2020/01/27 12:53

 撮影前の映画で、詳細なあらすじを公開するなんて普通はありえないのですが、そこは、ネタバレ部分以外の情報はバンバン出しながら進む神威組。それで、皆様に少しでも興味を持っていただけるならばと、初公開致します。

【SideA】

 ある人里離れた村。迷い込んだのは、記憶喪失の殺し屋・諸星(工藤俊作)。村の番人マカロニ(栩野幸知)に車の修理代をぼったくられながら、声をかけてきた美系の人妻・サトミ(平塚千瑛)に連れられ行った先は、リーダー・安藤(坂本三成)が仕切る悪党派遣組織「ワルモノプロダクション」の事務所だった。持ち物から、諸星がプロダクションに登録済の殺し屋だと知った安藤は、諸星を迎えいれ仲間たちに紹介する。偽造屋のニック(川島芽生)、風来坊のジーパン(加賀谷崇文)、家出娘モニカ(可知杏奈)らに混じり、出稼ぎ中の娼婦、ジュン(中川ミコ)とエリカ(緒方夏生)がいる。一方、数日前には、警部(伴大介)が部下を呼び出し、ある密談を…。その時、運命の歯車はすでにイタズラ心満載で廻り始めていた。

【SideB】

 街角で目を覚ましたレイコ(萩原佐代子)は、事情が掴めないまま男たちに追われていた。ここ半日の出来事を覚えていないのだ。旧知の竜崎(萩田博之)に連れられ一旦はある部屋に身を隠すレイコだったが、ポケットの中にあったメモと電話番号が気になり、女探偵・真奈美(香月あや)に会いに行く。しかしレイコはその場で刑事・岸本(蜂谷英昭)と沙也加(環みほ)に逮捕され、ある場所に監禁されてしまう。レイコの過去の傷を知っている竜崎は、ある真実をひた隠しにしながら、元・精神科医のバー経営者・平尾(筒井巧)や探偵(神威杏次)の力を借りながら彼女を救おうとする。探偵は、手がかりを掴むべく、レイコの兄・ユウジ(望月祐多)に会いに行く。その頃、竜崎はレイコが無意識に書いた地図を頼りに、事件の鍵を握る路地裏のバーに来ていたが、そこで会ったのは、意外にも幼なじみの譲二(小林一三)だった。譲二は竜崎に「逃げろ」と促すが、竜崎の背後にはすでに組織のヒットマンの刃先が忍び寄っていた。

sideAとsideB、まったくテイストの異なる二つの物語が織り成す「焦げた匂いと苦い味」

『スモーキー・アンド・ビター』

2020春、クランクインを目指します。引き続き、よろしくお願い致します。

※望月さんのゆうの字は正しくは示すに右



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?