問題の活動報告から2日が経ちました。



私の心は穏やかです。何も気にしていません。
プロジェクトの文章も、ほどよく真面目になりましたし、最初のゴールである100%も達成しましたし、支援いただいた方の数も着々と増えております(みまさま本当にありがとうございます)。自分のフォロワーが多少減ったことなんて、別に気にしていないのです。そんなの、たいしたことではないのです。



(かわいこちゃんぶってるだんご氏のブラックな面をいつか引き出してやる……)



そんなことより、「天野に絵心はあるのか問題」に対する土門さんのフォローが胸に沁みました。彼女は書き手として素晴らしいだけでなく、人格者です。



こんなことを言われたら、編集者としては、
「そんなことないですよ~(笑)ちょっと見せてみてくださいよ~(笑)」
と返すしかないのですが、今朝、送られてきたのがこちら。



………………。


ぼくは好きですよ、この絵!


まあ、そんなことより、
昨晩お送りいただいた最新回の原稿、とてもよかったです!

いわば師弟対談ですね。この人からこの孤独の手触りを引き出せるのは、おそらく土門さんだけでしょうね。これが書籍の8章に収められるわけですが、今までで一番「ヒリヒリ」したかもしれない。もうすぐ(4月中!)BAMPで公開されるようですし、楽しみです。


▼『経営者の孤独』連載ページ
https://bamp.is/tag/kodoku/


 

さて、最後に触れておかねばならぬのは、この挑発的な発言。



柳下さん、新規部分の発注の件どうなっておりましたっけ?
進捗、お願いいたします!


(今日もみんな仲良しです)


文:天野潤平


コメント