2020/06/23 14:33

みなさん、こんにちは!
「あなたを家でひとりにさせないカレー屋さん「with curry」をオープン!」の
活動報告記事をご覧いただきありがとうございます!

さて、クラウドファンディング終了まで残り1週間となりました!
弊社エフライフメンバー with みゆきライブ配信 & 熱い寄稿文企画をスタートします!
with curryは私だけでなく、メンバー全員が関わってつくり上げています。
私のことはずいぶん語らせてもらっていますが、チームエフライフのことを
みなさんにもっともっと知っていただきたい!
ということで、第1弾の今日はお昼12時より、エフライフの応援団長 加藤 志津佳と配信を行いました!
こちらからIGTVでご覧いただけます▶ @with_curry_  


そして、こちらが加藤が寄せてくれた熱い寄稿文でございます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
読んでくださっている皆様、はじめまして。
寝ても覚めても“吉川みゆきwith curry”な社員、加藤です。
我が社の命運がかかった"with curry"プロジェクトとプロジェクトリーダー吉川みゆきに、
私がかける熱意と決意について、お話しさせていただきます。

 

◎吉川と私のあらまし

吉川みゆきが福島LOVEになった経緯やカレーへの想いをお読みいただくと、吉川が、素直で感受性豊か、そして努力を決していとわない、柔らかくもしっかり芯の通った性格だとお分かりいただけると思います。

そんな吉川と私が出会ったのは、まだ、彼女が社員になる前です。

インターンとしてジョインした吉川とチームを組み、一緒に進めた事業がありました。
彼女は臆することなくポジティブに仕事に打ち込み、
関わってくださった方々から信頼を得ていきました。
もちろん仕事ですので大変さや困難もありました。
ですが彼女は、へこたれず、まずは自分で考え、笑顔で行動し、最後までやり切りました。

そして、社員になった今(社員になった経緯も募集ページに熱く書いてあります)、
吉川は、ひた向きに、汗を流し時には涙も流し、このプロジェクトを進めてきました。

彼女が、笑顔も汗も涙も等しく輝かせられるのは、
彼女が内面にもっている優しく澄んだ泉から輝きが溢れているからです。

 

◎それは仕事として、なのか?

そんな彼女に伴走し、達成へと押し上げたいと思うのは、
私が社員だから、だけではありません。
確かにこのプロジェクトには社運がかかっています。
社員として伴走するのは当然かもしれません。でも、どうでしょう。
そんな考えで寄り添ったら、それって、仕事だからという義務感になってしまうし、
周りにも、加藤は仕事だからやってるんでしょ、と、映ってしまうと思うんです。

では、実際はどうか。私は、仕事として、の前に、個人として吉川の成功を信じています。
彼女なら必ず達成すると信じ、伴走しています。
でなければ、こんな私の「大好きな吉川を応援して欲しい。力を貸して欲しい」
という訴えに答えて、快く応援ご支援してくださった方々は現れなかったと思います。

 

◎可能性を信じる

誰かが何かにチャレンジするのを横目で見て、「無理なんじゃない」、と言うことは簡単です。
ですが私は、人は誰しも可能性を持っていると信じています。

中学校の恩師から、卒業アルバムに以下の言葉が書かれていました。

『やってやれないわけがない。やらずにできるはずがない』

この言葉を贈ってくださった先生は、私の可能性を信じてくれていたんだと思っています。
だからこの言葉に思い入れがあるし、この言葉に何度も助けられ支えられてきました。

自分がこれだと信念をもってことを始める時、人は孤独になりがちです。
かつての私もそうでした。でも、この言葉が支えになり、自分を信じられた結果、
頑張れたことが沢山あります。

だから今度は私がこの言葉のように、吉川の達成を信じ支えになります。

そして、今、ここまで読んでくださった皆様には、
吉川の達成を信じ最後まで応援いただけると、私は信じています。

 

◎最後のお願い

吉川は必ず達成します!

皆様お一人お一人のお力で、どうか、カレーガール吉川みゆきとwith curryプロジェクトを、成功へと押し上げていただきますようお願い申し上げます。

 

こんな暑っ苦しい文章を最後まで読んでき、ありがとうございます。

心から感謝申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回は明日の夜20時より、エフライフ代表 小笠原隼人と配信します!
お楽しみに~~

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?