2018/02/27 16:52

 浜名湖発「ニホンウナギ資源回復プロジェクト」に多くの応援とご支援をいただき感謝いたします。

平成30年2月25日の日本養殖新聞に掲載いただきましたので転載してお伝えいたします。

 

昨年のウナギ放流量 前年比58%減の173.7kg

 浜松うなぎ販売組合や浜名湖養魚漁業協同組合などで組織される浜名湖発親うなぎ放流連絡会は14日、毎年遠州灘で親うなぎを放流する「浜名湖発親うなぎ放流事業」の活動実績を報告し、昨年の放流量が173.7kgで前年と比べて58%減少したことを明らかにした。
 昨年は11月と12月の合わせて二回実施したが、合計の親うなぎの放流量は173.7kgで、前年の2016年と比べて58%の減少だった。

 同連絡会の加茂仙一郎会長はその理由について、「うなぎの単価自体は前年と変わらないが、天然うなぎの全体の水揚げ量が少なかった。放流前の10月に台風が連続して襲来した影響ではないか」と話す。

 前年は終盤に買い上げ資金が不足したため、クラウドファンディングで資金を募ったところ、予想を上回るおよそ53万円が集まった。加茂会長は「さまざまな目ティアで取り上げられたことで多くの人たちが親うなぎ放流事業に関心を持ってくれたのは非常に嬉しい。これを機にさらに資源保護の輪を広げていきたい」と意気込みを語っている。

 

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?