2020/06/16 22:40

こんにちは。大学生スタッフの伊勢です。
たくさんのご支援ありがとうございます!

今日はこの古民家で挑戦したいことの1つ、子ども食堂について話したいと思います。

共働きや母子家庭も増えたこと、近所付き合いが減ったことなどで子どもの孤食、子どもそして親の心の貧困が周りの人に見えない形で広がっています。

子どもから大人まで多くの世代の人が、学校でもない、家でもないこの場所で、のびのび遊べること、一度足を止めて一休みできるできること、みんなで食を囲めること…このような人と人が接する、ちょっとだけでも疲れた気持ちを前に向かう気持ちにかえられることのできる空間づくりができることが私たちの夢です。

私たちの力でどこまでできるか未知数です。不安も沢山あります。しかし、子どもと大人の中間である中高大学生だからこそできることもきっとあると思って準備を進めています。


この古民家を安心して利用できる空間にするためにも、ご支援していただけると嬉しいです。

よろしくお願いします!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?