2020/07/05 20:45

昨日は土曜日なのでアニマルコミュニケーションの日。

北千住のカフェにてセッションしました。

どんなに介護しても悔いが残るのが飼い主さん。

愛された大切にされた事を誇りにを持って旅立つ動物。

アニマルコミュニケーションを希望する飼い主さんは

動物を大切にした方ばかり。

だからぽっかりと胸に穴があいてしまう。

その穴の大きさは動物に向けた愛情と同じ大きさ。

動物をアクセサリーとして扱った飼い主さんは

落ち込んだフリしか出来ず、

依存と愛情をはき違えた飼い主さんは次の依存先を探す。

今日お話ししてくれたワンちゃんは

愛情をたっぷりと注がれ、飼い主さんに愛情を注ぎ返していた。

だから、胸にあいた穴を愛し抜いた誇りにして欲しいと

お話しを聞いていて感じました。

愛情のお裾分けを頂けたセッションでした。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?