2020/03/05 12:08

皆さまのご支援やご協力もあり、目標金額の100%は超え、ご支援いただいている人数も210人を超えました。本当に、日々感謝をしております。

この時期に宿を進めていると、色々と不安になることも多いですが、必ず春は来ると思いますので、信念を持って、宿完成のために諸々と準備を進めています。


さて、今回は宿のキーワードでもある「写真」の話です。

「アングル」は、元々カメラ屋さんだったビルをリノベーションしてつくる宿。 その名の通り、宿の街を捉える「視点」が、ホテルに来る人や、地域の人たちへの街を楽しむきっかけになればいいなと考えています。

その視点の切り口の一つが「写真」です。

僕自身写真というのは、撮る人の個性や視点、世界の捉え方がすごく現れるもので、同じ街でも、違った見え方や気づきが得られるものだと思っていて、それが宿にとても合うものなのだなと。

また、それは僕個人だけではなく、フォトグラファーさんのお力もお借りできたら、地域の方の岡崎の捉え方も新鮮なものになるし、ホテルに来てくれた人にも良いきっかけができると思っています。

今回宿の宣材写真をお願いしたフォトグラファーは、「小財美香子」さん。

デザイナーの浦川くんが紹介してくれたことがきっかけ。写真を一目見て、ファンになり、お願いしました。

浦川くんと共に岡崎に来て、一緒にいろいろな場所をまわり、素敵な写真をたくさん撮ってくれました。

本クラウドファンディングのリターンさせていただいている、ポストカード、フォトTシャツ、フォトブックの写真は全て彼女のアングルで撮影した岡崎の写真。

改めて、小財さんに撮っていただいた多くの写真を見ていて、写真のすごさや可能性を感じています。

日々通り過ぎている場所が、アングルを変えることで、違った景色に見え、日常が少し非日常に感じられる。でもそれは日常でもあり、そこには暮らしが根付いている。

そんなことを感じさせてくれる装置であり、宿もその装置になっていきたいと強く思っています。


クラウドファンディングは残り5日間ですが、準備を進めていると色々と問題は多く発生し、何かを立ち上げるとは、一つ一つクリアしていくしかないのだなと実感しています。

まだまだ皆さまのお力が必要です。

引き続き、ぜひご協力・ご支援をよろしくお願い致します。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?