2021/01/24 18:08


令和2年9月24日 (木)
会場:曹洞宗 国見山 玉川寺
https://www.gyokusenji.or.jp/

「勧進キャラバン」第16回目の会場は、山形県鶴岡市にある「玉川寺(ぎょくせんじ)」で開催しました。副住職の齋藤一明(いちみょう)さんは、永平寺での修行仲間です。ちなみに曹洞宗では修行中の同期のことを「同安居(どうあんご)」と言うのですが、彼はまさに同安居です。

今回は同安居にも、たくさん助けてもらっています。年齢的にまだ住職ではない場合が多く、決定権がないので、なかなかイベント会場は提供できない場合も多いのですが、多くの同安居にクラウドファンディングで支援してもらっています。


祈祷寺


山形には「善寳寺(ぜんぽうじ)」という曹洞宗の有名なお寺があります。

今回の会場はそこから近いので、事前に連絡してお伺いすることにしました。一明さんとそこで待ち合わせて、善寳寺の方にお寺を案内してもらいます。水の神である龍王尊を祀るお寺で、ここの僧侶の方たちは、全国の龍神様があるお寺に出張に行かれるそうです。今回案内してくれた方も、昨日まで北海道に行かれていたそうです。

こちらは毎日「祈祷(きとう)」をするお寺でもあり、僕も「無事に大仏造立が達成できるよう」祈祷を行ってもらいました。以前のお寺でも行った、経本をバラバラとめくる「転読」という形をとります。こちらのお寺は修行道場で、修行をされている方が数名いらっしゃいます。凛とした振る舞いをみて、10年前の修行生活を改めて思い出しました。

そして、ここ善寳寺にはもう一つ有名なものが。年代によって知らない方もいるかと思いますが、あの「人面魚」がいるところでもあります。実は僕自身もこちらに来るまで、ここの池がその場所であることを知りませんでした。ちなみに人面魚とは、「鯉の模様が人の顔に見える」ということで一時期話題になった魚です。

龍王尊祈祷道場 善寳寺
http://ryuoson.jp/

庭園


人面魚を見たあと、今回のイベント会場である「玉川寺」に伺いました。

こちらのお寺は、美しい庭園があります。庭の他にも、見る景色全てが美しく、バイナルマンが素晴らしい写真をたくさん撮ってくれたので、今回の報告は画像が多めになっています。

イベントの準備後に、庭園が眺められる場所でお茶をいただきました。
改めて日本人が培ってきたセンスに驚かされます。きっと日本中に、このように美しいお寺がたくさんあるのです。やはり、お寺は宗教だから「美」とは関係ないというのは間違いです。西洋由来のアートも素晴らしいのですが、神社仏閣と共にある日本の美意識に感銘を受ける機会になりました。

モノクロ写真の遠くに見える鳥居は、実際は非常に大きく、それが立つ風景すべてが絵になります。


法要と対談


法要は4名で行いました。ご住職と副住職の一明さん、そしてお手伝いにきてくれた一明さんの弟と、僕です。善寳寺と同じ、「転読大般若」という祈祷を行わせていただきました。法要の初めに、「散華(さんげ)」という場を清める儀式を行います。以前に訪れた伊達市のお寺でも少し触れましたが、花びらの形をしたものを撒きます。畳の上にパラパラと見えるのがその「散華」です。写真では伝わらないのですが、この法要中は大きな太鼓がなっており、今回は弟さんが太鼓役をやってくれています。

こちらの会場には、他宗派の「伊藤竜信」さんというお坊さんが駆けつけてくれました。伊藤さんは前回のクラウドファンディングにも支援していただいているので、お会いできてよかったです。その伊藤さんも交えて、一明さん、前田さんと4名で対談を行いました。その対談で伊藤さんが話してくれた「コレラ菩薩」のエピソードが印象に残っています。

明治時代、「コロリ」と呼ばれた「コレラ菌」が東北でも流行った時があり、米沢市に当時つくられた「虎列刺(コレラ)菩薩」というものがあるそうです。今と同じように「感染への恐怖から、お互いを警戒し遠ざける」出来事がたくさんあったことも記録に残っているそうです。東北のお寺では、このような疫病の歴史を聞くことが多くありました。関東より西に行くと、よく知られた歴史上の人物や、歴史の本にのっているような話が多かったのですが、東北ではあまり知られてはいないが地域に残る歴史を聞くことができました。そしてそこには、「感染症収束への祈り」や「犠牲者の慰霊」を大仏や仏像にこめた歴史が多数存在することがわかってきました。


対談後は、みんなで集合写真をとり、しばらくこのお寺の景色を満喫していました。

景色が綺麗だと、展示した作品も、いつもより美しく見える気がします。机の上にのっているのは前田さんの作品で、銭湯の鍵を組み合わせています。非常にユニークな作品なのですが、たぶん前田さんから直接聞くのが良いと思うので、説明はまた改めてということで。3つ並んでいるのは、水引という素材を用いた僕の作品です。

このお寺は庭を見に来る人が多いので、受付の方が1人いらっしゃいました。その女性は、僕の卒業した武蔵野美術大学の学生らしいのです。夏休みのバイトで山形にきたのですが、東京の感染者が増えているので、戻れない状況が続いているようです。昨日あった高校生も同じような理由で東北にいると話していましたが、そんな状況の人たちも実はたくさんいるであろうことを想像しました。


感染対策を十分にとった上で、夜はご住職と一緒に美味しいご飯をご馳走になりました。夜は夜で、僕にはするべきことがあります。これからまわるお寺さんと連絡をとったり、FacebookなどのSNSでイベントページを作ったり、発信を行ったり。このように昼間は運転やイベントを、夜はパソコンと向かい合う日々が続いていました。

こちらにいた猫はとってもやんちゃな子で、僕らが寝ている間もそこら中で暴れ回っていました。明日は秋田県に向かいます。

風間天心

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?