2019/03/07 00:13

今日もたくさんのお客様がきてくださり閉店作業を終え、パソコンを開いてみるとなんと現在86名もの皆様にご支援頂いております!!!ありがとうございます!つかれも吹っ飛びます。

日々の営業でお客様に直接クラウドファンディングのお話をさせていただくことが多いです。

そのときに「リターン選びで迷う」「支援したいけどリターンが多すぎて決めきれない」そんな言葉をよくいただきます。なので、リターンを暗記カードのようにしてネット上でスクロールぜずとも

「あなたにぴったりのリターンはこれだ!」というのをご提案できるようにしてみました。

紙にしてみると、リターンめちゃくちゃいっぱいです。分厚い!そりゃー迷われます。(このカード、文句を言いながら切ってくれたのはSALAのPAPAさんです)

もし、迷われてる方がいれば店舗で是非わたしに声をかけてください!ピッタリのリターンをご提案させて頂きます!

本日はご宴会が2グループで満席でした。その2グループの皆様にクラウドファンディングのお話をさせていただきました。皆さん快くお話を聞いてくださり、またその場ですぐにご支援してくださった方もいらっしゃいました。感謝です。

そして、今日はとっておきに嬉しいことが2つも!

まずひとつ目、昨日のエンパワメントチャレンジショップでくたくたのタイ人シェフが朝出勤してすぐに昨日の反省点と改善策、次回への意気込みを伝えてくれたことです。

「おっはよー」を言うと、目が真っ赤でめちゃ腫れてるんです。話を詳しく聞くと、昨日のビュッフェでできなかったことが悔しくて泣いた、朝からタイにいるお母さんに電話して、そのできなかったこと(料理に関すること)をどうしたらできるのかを相談したということを聞きました。昨日はビュッフェの最中私もかなりきつく彼女たちに怒る場面がありました。自信をへし折るような場面もありました。正直、体調も気持ちの面でも大丈夫かな?って心配でした。

色んなことがあったのですが、出勤してきたタイ人シェフは、目は腫れていたものの自信に満ち溢れた表情でした。

彼女は私が本当に伝えたかったこと、ちゃんと理解して、自分自身で消化、すでに解決していることもありましたが改善策まで考え直接私に報告してくれたんです。

「やってみないと分からない。そのチャンスをくれて本当にありがとう」

といってくれました。やってみないと分からないよ、そう伝えて実現したチャレンジショップ。

やってみた勇気のあるタイ人シェフ、彼女たちがそこで得た経験と自信。次回が本当にたのしみです。たくましいです。(次回のチャレンジショップは後日広報させていただきます!)

二つ目、タイの民族舞踊の「爪」をいただきました!

SALAでは店内にいただきもののタイの民族舞踊の衣装や冠が置いてあります。


それを見たお客様のKさんがなんと!タイのチェンライ旅行へ行った際にこの民族舞踊にかかせない「爪」をお土産に持ってきてくれたのです!!!!!!!!

閉店後、一人でぞんぶんに堪能しました!笑 この爪、なんといったらいいか、自分がめっちゃ強くなったみたいな不思議な感覚にしてくれます。是非、みなさんにもつけていただきたいです!(お声がけください!)Kさん、本当にありがとうございました!!!!たからものです。これはほんっとにうれしいです!!!

と記事を書いていたらクラウドファンディング8日目に突入ですね。本日からもどうぞよろしくお願い致します!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?