味!

27%
27%
現在139,500円
パトロン17人
残り43日