2019/09/30 16:28

昨日、「NPO アーダコーダ」さんの主催する「こども哲学ファシリテーター養成講座〈初級編〉」を修了しました!

もともと興味のあった哲学的対話。

「哲学」といってもむずかしい言葉は使いません。生活の中の「答えがいろいろある」疑問をすくい上げ、みんなで議論します。

例えば

「ゴミって何?」

「こどもと大人はどう違うの?」

問いを立てるところから、話し合いは始まります。

大切なのは「安心して話したり聴いたりできる」こと。

そのための工夫やファシリテーターの心構えを学んだ後は、ひたすら実践!

とんぼ返りの東京で、丸一日。何度も哲学対話を重ね、ファシリテーターも体験してもうヘトヘト!

でもそれ以上に、対話の効果や喜びを実感できました。

ご縁を感じる出会いもあり、語り合った方々とはもう“仲間”という感じです。

哲学対話はこども大人問わず、いまだ!と思ったときに実施していきたいと思います。

どうぞ皆さま、「考えるパンKOPPE」でも哲学対話を楽しんでくださいね!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?