2019/06/03 13:58

こんにちは!ビアバルFestaの櫻井です。

2周年ビールの先行お披露目会を開催しましたのでご報告です。
(通常営業でのご提供は6/8の周年パーティー以降です)

運搬後に味見はしましたが、皆さんに飲んでいただくのはこの日がはじめて。
なんだか緊張しますね。


軽食付き・持ち込みOKの会とさせていただきました。
お食事はカウンター大皿からセルフ。

この日のためにかくしておいた金のタップをセット。

注ぎ間違いゼロ!


肝心の味ですが・・・

いいと思います!
ぜひご自身でご確認いただきたい!

おさらいで、後藤醸造さんと打ち合わせした際のビールのイメージを転載します。

-------------------------------------------------------------------
気になる「2周年ビール」の内容ですが、お伝えしたのは
・記念ビールなので多くの方に受け入れられやすいスタイル
・アルコール度数は通常、ないしは若干低めでもボディーが軽すぎなければOK
(個人的にはしっかりボディーが好みですが。後藤さんも同意見で面白かったです)
・ホップのキャラクターは欲しいので、
アメリカンペールエール
(アメリカ産のシトラスのような香りののこるビール)
~ホッピーなウィート(同様に、ホップの香りや苦みのニュアンスのある、小麦を使用したビール)あたり・・・?
・具体的に「〇〇みたいなの、いいですよね」と銘柄もあげてみました。
(ここはあえてなにかは伏せておきます。後藤さんも「私も好きですよ!」とおっしゃっていただき、これも面白かった・・・)
-------------------------------------------------------------------

後藤さん、バッチリですよ。さすがです。

以下、お客様からの声です。
「うまいじゃないか!」
「度数いくつだっけ?5.5%?強めに感じないからたくさん飲めちゃうなー」
「ちょっと温度上がると少しだけ酸味がでてくる、それがまたよい」

私見ですが、周年パーティーの8日までにまたもう少し味わい変わるのではないかと思っています。
運搬した日の味見の印象と、このイベント当日の印象がだいぶ変わっていたので・・・。
「いろんな香り・味がする」印象だったのですが、それがまとまってきて「一つの複雑な香り」になっていくというか・・・

まだまだ楽しめそうです!



せっかくなのでいろいろなグラスでの飲み口や香りの感じ方の変化を。

ああ、贅沢な試み・・・
写真左から
・スノーモンキー チューリップ型グラス
・Wolf チューリップ型グラス
・ヒューガルデン バケツ型グラス
・シュピゲラウ アメリカンウィート専用グラス
・マルール 聖杯型グラス
・シャンパン用フルートグラス

色の見え方、香りの感じ方などはだいぶ違ってきますね。
「どれが正解」、ではないですが、個人的には薄はりである程度口径あるやつが好みです。

フードは3種類用意。
実はそれぞれ2周年ビールと合わせる意図をもって作りました。ペアリングです。

・自家製鶏ハムペッパー・トマトソース 
⇒ペッパーの強めの味わい、トマトの酸味とあわせてどうか。

・自家製鶏むねとオニオンのマリネ
⇒鶏むねはコリアンダー多めに味付け。
ビールにもコリアンダー入れましたからね。オレンジピールの代わりにレモン。つまり2周年ビールと似た感じの味わいをイメージ。

・生ハムとクリームチーズ・バジルソースのブルスケッタ
⇒オイリーでガーリックや塩味の強いものとあわせてどうか。

こちらも特に正解はないので、ついでの楽しみです。



8日、9日の周年パーティーでもいろいろお食事をご用意しますので、そちらもいろいろペアリング考えていただけると、より楽しめるかと思います!

参加予定の皆様、もうすぐ飲めますのでお楽しみに!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?