2019/12/03 18:30

12月になりました。
11月はあっという間の一月だったのだが、今月はさらに早い師走ということで超音速の年納めになるんだろうなと予感。12/30はワンマンもあるしね。


今回の旅は長崎。
一泊と短めだけど、1日に3箇所ということで濃密な2日間になりました。

広島を深夜の2時に出発。
HIPPYの運転で安全に向かいました!!

朝、HIPPYのtwitterにもあった温泉施設にて少しリフレッシュして
ALS(筋萎縮性側索硬化症)と戦い続ける数学者の平坂先生にお会いできました!
韓国の釜山大学の教授も勤められるほどの経歴の先生です。

今回は病気のことをもっといろんな方に知ってもらいたいとの先生の意向から、
写真とともにご訪問の報告として公開させていただきました。

補足:ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気なのですが、思考能力や内臓機能、視力や聴力などには影響がない、難病指定の病気です。
http://www.nanbyou.or.jp/entry/52

まだ治療法は確立されていない難しい病気です。

今回のご訪問に多大なるご協力をいただきました、谷口先生にもご同行いただきましてのご訪問となりました。
お忙しい中、誠にありがとうございました!

平坂先生はお元気そうで自宅で私たちを出迎えていただきました。

まずはご挨拶ということでHIPPYも自己紹介。
平坂先生もHIPPYに対してたくさん質問を投げかけてくださいました!
言葉も少し発するのが大変なのにも関わらず、この場を和ませようとたくさんお話してくれました。

奥様がお腹が空いているでしょうと、できたてのお弁当や自家製のキムチやお味噌汁などをご準備していただき、おもてなしもいただきました。誠にありがとうございます!
美味しすぎてお腹いっぱいw(炊きたてのごはんのふわふわなこと)ごちそうさまでした!

さっき会ったばかりだというのに上の写真をみてください。
平坂先生とHIPPYは笑顔の架け橋ができていました。
それくらいコミュニケーションは完璧。病気を感じさせないそんな楽しい時間。


この場のことは平坂先生のブログでもご紹介していただいております。とてもユーモアに溢れたブログになっておりますのでぜひ皆様も読んでみてください!
*特に12/3の干し柿のブログは笑いました!

<平坂塾 闘病記>
https://www.hirasakajuku.com/cont10/main.html

先生とHIPPYは音楽のこと、病気のことなど包み隠さずお互いの話をし、
親交を深める。

先生は野望もすごく、「会社を設立しようかな!」ともおっしゃってました。
すごいバイタリティーに私たちも勇気付けられました。


そして、時間が迫り、


「君に捧げる応援歌」をご自宅にて歌唱させていただくことに。
今回の旅で初のご自宅での歌唱。
ストリートライブの機材をセッティングさせていただき、もちろん遠鳴サトさんの生演奏にて全力歌唱。

ご家族全員で聴いていただきました。
平坂先生のお子さんたち、そしてお母様にも。

先生のブログにも書かれていましたが、歌唱後、先生は涙を流して感動してくださいました。私たちもこの曲に感動してくださりとても嬉しい時間でした。

HIPPYも歌い終わった時は目に涙。100%の応援歌を先生に届けることができてよかった。
それを感じてくださった先生にも大感謝です!


せっかくの"自宅ライブ"ということで「きんさいや」も歌わせていただきました!!
肩を組んで〜のところはご家族&HIPPYでもちろん肩組み!


ご自宅ライブは大成功!!トークも含め滞在時間は短かったですが、とても濃厚なひとときでした。

最後は全員で集合写真。
(奥様はお子様のイベントに参加ということで、慌てて出発されてました!写真は残念!)


おもてなしいただきましたご家族の方も本当にありがとうございました!

平坂先生、また必ず会いましょう!お時間いただきましてありがとうございました!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?