雨の多かった7月、そして灼熱の8月。


バタバタと忙しく日々が過ぎ

あっという間に8月のお盆も終わり。


7月のワークショップはこんな感じでした。

みんなで画材を囲み・・・


植木鉢に下地処理を施したものをひっくり返し・・・


絵付け!

絵付け!!


絵付け!!!


そして出来上がったのは・・・?!

風鈴!!!


カラフルな風鈴がたくさん軒に。

雨の多い7月だったけどこの日は何とかもって良かった。




そして8月は・・・!

季節に気がつくあそび koyomi yusan vol.7 

ワークショップ「コットンボールを使ったモビールを作ろう!」開催!

昔の暦、七十二候で8月下旬は「綿柎開(わたのはなしべひらく)」。

綿にちなんでコットンボールを使ったモビールを作るワークショップを開催します。



日にち 2019年8月14日(土)

時間  15:00〜17:00

参加費 1000円

講師  6月の古墳(一樂まどか&酢平☆)


材料に限りがございますので参加ご希望の場合はご予約願います!

灼熱の8月。夕涼みがてらご参加ください。



余談。

梅雨で大打撃を受けた地下室。。

掃除をやらないといけないんだけど、

7月のワークショップでは若い子たちに大人気でした。笑



6月ハウスの6月祭、そして7月へ…!


6月ハウスと言うからには6月に祭りをするぞ…!

そう目論んでいたので遂に6月、

「6月祭」を開催!


6月11日から20日の10日間開催しました!↑入り口にハニワダンサーズの顔出しパネルフォトブースを設置!


何と言っても今回最大の見所は

6月ハウス設立時にご支援頂いた作家さんたちにお声がけし実現した

「黄色」がテーマの企画展!


なぜ黄色がテーマかと言うとこの時期の七十二候(昔の暦)が

「梅子黄(うめのみきばむ)」なのでそこから拝借。



展示して頂いた作品をご紹介します!(敬称略・順不同)

ますとみけい


子之籏(ねのはた)


TNO:野村俊哉


Wokini.



しののめ とも



服部ぼぶ



CDR


工房樹洞 山田征司



Kho-K( Kaho Katayama )


作家さんといっても絵画だけでなく

文字描きの作家さんやアクセサリーの作家さん、楽器の作家さんもいて

それぞれの「黄色」を表現して頂いた展示となりました!


ご参加くださった作家の皆様、ありがとうございました!


また週末には一樂まどか&酢平☆のライブパフォーマンスも実施。


ライブパフォーマンスの後には"音を聴いて絵を描く"ワークショップも開催。

参加者の皆様に楽しんで頂きました。



またこの日は立花亭さんと焼き菓子にの帆さんも駆けつけてくださり、会場は最高潮!


皆様から頂いたドネーションで購入したお茶と差し入れの飲み物は

「みんなの麦茶」として頂きました!ありがとうございました。


たくさんの方にご来場頂いた10日間。

ありがとうございます!また来年も開催できるよう頑張ります。



そして7月。


季節に気がつくあそび koyomi yusan vol.6 

ワークショップ「オリジナル風鈴を作ろう!」開催!

7月の初旬は昔の暦・七十二候で「温風至(あつかぜいたる)」。

それにちなんで、風鈴に絵付けをしてオリジナルの風鈴を作ります!


日にち 2019年7月7日(日)

時間  13:00〜15:00

参加費 1000円

講師  6月の古墳(一樂まどか&酢平☆)


材料に限りがございますので参加ご希望の場合はご予約ください!

みんなで夏の風、感じちゃおうぜ!





ケロケロな5月とまさに6月ハウスな6月


去る5月11日、季節に気がつくあそびkoyomi yusan vol.4を開催。

内容は「ケロケロカエルを作ろう!」でした。


昔の暦、七十二候で5月の11日頃は「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」。

それにちなんでケロケロと蛙の声のような音の出る楽器を作るワークショップを開催!


こんな感じの楽器です。


カエルの胴体になる部分に模様を描いてもらって・・・


目玉や手足をくっつけてもらい・・・


テグスがついた棒を取り付けて完成!


こんなカエルや・・・

こーんなカエルが爆誕!!


テグスがついてる棒をくるくる回すと

ゲロゲロ!ケロケロ!鳴きました!!



