2019/09/05 12:00

皆様

この度はご支援頂き誠にありがとうございます。

まず初めに、弊社の不手際で一部の方に製品が届いていない事案がありましたことをお詫びいたします。

また、製品に対して率直な意見や提案をしてくださったパトロンの方に深く感謝いたします。今後の製品開発の糧として更に良い製品を開発していきたいと思います。


それでは、今回はお願い事項(2点)とご報告(3点)があります。


\\概要\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
お願い事項
 ①GENTZを搭載したロードバイクの写真を提供ください!
 ②製品に対するご意見をください!
ご報告
 ①益田INAKAライドにブース出展!次は福島へお伺いします。
  益田INAKAライドホームページ
 ②ロードバイクYoutuberの「ひさし。」さんにGENTZを取り上げて頂きました!
   ひさし。さんのチャンネルはこちら! 
 ③雑誌「モノマガジン」に掲載される!

\\詳細\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
お願い事項
①GENTZを搭載したロードバイクの写真を提供ください!

題名の通りなのですが、パトロンの皆様のGENTZを搭載頂いたカッコいいロードの写真が欲しいです!その写真を弊社ホームページまたはSNSサイトでアップしたいです!

メール:gentz-tokyo@kalmor.co.jp GENTZ開発担当 大道までデータで送付ください。

今までは製品のイメージ写真を開発担当の私、大道の写真を使って実施しておりました。しかしながら、周りの方の最新ロードが本当にかっこいい(嫉妬)。そんなカッコいいロードバイクにGENTZが搭載されているのを一般の方が見たら、よりGENTZが世の中に広まると考えました!

みなさまへご協力お願いできたら幸いです。スタートアップしたばかりの事業なのでお返しは何もできません。そこだけは本当に申し訳ないです。助けて下さいませ。

【撮影方法】

写真は下のようなアングルでとって頂けたら幸いです。

車体の後方右側または左側からパシャリでお願いしたいです。車体のメーカーが分かるようにしていただけると幸いです。

↑こちらはパトロンの方の誰もが憧れるかっこよすぎる車体。ブースにお立ちより頂いた際に撮影。感謝です。

こちらも誰もが憧れるカッコよすぎる車体。ブースでGENTZを購入いただいた際に撮影。


写真の送付先は、

メール:gentz-tokyo@kalmor.co.jp GENTZ開発担当 大道までデータで送付ください。


②製品に対するご意見をください!

今後の製品開発において皆様のご意見を頂きたいと考えております。今までに頂いたご意見やご提案は下記の通りです。

・音を大きくしてほしい。

・ハンドルへの抜き差しを容易にして欲しい。(抜く際に破損したというご報告を頂いております。)

・手元で操作できる警音器を作ってほしい。

・充電時にいちいち本体をハンドルから取り出さないでも良い仕様にして欲しい。

・テールランプの機能を付帯してほしい。

等々。

全てが今後の開発に適用できるご意見です。よりGENTZは進化できると確信しております。

そこで、もしよかったら皆様の率直なご意見をお伺いしたいです。

ご意見を頂ける方は、

メール:gentz-tokyo@kalmor.co.jp GENTZ開発担当 大道

までメールでご連絡ください。


ご報告
①益田INAKAライドにブース出展!次はツールドしらかわin福島県にお伺いします。

  8月31日~9月1日に掛けて島根県の益田市で開催された益田INAKAライドにブースを出展しました!次回は9月23日に福島県で開催されるツールドしらかわにブースを出展します!是非参加される方はお立ちよりください!

 ②ロードバイクYoutuberの「ひさし。」さんにGENTZを取り上げて頂きました!

   ロードバイクユーチューバーのひさしさんにGENTZを取り上げていただきました。大変光栄なことです。ひさしさんはロードバイクに関して多岐にわたって動画を配信されております。是非皆様もご確認ください!

 ロードバイクユーチューバーひさしさんのチャンネルはこちらから!


 ③雑誌「モノマガジン」に掲載される!

 まだまだGENTZは社会に認知されていないです。そんな中雑誌の掲載が8月中旬に決まり9月2日から店頭に並んでおります。本当にちょこっと載った感じですが非常に光栄なことでした!是非書店にお立ちよりの際は見てください!


最後に

私はロードバイクが好きでひょんなことから警音器の開発をし、皆様にご支援いただき今のところうまくいっております。この仕事をし警音器という非常にニッチなことを毎日考えるようになってから、ローディー全体がルールーやマナーを守ることの大切さを思うようになりました。

ローディー全体があらゆる種類の自転車の中で最も模範的な存在になることがロードバイクの周辺環境をよりよくする。恐らく模範的な行為をローディーがすることで、それを見た周りの自転車に乗る子供や大人の意識が徐々に変わると思います。変わった先にはロードバイクもローディーもカッコいい存在という認識が生まれるのではないかと考えてます。カッコいいと思わせると、そうなりたいと思う子供たちが多く増える。そしたらよりロードバイク人口が増える。

ここまで来たらいいサイクルが生まれそうです。

なので、GENTZというよりも、ルールやマナーを守るといった当たり前のことをより世の中に広めることが出来たらと考えております。

より、ロードバイクへの警音器搭載が普通のこととなるように、

ドンドンロードバイクにあった警音器を開発していきたいと思っております。当たり前のことが世の中に広まる為には、弊社ではなく競合他社の方がカッコいい警音器を市場に供給してもいいのかななんて考えてもいます。

是非皆様も将来の世代の為に、周りの方からルールやマナーを守ろう運動を実施してみたらどうでしょうか!

以上

ご一読ありがとうございます!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?