2020/06/05 22:44


はじめてのオリジナルドリップは両替町店の3周年ノベルティ。


。。。。。


数ヶ月に1件程度だったドリップ製作受付。

ありがたいことに、今では毎月受注を頂けるようになりました。


オリジナルドリップバッグ製作の始まりは、何気ないコラージュから。


今から8年程前

私が、hug coffee 入社以前のお話。


web、デザイン系の講師として働いていた、校舎近くにhug coffeeはありました。


最初は生徒さんに連れられて。


コーヒーを飲む習慣のなかった私は

1杯のコーヒーにこれほど情熱を注ぐ人達がいるのだなと、衝撃を受け、それからほぼ毎日通うようになりました。


・・・

毎年、影響を受けた人、モノを題材にコラージュしたものを年賀状のデザインにしていました。

もちろん、その年はhug coffee。

スタッフ全員の写真をトレースしコラージュしたもの。



それから、2ヶ月後に両替町店の3周年。

そのデザインはノベルティドリップの表紙になっていました。

代表の古閑から『あのデザイン使わせてもらえないかな?』とお願いされた時、たまらなく嬉しかった事を今でも覚えています。


それから良いご縁をいただき、hug coffeeへ入社。



今まで外注だった販売用ドリップを、自社製作に移行。

5個セットの『ドデカドリップ』やバレンタインドリップ、静岡お土産ドリップを経て

オーナー友人のブライダル用ドリップを作成。

『世界にひとつだけのオリジナルドリップバッグ作成』の幕開けとなりました。




ブライダル用サンクスギフト。

数ヶ月に1件程度だった注文は御好評頂き、母の日の記念、友達の誕生日サプライズまで広がり、今では毎月注文問い合わせを受けられるようになりました。


"デザインはよくわからないからお任せします"

と言う方もいらっしゃいます。

お客様の好みや希望をヒアリングし、提案をする。


そして、

お客様の希望を叶える事、

お客様の期待を超える事、


そういった想いも込めて、一人一人直接やりとりをさせて頂いてます。


今回のクラウドファンディング。


リターン枠に入れて頂いた

『企業用オリジナルドリップ製作』も

お客様の要望と、お客様にとってプラスになるデザイン提案をさせて頂いております!


HUGCOFFEE

デザイナー

オペレーター

冨永 彰悟

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?