2020/04/17 17:47

応援、本当にありがとうございます。

また重ねてお待たせしております事、お詫び申し上げます。

前回の活動レポートにてサンプルが完成したとご報告させていただきました。
今回写真を掲載しますので是非ご覧ください。


スケジュール3.の再サンプル輸送に取り掛かっていると報告させていただきましたが、
サンプル機において製造元から微調整が必要な箇所があったとの報告があり、
輸送手配を平行しつつ、再度発送可能な段階まで進みました。

状況として一旦後退になってしまいました事、誠に申し訳ございません。

その為、24日到着という目標の元最短で届く輸送ルートを模索・奔走しております。

それでも船便での輸送が現状最も可能性として高いですが、
日本側でも何とかエアー便での発送可能なルートは無いかなど、
関係各所に都度確認し中国側と情報を共有して連携を図っているところです。



上記踏まえまして現在のスケジュールとなります。

1. 部品再調達期間:3/2~3/31(完了)
2. 再サンプル作成:4/1~4/9(完了)
3. 再サンプル品輸送:4/10~4/24(現在)
→遅延リスクは物流面によるウェイトを占めるといった見解でしたが、
今回製造面でも遅延リスクが起きました点については製造元にも徹底を申し付ける所存です。


------------------以下が予定しているスケジュールになります。------------------

4. 再サンプル検品、再テスト(日本側):4/24~4/27
→日本での検品、テストの期間です。非常にタイトですが、3日間でテストを実施予定です。
5. 初期注文、生産:4/28~5/20
→量産に向けてのテストとなります。サンプルの製造のみではわからなかった量産時の課題を抽出、解決してまいります。
6. 初期注文品輸送:5/20~6/3
→量産テストモデルの輸送期間となります。
7. 初期注文品検品、テスト(日本側):6/3~6/6
→量産テストモデルの日本側でのテスト期間です。
8. 量産期間:6/7~7/7
→7番での日本側での検品、テストを経て量産予定です。
9. 第三者検品:7/7~7/9
→第三者の検品業者による検品を実施して品質管理を徹底予定です。
10. 中国工場出荷準備(積込):7/10,11
→製造完了後、生産工場にてコンテナへ積み込みます。
11. 輸送期間:7/11~7/25
→コンテナ船にて日本へ輸送します。昨今の慢性的なトレーラードライバー不足などもあり、長めに期間をとっております。
12. 日本納品:7月第5週
→弊社倉庫へ入庫予定
13. 検品、出荷作業:8月第1,2週
→最終製品の検品を実施し、出荷予定です。


上記の予定スケジュールについては現状、先週までの内容のままとなっておりますが、
情報が入り次第、最新のステータスをご報告させていただきます。

今回、サンプル完成から発送まで足踏みをする様な状況になりましたが、
日本基準で安全に走行出来る徹底したプロダクトへの執念によるものです。

勿論、日程はタイトですが日本側に着いた段階でもテストに妥協は一切無く行って参ります。


今後も様々な影響で大きな変更がある可能性ございますが、何卒よろしくお願いいたします。

代表
渡邊

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?