そんな楽しい5月も終わり・・・


ついに6月・・・!

6月といえば、「6月ハウス」!!

ということで!




6月祭やっちゃいます♡

総勢9名の作家による企画展「梅子黄(うめのみきばむ)」をはじめ

ライブパフォーマンス!

ワークショップ!!


アートを身近に楽しめます!!

ぜひ遊びにいらしてください。





5月10日(金) 地下室の救世主現る


3月の頭から悩まされていた地下室の雨による湿気。

乾き始めると土砂降りが来てどーにもこーにも頭を抱えていた。

すると、記事を読んだご支援者の方が助けてくださった。


「金曜日(地下室を助けに)行きます」と…!


この日は快晴。むしろ暑いくらい。

本来僕が用意しないといけないお茶やお菓子の差し入れまで持って

その救世主は現れた。


僕「今日は宜しくお願いします…!」


まずは地下室の掃除から。


その方が持ってきてくださったクワ?みたいな道具で床をかく。

僕が床だと思ってたものは泥だったのだ!


↑かき出した泥。バケツに入れて運び出した。


そう。

地下室の隙間から雨水が滲み出ると同時に地中の泥も一緒に流れ出ていたのだ。


なので床は実は泥まみれだった。


泥をかき出したので次は水分を拭き取るために古紙を転がす!

アトリエは新聞を取ってないので少年ジャ●プをちぎって対応。


水分を吸い取らせたら、こいつで滲み出てる隙間をブロック!

と思ったら。

あれ??まだ床が湿っている…!


もう一度言おう。

この日は快晴。雨の「あ」の字も降ってはいない。


しかし床は湿っている。


そう、まさかの


雨水が滲み出ていると思われた隙間からは

快晴でありながら水が湧き出ていたのだった…!


つまり。


天然の地下水!!


…!!!


顔を見合わせると同時に救世主は言った。


「止水セメント買ってきます。」


待つこと30分。


止水セメントを買ってきてくれた救世主による施工が始まった。


そして1時間後…

Yeah!!!!完☆全


いや〜長い道のりだったね!

そう言って僕らはアトリエの小上がりスペースで

救世主が持ってきてくれたお茶を飲んだりお菓子を食べていた。




そして夕方になり、救世主が帰る時間に。



僕  「今日はありがとうございました!助かりました。」

救世主「忘れ物があるかもしれないから確認しますね。」


そう言って地下室を確認しに行ったとき。

僕らが目にしたのは…


水溜り。


二人とも声が出なかった。

隙間は別の場所にもあったのだ。


僕と地下水の戦いは続く・・・

4月10日(水) 水との攻防戦!


ことの始まりは3月5日。

長く雨が降り続いており、ふと地下室へ。

うおおおお!!!!濡れとるやんけ!!!!


去年は雨が少なかったからか、こんな地下室は初めて。

とりあえず手を打つ。

サーキュレーター設置!


この様子を知人に知らせたところアドバイスをもらう。

丸めた新聞紙を投入!

(僕は新聞を取ってないので、コンビニでこの為だけに購入…笑)


そして放置の日々が続いた。


〜〜1ヶ月後〜〜


地下室は温度が一定な為、乾くのがとてもゆっくり。

乾いたらこいつをブチューっと注入しようと準備しているのに

中々ちゃんと乾かない。


そうこうしていたら何と今日は4月なのに雪!

あああああ嫌な予感!!

そう思いつつ、そろりと地下へ降りていくと・・・


ぎゃー〜〜〜〜〜〜ーーー!!やっぱり!!!

水溜りまで出来てる!!!!!


その時、ハッと気がついたのだ。

以前、監督Sさんが言っていた言葉…

「外の雨どいの水が地下に滲み出てるんじゃないか?」


・・・それだ!!!


ずっと雨どいの修繕をしようとして後回しになったいたのだが

地下室が沈没しては大変だと思い、雪の中作業開始!


はい、酢平☆クオリティです。

大工さんズが見たら笑うだろうけど、とりあえず応急処置。


この雨どい、古い菅に繋がっていてそれが多分地下室へ。

なので水の通り道を変えてやりました。

さぁこれで地下室水没は免れるのか?!


地下室も有効利用したいから何とか乾かして直したい!