2020/02/04 17:10

クラウドファンディングでご支援いただいた皆様へ

早くも2020年を迎え、福知山は光秀の築いた城下町ということもあり、大河ドラマ「麒麟がくる」のお客様がたくさんいらっしゃっております。アーキテンポのある新町商店街はお城から離れているためその影響はあまり感じることができませんが、アーキテンポはしっかり運営しております。ここでは、ご支援いただいた皆様へ、これまでの近況をお伝えさせていだきます。(こちらでのご報告、遅くなり申し訳ございません)

アーキテンポにご支援いただいた2019年4月にお披露目しましたが、DIYが多々残っておりましたので本格的な稼働は6月から始まりました。

カウンター部分に施工したモルタルの左官や家具は今回のクラウドファンディングで実現することができたものです。木とモルタル(薄い茶色とグレー)でアーキテンポの雰囲気を作ってくれています。


運用方法としては、ワンダーマーケットに参加いただいている、これから店を持ちたいという人を中心に、お客様にわかりやすいように「毎週曜日を固定して」ご利用いただいております。

月曜日には無農薬の野菜を栽培する農家さんが朝ごはんを提供し、

火曜日はエスニック料理を作る若者が調理し、

水曜日は地元の製麺所の店主がラーメンに挑戦し

水曜から土曜日の夜はBARが出店


日曜日はアメリカンベーキングの洋菓子店が彩ってくれます。

また、月に一度はママたちのフリーマーケットが開催。子どもたちの賑やかな声が商店街に響き渡ります。

福知山ワンダーマーケットが開催されているときにはこれまで出店してくださっている出店者さんたちがコラボして利用して新しい使い方を提案してくださいます。

アーキテンポは福知山ワンダーマーケット にお越しの常連様やご近所の方々、そして私たち実行委員会が1つのコミュニティとなりながら、色々なシーンを楽しんで時間を共有できているように思います。これも支援者の皆様のお陰です!ありがとうございました^^

このコミュニティを広げ、住みよい楽しい街ができるように挑戦していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

(福知山ワンダーマーケット 共同代表 庄田)

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?