2019/11/15 17:00

いつも暖かいご支援、ご声援をありがとうございます。

この度、人工流れ星の実現に挑戦する人工衛星2号機(以下、2号機)の打上げウィンドウが2019年11月25日に開始予定となりました。

2号機はRocket Lab社のエレクトロンロケットに搭載され、ニュージーランドのマヒア半島から宇宙へ旅立つ予定です。ALEはこの2号機を利用し、2020年内の人工流れ星実現および事業化を目指します。


今夏のプロジェクト計画の見直しでは皆さまに多大なご心配をおかけしましたこと、改めてお詫び申し上げます。ALEはこれからも世界初の挑戦に励んでまいりますので変わらぬご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


■打上げ予定日

打上げウィンドウは2019年11月25日より14日間となります。


■打上げ後の予定

2号機は打上げ後、軌道に投入され、地上との通信を確立します。その後は数か月間に渡り運用試験を実施し、全てのコンポーネントやシステムの健全性を確認します。そして遂に2020年、世界初の人工流れ星を実証いたします。場所等の詳細は現在検討中です。確定次第発表いたします。


■代表取締役社長/ CEO 岡島礼奈コメント

「来る人工衛星2号機の打上げに、大変わくわくしています。予想外に打ち上げが前倒しとなったことには、驚きと同時に大きな嬉しさを感じました。この2号機の打上げにより、世界初の人工流れ星の実現がいよいよ間近となります。ALEにとって一大イベントとなる人工流れ星の初お披露目は2020年の予定です。是非楽しみにお待ちください。Rocket Lab社は、商用ミッションの成功率100%の実績を持つ心強いパートナーです。彼らと共にこのミッションに臨めることは大変光栄です。」


なお、2号機の打上げの様子は、Rocket Lab 社のWEBサイトで動画がライブ配信されます。打上げ当日、代表の岡島をはじめとしたALEメンバーは、投資家や研究開発提携先の方々と共に、日本のALEオフィスでライブビューイングを閲覧する予定です。人工流れ星実現を応援してくださっている皆様にもライブ配信をご覧いただき、ぜひ一緒に2号機の旅立ちを見守っていただければ幸甚です。 


詳細はこちらをご覧ください。

http://star-ale.com/news/460/2019/11/06/

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?